マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

MT4を使う時なぜ海外FX業者を使うのか?外国為替取引のゼロカット方式の有難さ

スポンサーリンク
あとで読む

MT4トレード

FX(外国為替証拠金取引)において、一般的には手動売買(裁量トレード)が普及しています。
自分の経験と分析を頼りに自らトレードするのを手動売買と呼びます。
逆に自動売買プログラムを使ってプログラムがトレードするのを自動売買システムトレード)と呼びます。

自動売買にも「ミラートレーダー」や「メタトレーダー」など色々と種類がありますが、自由度が高く最も普及しているのがMT4こと「メタトレーダー4」になります。
そしてこのMT4を使う時に利用されるFX口座は海外のFX業者の口座を利用される事が多いです。
もちろん、日本のFX業者でもMT4を使う事が出来る業者は幾つもあります。

以前、日本のFX業者でMT4を使える業者を調べた時の記事は下記になります。
日本のFX業者をMT4で使いたい人は参考にして下さい。

ただ、MT4を使ったトレードでは圧倒的に海外FX業者を使う人が多いように見受けられます。
私の身の回りの人や、ネットで調べていてもMT4を使っている人は普通に海外FX業者を使っている人ばかりです。

なぜMT4を使った自動売買では海外FX業者を皆さん使っているのでしょうか?
今回はその辺の理由について書いてみたいと思います。

f:id:MoneyReport:20160717164420j:plain

海外FX業者の特徴

まず大きく違うのは、海外FX業者の場合には日本の金融庁の規制・監督を受けていません。
海外の国の金融監督庁において認可され、日本国在住者向けにFX(外国為替証拠金取引)サービスを提供しているのが海外FX業者になります。

日本の金融庁の規制を受けませんから、グローバルスタンダードな金融商品を取り扱っています。
具体的には日本のFX業者と比較して下記の様な違いがあります。

【海外FX業者の特徴】

  • レバレッジが最大で1,000倍程度まである!
  • 入金ボーナスがある!
  • インターバンク直結価格でトレード可能!
  • スキャルピングOK!
  • ゼロカット方式を採用し追証なし!


1つ1つ見てみましょう。

レバレッジが最大で1,000倍程度まである!

レバレッジは特に差が大きくて、日本では現在では25倍に制限されています(以前は400倍とかありました)が、海外では規制がないため400~1,000倍程度のハイレバレッジでのトレードが可能です!
私が現在使っているTitanFXで500倍、XM.COMで888倍のレバレッジを掛けてトレードする事が出来ます。
少ない資金で大きなトレードが出来ます。
もちろん損失も大きくなるので、損切が早い自動売買じゃないとこの大きなレバレッジは活かせないかと思います。

入金ボーナスがある!

これも日本のFX業者には見られないさーびすの1つです。
口座に初めて入金する時や、ある一定の金額までの入金まで100%とか10%の入金ボーナスをプレゼントしてくれます。

例えば、XM.COMの場合だと5万円までの入金が100%ボーナス対象なので

 入金5万円 + 入金ボーナス5万円 = 10万円

となって、合計10万円までの取引が行えます。
その辺りの検討は前回の記事にまとめました。

インターバンク直結価格でトレード可能!

通常はFX業者内でトレーダーから受けた売買注文を一度ディーリングデスクが受けて、その上で金融機関等に売買注文を出しています。
対して、海外FX業者ではディーリングデスクを通さずにNDD(ノン・ディーリングデスク)で、インターバンクに直接売買注文を出すため、透明性の高いレートが確保できます。

f:id:MoneyReport:20160717164501j:plain

代わりにスプレッドは日本のFX業者よりも高めになります。
そのために、1取引ごとに手数料を支払ってスプレッドを狭くしたECN方式(Electronic Communications Network)などを利用する事で、有利なスプレッドでトレードできる手段も用意されています。

スキャルピングOK!

日本のFX業者では一日に何度も何度も小さな値幅でトレードをする「スキャルピング」と呼ばれるトレード方式を使うと、すぐに口座凍結や取引停止などの処分が行われる事があります。
下記のツイートなどを参考に。

しかし、海外のFX業者ではスキャルピングも全然OKな所ばかりで、スキャルピングを行って口座凍結された等の話は聞きません。
MT4を使った自動売買ではどうしても手動売買よりもトレード回数は多くなりがちですから、スキャルピングがOKな事は有利だと思います。

ゼロカット方式を採用し追証なし!

ゼロカット方式については別章で書きたいと思います。

通常のFX取引では、ロスカットの仕組みがあり証拠金の30%を割りこんだら自動的にポジションを強制決済されて、顧客の資金がマイナスになる事を防いでくれています。
先日私が引っかかったのもこれです(^^;

ですが、稀に大き過ぎる価格変動や、週をまたいでポジションを保持していた場合に週末に何か為替変動に大きな影響を及ぼすニュースが流れた時に週明けに大きなマイナスを抱えてしまう場合があります。
昨年のスイスフランショックの時にはマイナス何千万円とかマイナス1億円とかの人が現れ大きな話題になりました。

日本のFX業者の場合には、こうした大きなマイナスを作ってしまった場合には追証(おいしょう)を支払う必要があります。
要は、マイナスになった分を口座に入金しなければいけません(>_<)
マイナス10万円程度なら良いでしょうが、スイスフランショックの時のように1千万円単位で負債を作ってしまった人は、大きな借金を負ったり自己破産しなければいけなかったと思います。

ところが、海外FX業者ではこの口座資金がマイナスになる様な事態に陥った場合にも、追証を支払う必要がありません。
これをゼロカット方式と呼びます。
口座がマイナスになっても、翌日には0円の状態に戻してくれます。

大きな負け分をトレーダーが負う必要はなく、海外FX業者が肩代わりしてくれます。
なのでスイスフランショックの時にはFX業者の「アルパリ」が倒産に追い込まれたりもしました。
以下はその時のニュースです。

アルパリ(UK) Limitedが破綻。アルパリジャパンにも影響
1月16日(金)、アルパリジャパンより、親会社でカバー先であるアルパリ(UK) Limitedが破綻することがリリースされた。
これを受けて、アルパリ・グループの日本法人であるアルパリジャパンにおいても、口座を持っている顧客が保有するすべてのポジションが強制決済されることが発表された。また、新規ポジションの保有、入金、口座開設についてもできなくなる。


アルパリジャパンのリリースによると、アルパリ(UK) Limitedが破綻に追い込まれたのは、1月15日(木)のSNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])による、ユーロ/スイスフランの防衛ライン撤廃を受けて、スイスフランが暴騰したことが要因。


スイスフランの暴騰を受けて、アルパリ(UK) Limitedに口座を持っている顧客の多くが有効証拠金以上の損失を被った。
通常であれば、顧客が追証(追加証拠金)を入れればいいわけだが、今回の場合、スイスフランの動きがあまりにも急激だったことから多くの顧客が追証を迫られてしまった。さらに、顧客が追証を入れることができず、損失をカバーできなかったことにより、その損失がアルパリ(UK) Limitedに引き継がれてしまい、1月16日(金)でアルパリ(UK) Limitedが破綻する事態になったということだ。


スイスショックでアルパリUKが破綻!スイスフラン大暴騰で損失をカバーできず|ザイスポFX! - ザイFX!

この様に、FX業者が破たんしてしまうのは辛い事ですが、個人トレーダーが破産や借金に追い込まれなければいけないよりかは相当助かります(^^;
本来個人投資家が負うべき負債を海外FX業者が負ってくれるのです。

このゼロカット方式の恩恵は計り知れません。

「ロスカットが間に合わない事態なんてそうそう起きないだろ!」

と思うかもしれませんが、昨年のスイスフランショック、今年のイギリスEU離脱ショックと立て続けに2年連続で起きている事を考えると馬鹿に出来ません。
投資資金がなくなるだけならば良いですが、それで借金を負ってしまい人生まで滅茶苦茶にされる事態は避けなければいけません。

MT4を使った自動売買はプログラム任せ。
相場の急変時にもプログラムが対処してくれれば良いですが、万が一プログラムが避ける事ができずに大きな損失を抱える可能性はどうしてもあります(-_-;
そんな時にも、借金をする事態を避ける事が出来るゼロカット方式であれば安心して自動売買をする事が出来ます。

MT4を利用して海外FX業者の使う大きな理由の1つは、ゼロカット方式を採用してくれている事で追証がなく借金しなくて良いからです。

あなたもMT4での自動売買を検討されているんでしたら、海外FX業者も候補として検討する事をオススメしますよ。

以上、MT4を使う時なぜ海外FX業者を使うのか?そして外国為替取引のゼロカット方式の有難さについて書きました。

AX