マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

60分36円の電話機能を家族間でシェアする方法!CheapVoipの便利機能紹介

スポンサーリンク
あとで読む

破格の電話サービス

ここ数日、続けて海外IP電話サービスCheapVoipの紹介をさせてもらっています。
日本では馴染みのない電話サービスで、しかも利用は英語の登録や英語のアプリを使いこなさなければいけなかったりと、ハードルが高めだったので1つ1つの記事を図解付きでわかりやすくと思って書いてたら、1記事ずつのボリュームが膨らんでしまい、なかなか説明が先に進みません(^^;

1時間あたり固定電話へ36円、携帯電話へ240円。海外IP電話サービスCheapVoipの破壊力
圧倒的な価格破壊力。海外IP電話サービスを使えばLINE電話よりも安く電話がかけられます(^-^)/今後はこれをメインに使います!

本日からようやく、応用的な使い方の紹介です。
この使い方をすると家族皆の電話料金が安くなって家計も大助かりだったり、会社の営業部隊が使えば通話料金の経費を一気に下げる事が出来ますよ(^^)v
でわでわご紹介♪

CheapVoipの応用的な使い方「複数人シェア」

CheapVoipで1つのアカウントを登録すると、最大で5個の電話番号まで登録する事が出来ます。
チャージした電話料金を、登録した電話番号間で分け合って使うことが出来るんです。

私の初回の説明では$10分(10USドル)をまずはチャージしたのですが、この10ドル分を皆でシェアして電話を掛ける事が出来るという訳です。

例えば、自分のスマホ、妻のスマホ、両親のスマホ、子供のスマホの5個の電話番号を登録して、各自がCheapVoipで電話を掛ければ、家族全員が格安で電話を掛ける事ができ、しかも1人1人がCheapVoipと契約するなんて事をしなくて済むわけです。
パパさんが代表して1アカウント取れば、家族5人が固定電話へ1分0.6円、携帯電話へ1分4.0円で電話を掛けられる環境が作れる訳です。
1人ずつアカウント登録して、個人情報登録して、支払いのクレジットカードやPayPalの登録をしてとかの手続きを家族全員分するのって非常に面倒くさいじゃないですか。

「手続きが面倒だから自分の分だけ登録するかー」

とかって諦めてしまう場面て生活の中で色々とあると思うのですが、海外IP電話サービスのCheapVoipなら、1アカウントの登録手続きだけで家族5人までがいっぺんに使えるようになり、チャージ料金も家族5人で分け合えるので非常に効率的です。

なんてったって、10ドルで固定電話へなら2,000分(33時間20分)、携帯電話へなら285分(4時間45分)も電話を掛けられるので、ちょっとやそっとでは全然減りません(^^;
特に固定電話へは驚異的な時間を掛けられますね~♪
33時間て、1日以上繋ぎっぱなしで喋ってても10ドルも使いきれないという(笑)。

また、上記は家族で利用する事を想定して紹介しましたが、法人の方が利用しても面白いと思います。
会社の仕事でスマホから営業の電話を掛けなければいけない人って多いと思うのですが、その通話料金てバカにならない金額だと思うんですよ。
電話するのが仕事ですから、バンバン電話掛けるじゃないですか。
例えば、営業部隊が5人いて1人あたり毎月10時間とかスマホで電話しているとすると

【営業部5人が大手キャリアの電話で月に10時間電話した場合の料金】
通話時間 : 10時間 = 600分
通話料金 : 600分 × 42円 = 25,200円
料金総額 : 25,200円 × 5人 = 126,000円

と、なって月に12万6千円掛かります。
実際にはもっと安くなる料金体系を使うでしょうからもう少し安くなるかもしれないですが、まぁこの位は掛かるとしましょう。

それがCheapVoipを利用するとどうなるか?

【営業部5人がCheapVoipの電話で固定電話に月に10時間電話した場合の料金】
通話時間 : 10時間 = 600分
通話料金 : 600分 × 0.6円 = 360円
料金総額 : 360円 × 5人 = 1,800円


【営業部5人がCheapVoipの電話で携帯電話に月に10時間電話した場合の料金】
通話時間 : 10時間 = 600分
通話料金 : 600分 × 4円 = 2,400円
料金総額 : 2,400円 × 5人 = 12,000円

と弾き出される訳です。
携帯電話に掛ける営業が多いならば、5人で月額12,000円。ほぼ1/10
固定電話に掛ける営業が多い人ならば、5人いても月額1,800円で、98%引きという驚異的な節約になります!
これは会社も結構助かるんじゃないですかね~。

いや、電話をかけまくる会社の方が節約効果が高そうですね~(^^)v

複数人でシェアーする時の電話番号の追加方法

まずはCheapVoipログインページでログインします。

CheapVoip | Unlimited Free Calls Worldwide
CheapVoipログインページ。

Settingsの中のPhone numbersの画面で電話番号の追加を行います。

f:id:MoneyReport:20140523000318p:plain

Countryは「Japan」のままで、Prefixも国番号なので「+81」のままで変更しないでOKです。
Numberにスマホの電話番号から先頭0を除外した残りの電話番号を入力し、Typeには「Mobile」を選択します。
上の画像の例では「090-1234-5678」の電話番号の場合には、先頭のゼロを除外するので「9012345678」と入力してからVerify nowをクリックすると、電話番号の認証手続き画面が表示されます。
登録した電話番号宛にSMS(ショートメッセージ)を送ってもらいます。

f:id:MoneyReport:20140521021549p:plain

Verify by text message (SMS)ボタンを押すと、先ほど登録したスマホにSMSが届きますので、そこに記された4桁の番号を下記画面に入力して認証登録します。
もし、SMSを受け取れない電話番号を登録していた場合は右側のVerify by phone callボタンを押すと登録した電話番号に電話が掛かってくるので出てください。
外人のお姉さんが英語で4文字の数字の喋ってくれるので、下記画面に入力し認証します。

f:id:MoneyReport:20140521021909p:plain 

4桁の数字を入力したら右上のNextボタンをクリックします。
認証に成功すると下記の様な画面が現れます。

f:id:MoneyReport:20140521022132p:plain

「+81」の右側に自分の電話番号の先頭0を除いた番号が表示されていれば成功です(^^)v

追加した電話番号の認証が成功すると、下の様な画面になります。

f:id:MoneyReport:20140523000942p:plain

電話番号が1件から2件に増えたのが分かると思います。
この様に、1つのCheapVoip契約で1アカウントあたり5個の電話番号まで登録する事が出来ます。

後は、登録した電話番号のそれぞれのスマホにMobileVOIPのアプリをインストールして、各自のスマホの電話番号で発信者番号通知登録をしてしまえばOKです。

MobileVOIP

MobileVOIP

  • Finarea SA
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料
海外IP電話サービス「CheapVoip用モバイルアプリ」。iOS版。


MobileVOIP Cheap Voip Calls - Google Play の Android アプリ
海外IP電話サービス「CheapVoip用モバイルアプリ」。Android版。

AX