マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ビットコイン専用EAのトレード戦略を徹底解説!BitcoinBuyAddEA

スポンサーリンク
あとで読む

ビットコイン専用EA

仮想通貨ビットコインの取引を始めてから4週間ほどが経ちました。
普通、ビットコインの取引というとビットコイン取引所やビットコイン販売所でビットコインを買っておいて、高値になったら売ってというのを指すと思いますが、私は一味違ってビットコインの先物取引を行っています。
ビットコインの先物取引については以前詳しく記事に書きましたので引用します。

普通にビットコインをビットコイン交換所やビットコイン取引所で売買しても所詮は現物取引。
ビットコインの下落局面では損失が出るばかりですし、取引手数料も高い。
レバレッジは効きませんから、今ビットコインを買うなら45万円出して1BTC買えるだけ。
今後もビットコインは人気を集めてさらに1BTC100万円くらいまで値上がりするかもしれませんが、所詮は2倍に増えるだけの話。
あまりオイシイ話ではありません。


で・す・が!
ビットコイン先物取引であればレバレッジが効きますからビットコインが2倍に上昇する局面であればレバレッジ2倍で利益は4倍に、レバレッジが6倍であれば利益は12倍に膨れ上がります!


どうですか?
ちょっと楽しくなってきませんか(笑)。


ビットコイン先物取引ならレバレッジ実質6倍の取引が出来る!あぶく銭なら先物ビットコイン取引もありかも(^^; - マネー報道 MoneyReport

ビットコイン先物取引は証拠金取引となるために、預け入れた投資資金の数倍まで取引する事ができます。
レバレッジを利かせる事ができるので、資金効率が非常に良いです。
まぁ、ハイリスク・ハイリターンになるので、資金管理やトレードには注意が必要ですけどね。
漫然と取引したのでは、あっという間に資金が底をつきロスカットで資金が吹き飛んだりする事もあります(^-^;

大切なのは、きちんとビットコインの値動きにあった投資戦略に沿ってトレードする事です。
感情のままに

「あ、ビットコインが高くなってきた追随して買いだ!」

と高値掴みしたりすると、ビットコインは下げる時も早いので損失の拡大も大きいです。
感情を排除して、冷静に分析してトレードする事が必要です。
でもそんなの忙しい現代人には難しいのではないかと思います。

そこで登場したのがビットコイン専用EA「BitcoinBuyAddEA」です。
これはFXの自動売買プログラムを日頃開発している私が、ビットコイン相場向けに開発した自動売買プログラムになります。

下図は実際のそのビットコイン専用EAでトレードしている運用途中の内容です。(ポジション数、金額等は記事執筆時点のもの)
f:id:MoneyReport:20171006094841p:plain

9月13日にEAを稼働開始しました。
30万円の投資資金で現在463,002円になっています。
4週間ほどで1.54倍に増えています。
まぁまだポジションが確定していなくて含み益が16万円という状態だというだけですが。

もう少し上昇すると、ポジションを決済して確定益となります。

で、このビットコイン専用EAの自動売買プログラムを使用すると、文字通り自動で売買してくれるので普段、やることはありません。
ほったらかしで良いのです(^-^)v
ビットコインの下落局面で勝手に買ってくれて、上昇局面で勝手に決済してくれます。

忙しい人にピッタリのビットコイン運用方法ではないでしょうか。
本日は、このビットコイン専用EAである「BitcoinBuyAddEA」のトレード戦略について徹底検証してみたいと思います(^-^)/

f:id:MoneyReport:20171006093027j:plain

ビットコインの値動きについて

まずは、ビットコインの値動きについて知っておく必要があります。
仮想通貨ビットコインの値動きはこれまでのどんな通貨や、金や原油などの商品価格との値動きとも違う特徴を持っています。

下図チャートはビットコインのUSD(米ドル)換算の日足チャートになります。
f:id:MoneyReport:20171006095943p:plain

左端のスタート時点が今年の1月3日。
右端が現在の10月6日。

どうですか、物凄い勢いで右肩上がりに上昇しているのが見て取れると思います。
流れとしては基本は右肩上がりで、時々急落している印象です。

ビットコインは今年の1月時点では1ビットコイン(1BTCと表記します)の価格は10万円(およそ1,000ドル)でしたが、8月には1BTCが50万円を超えて、9月1日には過去最高値の56万円をつけました!
その後、下落局面となり9月中に1BTCが30万円まで下落しましたが、現在復調し戻してきている状態です。

このようにビットコイン価格の値動きは「基本は右肩上がりで、時々急落」しています。
右肩上がりに上昇していく値動きのチャートで利益を出すのには当然、安く買って高く売るのが基本戦略になります。
では、どこで買ったら良いでしょうかね?

チャートを拡大して見てみましょう。
下図は2017年2~4月の日足チャートです。
f:id:MoneyReport:20171006101012p:plain

どこで買って、どこで決済(売る)すれば利益が出そうでしょうか?
考えてみて下さい。

・・・

答えはこんな感じです。
f:id:MoneyReport:20171006101410p:plain
青丸の下落した所で買って赤丸の上昇した部分で決済(売る)すれば利益が出ます。
半分より右側の青丸はまだ決済局面が来ていないので、右上に赤丸を描いちゃいました。

株式相場とかでもそうですが、皆がパニックになって投げ売りしている時に買うのが大事です。
これって後から見て「この下落した所で買えばいいじゃん」ていうのは簡単な話で、でも実際にその相場局面にいると怖くてしょうがない状況なんです。

上記チャートの中央部分をさらに拡大して見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20171006102207p:plain

チャートでは未来は見えないため、右側がない状態になります。
この1日でこの2週間くらいの値動きを、1日で上げたり下げたりする局面です。
相当な混乱もあり、ビットコインの良いニュースと悪いニュースが流れた日でしょう。

こんな混乱時にはまともな神経の人なら

「マズイ、ビットコインは今後ダメだ売ってしまおう(>_<)」

と持っていたビットコインを決済して利益確定してしまうような場面です。
大勢の人がそう思い、ビットコインを投げ売りする。
そんな投げ売りの中で買うんです。
これはですねぇ、投資をやった事がある人なら分かりますけど怖いんですよ(-_-;

「もうダメだ!でもきっとこの後上がる、買わなきゃ!」

って、勇気を持たないと買えない場面です。
しかもこの値動きが仕事している昼間とかに起きちゃうと、売買も出来ず逃してしまいます。

裁量トレード(手動トレード)でこれをやろうとすると勇気も必要だし、時間も自分のトレードできる時間にこの値動きがこないと買えないしで、結構大変な事が分かると思います。

トレード戦略徹底解説

このようなビットコインの値動きを見て頂いた上で、私の作ったビットコイン専用EA「BitcoinBuyAddEA」のトレード戦略を解説させて頂きたいと思います。

基本は、先ほどのチャートで述べさせてもらったとおり
安く買って高く売る
のが基本戦略です。
高い時に買ってはいけません。
安く買う必要があります。

じゃあ、ビットコインの価格が安い時というのはどう判断するのか?
それは1日の下落が大きい時安い時です。

先ほどのチャートをもう一度貼りますが、チャートで言うと白いロウソク足が下落しているロウソク足になります。
f:id:MoneyReport:20171006103243p:plain
そしてこの白いロウソク足が長い物が値下がりが大きかったものになります。
「値下がりが大きい」という事は「それまで高かった価格が大きく下落した」事を示しますので、イコール『安い』となります。

色々とビットコインのチャートを時間軸を変えて、1時間足や4時間足とかでも検証しましたが、そうした短時間の下落では大きな流れとはならずに終結する事も多く、トレードには不向きでした。
ビットコインは割とニュースで動く事が多く、多くのトレーダーが耳にし価格に反映するのに丸一日掛かっていたりします。
なので、日足ベースで下落が大きい時に買って(仕込んで)、普通に右肩上がりに推移していった時に、割合を決めておいて「何%上昇したら決済する」というルールで売る(決済する)事で利益をあげることができます。

ただこれを1ポジションで行うと、もったいない事が分かります。
下記チャートでは下落局面の中で、1日で大きく下げた日(安くなった日)が7回ほどあります。
f:id:MoneyReport:20171006105014p:plain
この青丸の内、最初の青丸でしかポジションを持っていなければ、かなり上昇しないと利益が出ません。
でも7回ポジションを持って良い事にしておけば、この青丸全部でポジションを持ってくれて、上昇局面でそれぞれ利益が出せます。
ビットコイン専用EAではこの様に下落局面で複数回に分けてポジションを持つ事で、価格を分散してより安く買って利益を狙います。

なので改めてバックテスト結果を貼り付けて見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20171006104753p:plain

ちょっと全体で見ると分かりにくいですね(^^;
先ほどまでの期間と同じ2~4月の部分を拡大します。
f:id:MoneyReport:20171006104652p:plain

右向きの青矢印が買った位置で、左向きの青矢印が売った位置(決済した位置)です。
先程示した、青丸の大きく下落した日の7回とも買っている事が分かると思います。

まとめ

ビットコインの値動きの特徴と、その値動きに合わせて自動売買するビットコイン専用EAのトレード戦略について見てきました。

まとめてみるとビットコインの値動きは・・・
基本右肩上がりで時々急落する
値動きをします。

なのでこの値動きの特徴に合わせて利益を出すためには・・・
安く買って高く売る
のが基本戦略になります。

その戦略にのってビットコイン専用EAのトレード戦略は下記の様になっています。

  • 1日で大きく下落した時に買い、一定の割合上昇した時点で売る(決済する)
  • 投資資金を分散し、複数のポジションを持つ事で割安に買う

これを全自動で行ってくれるので、ビットコイン相場で勝てることに繋がります。

ビットコイン専用EAは無料で配布させて頂いていますので、興味のある方は下記記事よりお申し込み下さい。

AX