読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

今さら聞けないTwitterの使い方【RT(リツイート)編】

今さら聞けないTwitterの使い方
スポンサーリンク
あとで読む

今さら感満載ですがTwitterを猛勉強中

Twitterを今まで放置して使っていて、大変失礼な事になっていた事に気付いて、現在Twitterを猛勉強中のMoneyReportです。
マネーに関する話題が出てこなくてスミマセン。

本日もTwitterの話題です。
今日勉強するのはRTことリツイートです。

これはですねぇ、勉強してみましたがイマイチ・・・。
まぁ学んだことを振り返ってみましょう。

RT(リツイート)ってなあに?

RTって皆さんわかりますか?
私はそんな機能はとんと知らなくて、たまにはてなブックマークでツイートのクリック数とは別に「RT」って書かれてて

「あ、RT(アールティー)された。でもRTって何なんだろうな~?」

とずっと思ってました。
でも気にせずスルーしてました(^^;

でも今回ばかりはスルーせずに挑戦です!
RTってなあに?

参考になったのは下のサイト。

リツイート(RT)とお気に入りについて | ツイッター(Twitte... - ツイナビ
RTこと、リツイートは誰かのつぶやきを、自分のフォロワーにも知らせたい時に使う機能。誰かのつぶやきをそのまま自分のタイムラインに持ってこれる。

ふむふむ。

RT(読み:リツイート)

意味:誰かのつぶやきをそのまま自分のタイムラインに持ってくる事。

なんですね~。
ん?これって何の意味があるんですか?
誰かの発言を引用したい時に使うんでしょうかね?

誰かが良いつぶやきをしていて「これは良い情報を聞いた、自分のフォロワーにも知らせたい!」と思った時にリツイートするんでしょうか。
相手の発言の一部だけを引用するなら、わざわざリツイートしなくて良いですもんね。
全文を引用する事に意味があるんでしょうか?

しかも見ていると、リツイートしたつぶやきは、自分のアイコンじゃなくて発言した人のアイコンのままになっていますね。
あ! そっか!

「この人がこんな良い事言ってたよ~」

とか

「この人、こんなヒドイ事を言っていた・・・」

とかって、「誰がこんな事を言っていたのか」も含めてお知らせしたい時に使うんですねリツイートって。

ブログの記事をはてブしてくれた人で、良いコメントをくれた人には「この人がこんな良い事言ってたよ~」とRTして、とんでもない炎上ネタ写真を見つけたら「この人、こんなヒドイ事を言っていた(やっていた)・・・」とRTする、と。

へぇぇ。
単なるつぶやきじゃなくて「それいいね!」とか「それダメでしょ!」レベルのつぶやきを見つけたら、リツイートする。
そんな使い方が正しいRT(リツイート)の用法でしょうかね。

公式RTと非公式RT?

リツイートにも種類があるんだとか・・・

Twitter初心者に捧ぐ!公式リツイートと非公式RTの違いとメリットとデメリットとは? | 和洋風KAI
公式RTと非公式RTの違いとメリット&デメリット。初心者なもので、いまいち使い分けの方法や良さがわからなかった・・・。もう少し勉強しよう。
ただ「非公式RTが続くとお祭りのようになって楽しい」というのは見た目にちょっとわかるかも。ブログの炎上騒ぎと一緒?

上のリンク先記事では、公式RTと非公式RTの差が載っていましたが、イマイチその使い分けがわかりませんでした。

認識としては下記で良いのでしょうか?

  • 公式RT : 相手のツイートをそのまま自分のタイムラインに持ってくる
  • 非公式RT : 相手のツイートに自分も言及した上で、自分のタイムラインに持ってくる

非公式RTの困った点

なんでも色々と言及できてしまう非公式RTは、その発言者本人の意図した事とは違う形で広まってしまい、デマや誤報になる事があるそうです。

ん?
そっか!
非公式RTもその元々発言した人のアイコンで表示されて、そこに書いてある文章が「その元々発言した人がこんな事を言った」と受け取られてしまい、困るんですね!
わかった、わかった♪

こんな感じですかね?

私のツイート例

MoneyReport
記事更新しました。今さら聞けないTwitterの使い方【RT(リツイート)編】

を誰かが非公式RTで色々言及して

非公式RT拡散後

MoneyReport
なんだこれ?クソ?ダメだよコイツ記事更新しました。今さら聞けないTwitterの使い方【RT(リツイート)編】

とかって、文意が変わってしまい当初のツイートが「記事更新通知」なだけだったのが、非公式RT後は「誰かが書いた記事を、私がボロクソに批判している」様に伝わってしまうんですね!

そっかー、だからわざわざ「私のツイートを非公式RTする時はこうやって使ってくれ!」とかって記事でわざわざ書いている人までいるんですね!

ようやく合点が行きました!
あー、すっきりした♪

でもしばらくは私は非公式RTまでは使いこなせないかも・・・。
まずは普通のRT(リツイート)から使って慣れていこうと思います。

まとめ

  • 今さらですがTwitterを猛勉強中
  • RT(リツイート)とは、誰かのツイートを自分のタイムラインに持ってきて、自分のフォロワーにも見せること
  • 公式RTと非公式RTがある
  • 非公式RTは発言元のツイートの意味からは別の内容になって伝わってしまう事がある