マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

本日2015/03/31、退職します。

スポンサーリンク
あとで読む

昨日は送別会

昨日は同僚の送別会がありました。
一緒にデスマーチを戦った「戦友」こと同僚が会社を去ることになり、送別会で飲みました。

同僚は転職し、同業他社へと移ります。

そして実は昨日の送別会はその同僚だけではなくて、私の送別会でもありました。
そう、本日2015/03/31(火)付けで私も退職します。

会社員時代振り返り

思い返せば社会の厳しさも知らずノホホンとした状態で現在の会社に入社し名刺交換や電話受付から1つずつ仕事を覚えて行く中で、少しずつ少しずつ仕事を身につけ成長してきました。
最初の頃は全然仕事が覚えられなくて、というか仕事をする体力が足りなくて、1日8時間の勤務でもヘロヘロになりながらで過ごしていました。

新入社員として入社して半年後くらいから残業もする様になり、気が付けば1年目に終電、徹夜は当たり前。
最長で2ヶ月間休みなしで仕事して、週の内半分以上は職場に泊まり込んで仕事をして過ごしました。
いやー、あれはきつかった(>_<)
途中5年生の先輩がある日突然仕事に来なくなり、職場を去っていったのは印象的でした(;_;)

「仕事って言うのは本気で厳しいんだな」

と思い知らされた社会人1年目でした。
その後結局7年間ほどデスマーチ主体の悲惨な案件を経験しながらも、少しずつスキルを上げ、管理の勉強もしていく中で徐々に炎上させずに仕事をしていく術を身につけていきました。
社会人10年目になる頃にはもう、きつめの案件であっても燃やさずにデスマーチにする事なく終わらせる事が出来る様になりました。

それからは毎年新たなテーマを決めつつ色々と挑戦しながら仕事に打ち込みました。

あ、そうそう今週のお題「卒業」。

お金の勉強

そんな私がなぜ退職するに至ったかを少し書き記したいと思います。

1つはこのブログのタイトルにもなっていますが「お金」について色々と勉強した事が挙げられます。
就職したての頃はお金や経済には全く興味がなく

「お金は仕事をして働いて稼ぐものだ」

とだけ思っていました。

「働いて得るお金こそが真っ当な尊いものだ」

という様な考え方をしていました。
ところが社会人5年目くらいの頃に、親戚の叔父に誘われて株式投資を始めました。
貯金の一部を株式投資に回し、年率20%位の収益が得られ、その収益で当時まだ高価だったデジタル一眼レフを購入しました。
あれは嬉しかったですね~(*^_^*)

それからは「投資は面白いなぁ」と思うようになり、それまで全く興味のなかった経済について勉強したり、日経新聞を隅から隅まで読んでみたり、マネー雑誌を貪るように読んだりしました。
そうして現在の資本主義経済や色々な世の中のお金の流れについて勉強してくると、考え方が変わってきました。

「働いて収入を得ることも大事だが、投資によってお金を得ることも出来るのだ」

という事を知り、そうやって投資によって動くお金の金額が実はとんでもない事になっている事を知りました。
株式投資では東証一部では一日に2兆円もの金額の売買がされています。
FX(外国為替証拠金取引)などの為替取引はさらにその上を行く金額が日々取り引きされています。
ともすると、何かを作って物を売ってという生産や物の売買で動くお金よりも投資などで動くお金の金額の方が大きくなってきています。

これは何を示しているかと言うと

「投資によって利益を得る術を身に付けないと、今後労働による収益だけに頼ると厳しくなる」

事を教えてくれています。
また実際にFXのセミナーに参加した時に、40代の男性2人が話ているのを見て

「あ、この2人の人は仕事はしていないな、投資だけで食べているのかな?」

と気付きました。
働き盛りの年代だというのに顔を見ると全くストレスフリーな顔をしていたのです。
社会に出てから仕事で会う人達が持つ「若干ストレスを抱えた苦労を伺える顔」はよく見かけますが、この2人からは仕事をしているとどうしても抱えるストレスを微塵も感じさせないのです。
というか間違いなく「仕事によるストレス」は全くない顔をしていました。
普通に2人は談笑しつつ投資の話をしているだけでしたが、私にはこの2人は別次元に住む人の様に見えて、ただただ驚いていました。

「投資によって食べていく」

というのを現実的な選択師の1つとして見せてくれた2人でした。

搾取される存在「サラリーマン」

これは色々な本を読んでいく中で学びましたが

「税金は金持ちから取っている」

とばかり思っていましたが、実際には

「税金は取りやすいサラリーマンから搾取している」

構造になっている事を知りました。
お金持ちは節税のためのテクニックを駆使して、きちんと合法的に税金を支払い過ぎないで済むように対策をしている事も学びました。
そうすると、税金を取られるがままに放置しているのがサラリーマンである、と。
そしてサラリーマンは節税対策も限られ、取られるがままに取られている状況だと。

そんな搾取されるがままのサラリーマンをしているのは、「何だかな~」という気持ちもありまして。
もちろん、これだけが理由ではないですが、遠因の1つではあります。

退職します

そんなこんなで本日3月31日で十数年間働いた会社を辞め、退職致します。

なんだかあれですね、退職エントリーってうまく書けないもんですね(^-^;
スラスラッと書けるかなと思いましたけど、普段の記事と違って全然書き進められないです。
意外な驚きです。

まぁここ数年ずっと考えてきて、ようやく色々なタイミングが合って退職となりました。
案件をやっている最中に辞めてしまうと、残りの人達にひどく迷惑が掛かるので、案件が一段落し次の案件までの少し息抜き期間が丁度3月にぶつかり、良いタイミングとなったのもあって今回決断しました。

長年勤めた会社を辞めて離れるのは寂しくもあり、苦楽を共にした同僚達と別れるのは辛くもありますが、どこかで踏ん切りをつけなくてはいけなかったので、今回は丁度良かったと思っています。
本日、定時まで勤めて退職します。

さあて、明日から何をしようかな。

AX