読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

Windows10タブレット「CHUWI Hi10 Pro」を開封してみる!【開封の儀】

開封の儀 物欲 フリーランスの日常
スポンサーリンク
あとで読む

Windows10タブレットが届いた!

Windows10タブレットが昨日ようやく届きました!

海外通販サイトを利用したので、届くのに13日も掛かってしまいました(^-^;
まぁ急いではいなかったので、日数が掛かってもAmazonよりも5,000円以上安く買えたので良しとします♪

昨日の記事で「開封の儀」を行うつもりで書きかけたのですが、写真の枚数が多くて全然まとめる時間が取れなくて

「日数がすごく掛かったよ!」

という内容だけの記事になってしまいました(^o^;

という事で、本日の記事で開封の儀をお届けしたいと思います(^-^)/


スペック

まずは購入した商品のスペックをご紹介します。

製品名 CHUWI Hi10 Pri
OS Windows 10,Android 5.1(RemixOS)
CPU Intel Z8300 Quad Core, 1.44GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(eMMC)
画面サイズ 10.1 inch
解像度 1920 x 1200 (WUXGA)

タイトルにはWindows10タブレットと書きましたが、実際にはデュアルOSで「Windows10」と「RemixOS」というAndoroidベースのOSが搭載されています。
画面サイズが10.1インチで、まぁまぁ大きめです。

内部ストレージが64GBのeMMCで2OSですが、Windows10の方が容量を多めに取ってくれてあるようです。
メモリも4GB積んでいて普通に操作する分には問題ないかと(^^)v

外観

まずは商品が届いた時の外装からお届けしたいと思います。
海外通販で買うのなんて初めての事なので、どんな形で届くのか興味津々です。

じゃん!
f:id:MoneyReport:20161023140741j:plain

グレーのビニール袋に包まれていますね。
海外はよくわかりませんが、国内は日本郵便の「ゆうパック」になっています。
そういえば、10/15くらいにメールが届いていて、荷物番号が来ていましたね。
あれを入力すればどこに届いていたのかチェックできたのかもしれません(^-^;

後ろはこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20161023140944j:plain

裏にも荷札が貼ってあるんですね。

ビニール袋を開けていきます。
f:id:MoneyReport:20161023141019j:plain

ビニール袋の内側はプチプチの緩衝材仕様になっていました(^^)v

中身を取り出します。
f:id:MoneyReport:20161023141130j:plain

箱がさらに厚い空気の封筒(?)みたいなのに入っています。
また納品書と、コンセントの変換器が入っていますね。

納品書を開いてみます。
f:id:MoneyReport:20161023141337j:plain

No.1が「CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC」で、No.2が「WN - 20 US Standard 2-foot Plug Mini Power Adapter」が入っています。
注文したのはCHUWI Hi10 Proだけだったのですが、日本向けの発送という事で、コンセント変換器もオマケして送ってくれたようです(^^)v

ではタブレットの方へ。
f:id:MoneyReport:20161023141548j:plain

エアー封筒から本体の箱を取り出します。
f:id:MoneyReport:20161023141621j:plain

割とシンプルな箱ですね。
「CHUWI馳力」と書かれていますね。

箱の背面はこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20161023141732j:plain

箱の横に、製品詳細を記したシールが貼ってあります。
f:id:MoneyReport:20161023141821j:plain

中を開封

さぁ、いよいよ箱を開けていきましょう!
f:id:MoneyReport:20161023141851j:plain

箱はフタがパカンと取り外せるタイプですね。
タブレット本体が袋に入って見えます!

タブレット本体とケーブル類が入っている小箱(?)を取り出します。
f:id:MoneyReport:20161023141938j:plain

小箱からケーブルとコンセントを取り出して並べました。
f:id:MoneyReport:20161023142045j:plain

タブレットの表面には保護シートが貼られています。
f:id:MoneyReport:20161023142400j:plain

シート表面にスペックとかが書かれているので、このままこのシートを使う事は出来ません。
残念(^-^;

正面から。照明の映り込みが強くてスミマセン。
f:id:MoneyReport:20161023142455j:plain

タブレット背面。
f:id:MoneyReport:20161023142537j:plain

アルミニウム合金なので、結構しっかりしています。
上部のカメラ部分がiPhone6チックに少し出張っています。

タブレット横面も4面それぞれ見ていきましょう。
f:id:MoneyReport:20161023142706j:plain

コチラ面は左から順に「スピーカー」、「microSDカードスロット」、「USB Type-C端子」、「MicroUSB端子」、「マイク(丸い小さい穴)」、「HDMI出力端子」、「イヤホンジャック」となっています。

左のボタンが「電源」、その次のボタンが「ボリューム」。
f:id:MoneyReport:20161023143101j:plain

右の多数の穴が「スピーカー」。
f:id:MoneyReport:20161023143158j:plain

この面は別売りの「専用キーボード接続端子」になっています。
f:id:MoneyReport:20161023143227j:plain

下図のキーボードを接続する事が出来ます。
このキーボードは4,000円ほどします。

このキーボードと繋ぐとノートパソコンの様に折り畳んで持ち歩いたり、開いてノートパソコンの様にキーを打ったりすることが出来ます。
タブレットだけじゃなくて2in1の製品として使いたい人は、こちらも併せて購入すると良いと思います。

iPadとの比較

大きさがタブレット単体だと分かりにくいので、iPadと比較してみましょう(^-^)/

左が「iPad3」で右が今回購入した「CHUWI Hi10 Pro」です。
f:id:MoneyReport:20161023143631j:plain

縦方向は「CHUWI Hi10 Pro」の方が大きいですね。

奥がiPad。横方向はiPadの方が大きい様です。
f:id:MoneyReport:20161023143826j:plain

重ねてみるとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20161023143856j:plain

同じ10インチタブレットでも微妙にサイズ感が違いますね~。

厚みはiPad3の方が厚いですね。
f:id:MoneyReport:20161023143944j:plain

Win10タブレットの厚みが薄いです。
少し四角目の躯体ですね。

OSを起動!

ではOSを起動してみましょう!
f:id:MoneyReport:20161023144158j:plain

AndroidとWindows10マークが出ている!

「ん?ただこれどうやって選ぶんだ!?」

とアタフタしている内に、10秒経って勝手に起動し始めました(^-^;
f:id:MoneyReport:20161023144301j:plain

「これはどっちだろう?」

と思いつつ見ていると・・・、Androidかな?
f:id:MoneyReport:20161023144533j:plain

下にタスクバーがあるので一見はWindowsっぽいですが、画面右下の方に「RemixOS」と書かれているので、Android側でした。
デフォルト起動はAndroidが優先になっているんですね~。

左下のスタートボタン見たいのを押したらメニュー(?)が出てきました。
f:id:MoneyReport:20161023144714j:plain

改めて再起動をかけてみます。

お!こっちが本当の起動初期画面のようです(^^;
f:id:MoneyReport:20161023144805j:plain

この後に先ほどのAndroidとWindows10の選択画面が出たので、Windowsマークをタップして「OK」をタップ。

Windows10のログイン画面が出てきました!
f:id:MoneyReport:20161023144753j:plain

ユーザー名は「admin」になっています。
お!中国語じゃない!

Windows10が起動しました!!!
f:id:MoneyReport:20161023145112j:plain

おぉ、普通にWindows10ですね~。
しかもアイコンの名前が全て英語になっているので、初期設定は「中国」ではなくて「アメリカ」になっているようです(^-^;
これは良かった!
中国語はイマイチ読めませんが、英語の方がまだ読めますからね(^-^)v

左下のスタートボタンをタップ(指でタッチ)するとスタートメニューが出てきました。
f:id:MoneyReport:20161023145305j:plain

まずはここまで。
英語版のままだと使いにくいので日本語版にしようと思いますが、その辺はまた別の記事で(^-^;

充電してみる

タブレットと、充電コード、中国版コンセント、コンセント切り替え機を使います。
f:id:MoneyReport:20161023145420j:plain

全部繋いでみます。
f:id:MoneyReport:20161023145639j:plain

充電コードは「USB Type-C」のコードになっています。

これをコンセントに繋ぐと、タブレット正面左上のランプがオレンジ色に点滅します。
f:id:MoneyReport:20161023145735j:plain

このランプが点滅をやめて、点灯したら充電完了です(^-^)v

まとめ

写真の枚数が30枚を超えてしまったので、サササッと紹介させて頂きました。
重さも非常に軽くて持ちやすく、感想としては

「こんな薄いマシンにWindows10が楽々入って動いているとは!」

という軽い感動すらも覚えます(^-^;
しかも10.1インチのタブレットが2万円を切る価格で買えてしまうとは。
良い時代になったものです(^-^)v

CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC-184.64 Online Shopping| GearBest.com

しばらく色々と使って使い倒していきたいと思います!