読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

格安スマホ徹底比較!イオン・BIGLOBE・ビックカメラの5機種を比較!

スポンサーリンク
あとで読む

格安スマホが人気出てます

昨日は格安スマホがいかにして月額維持費を下げてスマホを提供しているのか、ポイントを3つに絞ってご紹介させて頂きました。

格安スマホはどうしてあんなに安く出来るの?3つの秘訣 - マネー報道 MoneyReport
格安スマホが人気が出てきましたね~。月額1,980円で「電話・データ通信・本体代金」全部セットで出来ちゃうんですから、人気出ますよね。なぜ安くできるのか!?その辺を書いてみました!

家族4人でスマホを使っているとして計算してみると

 月額8,000円 × 4台 = 32,000円

と、なる訳でこれが格安スマホに乗り換えると

 月額1,980円 × 4台 = 7,920円
 
と、なっちゃうんですから家計における節約は

 32,000円 - 7,920円 = 24,080円

とかになるので、イオンで主婦層やファミリー層に向けて販売した格安スマホはヒットを飛ばしました。
毎月2万4千円も節約できるなら、家計を預かる主婦が飛びつかない訳はないですもんね(^^;

私もスマホの白ROMとMVNOを利用した方法で格安スマホの様な組み合わせで既に毎月5,000円の節約を実現しています。

携帯とスマホの2台持ちで毎月5,000円の節約♪~私の節約術~ - マネー報道 MoneyReport

ですが、これだとMVNOのSIMの申し込みと白ROM探しと言うよく分からない新しい事にチャレンジしないと節約を実現できないので、そこそこハードルが高いのが難点(^^;
そこを小売店側で全部セットにして提供してくれるというのが格安スマホがヒットした秘訣の最大のものではなかったかと思います。

皆さん、面倒くさいことは嫌ですもんね(^^;

格安スマホの御三家

イオンのスマートフォン第一弾が2014年4月に成功してから、格安スマホが一気に脚光を浴びています。
それまでMVNOしか提供してこなかった事業者も、路線変更し格安スマホを提供する様になってきました。
しかも今後も続々と格安スマホが提供される予定がドンドン立ってきていて、にわかに盛り上がりつつあるというのが現状です。

そんな中で現時点(2014/7/20)で提供されている格安スマホを比較して、購入を検討されている方達の一助になれればと思って一気比較行きます!

まずは現時点の格安スマホ御三家を御紹介!

【スマホ御三家】

  1. イオンのスマートフォン
  2. BIGLOBEスマホ
  3. ビックカメラスマホ

BIGLOBEスマホは月額維持費が3,476円と若干割高で「格安スマホ」に入るのか、という議論はありますが、多少高くても良いスマホが欲しい人向けのプランと考えて頂ければと思います。

でわでわ個別の詳細です。

月2980円の「イオンのスマートフォン」を到底おすすめできない理由 | スマホ辞典

格安スマホ、イオンのスマートフォン第一弾。
あまりお勧めではなかったようですね。
その理由がSIMのデータ通信速度が200Kbpsに抑えられているからとのこと。まぁ遅いですよね(^^;

イオンスマホ第2弾は月額1980円、端末は「geanee FXC-5A」、BIGLOBE SIMを使った格安スマホ | スマホ辞典

格安スマホ、イオンのスマートフォン第二弾。
月額1,980円となり第一弾よりも1,000円も安くなっています。
データ通信は1GBまで高速通信となり◎。
スマホ本体が時代遅れでキツイですね(>_<)
ですがその辺を割り切って使おうと思っている方には充分じゃないかと。

【BIGLOBE】安さも速さもうれしいスマホ 24カ月間2,980円(税別)/月~

格安スマホ、BIGLOBEが「うれスマ」を販売開始です。
1GBまでの高速データ通信と1世代前のフラッグシップモデルの本体で、月額3467円。
格安スマホの中では高めですが性能はピカイチとなっています。
スマホ性能も良い物が欲しくて、それでいて月額維持費を下げたい人にはオススメです(^^)v

http://www.biccamera.co.jp/service/store/lcc-phone/model-q5001.html

格安スマホ、ビックカメラスマホ第2弾。
月額2,530円で1GBの高速通信のデュアルSIMスマホが手に入ります。LTEには非対応です。
こちらもスマホ本体がイマイチですか~。

http://www.biccamera.co.jp/service/store/lcc-phone/

格安スマホ、ビックカメラスマホ第3弾。
月額2,810円。
本体代金29,800円で一括でも分割でも支払い可能。3年目以降はSIM代金のみの月額1,600円で済むようになります。

一覧表で格安スマホを徹底比較!

個別に見ると良く分からなくなってくるので、一覧表にまとめてみました!
これでスマホのスペックも比較しながら購入する格安スマホを検討してみて下さい(^^)/

【格安スマホの徹底比較】

格安スマホ名 イオンスマホ1 イオンスマホ2 BIGLOBEスマホ ビックカメラスマホ2 ビックカメラスマホ3
月額維持費 2,980円 1,980円 3,476円 2,530円 2,810円
型番 NEXUS4 geanee FXC-5A SH90B StarQ Q5001 Ascend G6
CPU Snapdragon S4 Pro MT6582M APQ8064T Quadcore Mediatek MTK6582 Qualcomm MSM8926
RAM 2GB 512MB 2GB 1GB 1GB
ディスプレイ 4.7インチ(1280X768) 5インチ(960X540) 4.8インチ(1080X1920) 5.0インチ(1280X720) 4.5インチ(960X540)
カメラ 800万画素 500万画素 1310万画素 800万画素 800万画素
端末一括金額 34,080円 15,120円 45,024円 22,320円 29,800円
その他 - デュアルSIM - デュアルSIM -

購入できる所

さて、上記の表で購入する格安スマホを決めたとして、さてどこで購入することができるのでしょうか?
その辺もまとめておきましょう。

格安スマホ名 イオンスマホ BIGLOBEスマホ ビックカメラスマホ
購入場所 イオン店頭、コンビニ「ミニストップ」、イオンネットスーパー「おうちでイオン」 オンライン申し込み 全国のビックカメラ店頭

購入方法 | うれスマ(電話番号付き) | BIGLOBEのスマホ

さぁ、アナタのご家族も格安スマホを導入して、家計の改善をしてみませんか?

イオンスマホ1 NEXUS4

BIGLOBEスマホ SH90B(SH-06Eと同等品)

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [White]

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [White]

ビックカメラスマホ2 StarQ Q5001

ビックカメラスマホ3 Ascend G6
[asin:B00L2B8RGK:detail]