マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

スワップポイント(スワップ金利)をニュージーランドドルで貯めて貯金生活♪

スポンサーリンク
あとで読む

ハイリスクハイリターン

昨日は2014年8月の私のFX(外国為替証拠金取引)運用記録を報告させてもらいました。
無事に8月も前半4日間で20%増加を達成し、今月の残りはサマーバケーション入りとなります(FXトレーダーとしてというだけで、自分の仕事は普通にあります(^^;)。

私のトレード方法は正にハイリスク・ハイリターン
レバレッジを25倍かけて、ほぼ全力トレードをするので1取引で20%増加を得たりしていますが、裏を返せば損をする時には一辺に投資資金の10%や20%を失う様な極端なトレードをしています。
なので、私のトレード方法はとてもじゃないですが、初心者の方には勧められるようなトレード方法ではありません。

FXトレード記録「ユーロ/円の売り仕掛け成功!イラク空爆情報は活かせず(>_<)」 - マネー報道 MoneyReport
これぞ正にハイリスク・ハイリターンの見本(^^;
うまく利益確定出来ているので20%増加ですが、読みと反対に値が動けば20%損失が出ます(>_<)

「FXってやっぱり怖い投資なんだ。1年後には8割の人が破産するって書いてたし」

と思われるかもしれません。
でもそれはFXのトレード方法によって幾らでも調節が利くんです。
FXはハイリスク・ハイリターンなトレードも出来ますし、ローリスク・ミドルリターンな運用も出来たりする優れた投資商品です。
今日はそんなローリスク・ミドルリターンの話をば。

http://www.flickr.com/photos/76657755@N04/7027604401
photo by Tax Credits

ローリスクミドルリターン

ローリスク・ローリターンの投資の代表格ってなんだか知っていますか?

そう、あなたのご想像どおり

定期預金

です。
定期預金の1年ものの金利は2014/08/12現在、0.025%。(三大メガバンク:三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)
100万円を1年間預けても250円しか利息が付きません。
100万円運用して250円て、どんだけリターンが少ないんですか(^^;
1億円預けたって25,000円しか利息が付かない事を考えると、笑っちゃいますね。
でもまぁ、普通に考えるとこれが皆さんが普通にされている投資でしょうか。
投資と言うよりも貯金ですか。

ローリスクなかわりに極端なローリターンです。
これじゃあ幾ら貯金した所でお金が増えないのも頷けます。
もう少し投資商品の勉強をした方が良いですね。

そこで投資初心者の方に、今日ご紹介するのはFXのレバレッジ1倍運用により外貨預金並の高金利をもらおうという話です。
リスクは低めで、リターンは年利3%を越えます。

日本では長らく低金利の時代を過ごしています。
一時期はゼロ金利政策により金利0%、現在は0.10%と若干上げましたがそれでも異常な低金利です。今後もしばらくは低金利が続きます。
そんな中で海外の国々に目を向けると、高金利を掲げる国がある事が分かります。
以下の図は海外の主要国の金利です。

【主要国金利一覧】2014/08/12現在

現在の金利
日本 0.10%
アメリカ 0.25%
欧州 0.15%
英国 0.50%
スイス 0.00%
カナダ 1.00%
オーストラリア 2.50%
ニュージーランド 3.50%

見て頂くと分かりますが、ニュージーランドが3.50%と一番高く、オーストラリアが2.50%と次いで高い結果となっています。
どちらも南半球に位置する資源国家です。
国の政策として金利を高めにして世界からお金が集まるようにしています。

現在でも3.50%など高い金利を維持しており、更にさかのぼるとリーマンショック前は8.25%などという非常に高い金利を出していました。

この高金利通貨をFXで買うと、外貨預金でこの海外の高金利を得るのと同等の効果を得ることが出来ます。
それでいて外貨預金よりもグンと低い手数料で。

例えばFXでレバレッジ1倍でニュージーランドドルを買うと、この高金利の3.50%と日本の金利差分がスワップ金利としてもらう事が出来ます。

 NZドル3.50% - 日本0.10% = スワップ金利3.40%

日本との金利差の3.40%の金利分を簡単に得る事が出来ます。
100万円で3.4万円、1億円なら340万円ですか。
割とリターンが良くなったのではなないでしょうか?

スワップポイントを貯める

上記で示した国家間の金利差の事をスワップ金利と呼んだり、スワップポイントと呼んだりします。
外貨預金であれば、利息が付くのは半年に一回や1年に一回だけですが、FXのスワップポイントであれば毎日もらう事が出来ます*1

ニュージーランドドルであれば年利3.40%を365日で割った0.093%分が日々もらえる感じです。
1週間買って、1週間後に買い値と同じ金額で決済(売る事)ができればこの金利差であるスワップポイントだけをもらう事が出来ます。

FXの1倍レバレッジでの詳しい運用方法は過去記事に譲りますが、スワップポイントをもらう事で日本にいながらにして、海外の高金利通貨の恩恵を享受する事が出来るという訳です。

FX1倍レバレッジで気軽に外貨預金♪ - マネー報道 MoneyReport
FXをレバレッジ1倍で使うと外貨預金よりも安い手数料で、運用出来ます(^^)v

もちろん、円高リスクはありますので下がる事もあり元本割れする場合もありますが、通貨は株券とは違ってその国が無くならない限りは、時間をかければ必ず買い値に戻してくるので大丈夫です。
以下の記事は私がニュージーランドドル(NZドル)を5年間保持した時のスワップ金利です。

1千NZドルで5年間スワップ金利を貯めてみた顛末。不人気FXの低リスク運用術 - マネー報道 MoneyReport
NZドルを1,000ドル分を5年保持して約1万円、年利で2.52%の運用が出来ました(^^)v

途中でリーマンショックもあり、大きく元本を下回りましたが数年という時間をかければほぼ必ず戻ってきますので大丈夫です。
しかもリーマンショック直後などのニュージーランドドルが下がっている時に買っていれば、さらに通貨の価値が上がってきた時にはスワップ金利以上の収益が得られるのも魅力の1つです。

「お金の運用は定期預金だけ」という方は、もう少し投資の勉強もされてスワップ金利での外貨の運用等も検討されてみてはいかがでしょうか?

DVD はやぶさ流 FXスワップ金利運用術~複数通貨によるリスク分散~ (<DVD>)

DVD はやぶさ流 FXスワップ金利運用術~複数通貨によるリスク分散~ ()

追記

この記事ではスワップポイントを貯める事を狙った運用方法を紹介させて頂きましたが、ご批判も沢山頂戴しました。
その理由を説明させて頂くための記事を起こしましたので、スワップポイントの暗黒歴史をご存知ない方は、こちらも併せてご一読ください。

スワップポイント黒歴史。サブプライムローン危機にリーマンショック。スワップ金利勧める奴は叩かれる! - マネー報道 MoneyReport

*1:実際には土日分をまとめて週末平日にもらったする事もある

AX