マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

最速のリモートデスクトップ!?「AnyDesk」の使い勝手はいかに?

スポンサーリンク
あとで読む

やってしまった

今日はやってしまいました(>_<)
書き掛けの文章をブログ書き愛機「ポメラDM100」に入れてお出掛けでしたのですが、久々に外でブログを書く準備をしたからミスをしたみたいで、書き掛けの文章が保存されていませんでした(TOT)

テキストファイル自体は名前付きで「20160125-AnyDesk.txt」ときちんと保存されていたのですが、はてなブログの方で書き掛けた文章をテキストファイルの中身に貼り忘れるという失態を犯してしまいました(;_;)
空の中身のテキストファイルをポメラDM100にコピーしただけとなってしまったようで・・・orz

と言うわけで本日は、頭の中にあるお話を書くだけとなります(^o^;

リモートデスクトップ

普段、開発作業を行う時に自宅のデスクトップPCに外出先のMacBookAirからリモートデスクトップで刺さって開発をしています。
リモートデスクトップツールは「TeamViewer」を使用しています。
で、昨日はTeamViewerのIME切り替えの悪さを「Google日本語入力」を使って、IMEのON・OFFを切り替えるキーの組み合わせを変える事で解決しました(^-^)v

これで書き物をしたりコードを書くときのIME切り替えの煩わしさから解放されました!

で、もう一点解決したい点が・・・

キー入力後の応答速度の遅延が気になる!

という点です。
TeamViewerの応答速度は普通に使う分には及第点で、キーを押してから1秒も待たされません。
応答速度は0.5秒くらいでしょうかね?

普段は全然気にならないレベルなのですが、Webサイトの開発でコード書きをしているとコレが気になってきます(-_-;

「パン、パン、パン」とキーを打って、すぐに次のコード書きに取りかかりたい時に「うっ」と待たされるんです。
一回なら良いのですが、キーを打ってどんどんコードを書きまくっているとその1回が2回、3回・・・10回と積み重なってくると

「あぁぁあああ!!!レスポンス悪いわぁ!!!」

と叫びたくなってくるというか(^o^;

自宅も間借りのオフィスも光回線なので回線速度は充分早いので、やはりTeamViewer自信の応答速度の遅延が原因かな、と(-_-;

なんとか解決する方法はないものでしょうか?

AnyDeskが早いらしい

と思って調べていたら

「リモートデスクトップツールはTeamViewrよりもAnyDeskが爆速!」

という様な記事を見かけました!(本当はここで元記事と引用文を紹介予定でした(;_;))

「AnyDesk?」

聞いたことのない名前のツールです。

AnyDesk - 窓の杜ライブラリ

解説を読むと、「描画エンジンに凝っていて、画面描画の応答速度の速さに特化したリモートデスクトップツール」との事。
おぉ!良いじゃないですか!

AnyDeskがイマイチな点としては

  • ファイル転送が出来ない(繋ぎ元と繋ぎ先の)
  • ログインIDが「7桁の数値」とパスワードの組み合わせとなってしまう
  • 通信が暗号化されているか不明(暗号化されているらしいですが・・・)
  • リモートログインは1対1しか許さない

という点です。
ただ私の使用条件で言うと「リモートログインは1対1しか許さない」のは逆に良い点ですし、ファイル転送もそんなに使いません。
ただ「通信が暗号化されていない」と致命傷ですし、「ログインIDが7桁の数値」なのは無理矢理何度もログインアタックされる様な攻撃をされた時に、数値だけだと弱いかな、と。

ウムム。

こう使えば良いかも!

と、ここまで考えて閃きました!

TeamViewerで繋いだ後にAnyDeskを起動して、AnyDeskで繋ぎ直せば速いリモートデスクトップとして安全に使えるのでは!

と。
AnyDeskを起動しっぱなしにするから危ない訳で、事前に起動しておくのを従来通りTeamViewerにしておいて、TeamViewerで自宅PCに入ってから自宅PC上でAnyDeskを立ち上げて、その後MacBookAir側でもAnyDeskを起動してすぐに繋いでしまえば誰もAnyDeskで入れなく出来ますから!

まぁ「通信の暗号化」が出来ていなければ危ないのは変わらないので、こここだけ調査が必要ですが、暗号化されているらしいのでたぶん大丈夫かな、と(^o^;

暗号化の有無を調べて暗号化されていれば、この方法を使ってAnyDeskで快適な応答速度のレスポンスで開発が出来るかも!!!

AX