マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

この発想はなかった。ミルク甘酒の奇跡!

スポンサーリンク
あとで読む

冬の飲み物

最近、北海道では一足早く秋が押し寄せ、冬の足音も今かイマかと待ちかまえています。
最低気温は6度を記録したりと

「もう初雪が降るんじゃ?」

というくらい朝晩冷え込みます(^-^;

そんな寒い季節に恋しくなるのが「暖かい飲み物」。
まぁいわゆるホットドリンクというやつですね(^^)v
冷えた体を暖かい物を飲んで、体の中から暖めるという、非常に理にかなったものを体が欲します。

で、ホットドリンクは皆さん色々と好きな物があるかと思いますが、私が冬の飲み物で一番好きなのはズバリ

甘酒

です!

結構、年季の入った甘酒好きで、物心ついた時にはもう普通に飲んでいました。
特に小学3年生の時に、親が作ってくれた甘酒が美味しくてしょうがなくて
1日で13杯飲みました(^o^)/

流石に親もこれはマズイと思ったのか、翌日からは飲んで良い甘酒の量を制限される様になりました(^-^;
だって、本気で好きで熱々のをフーフー言いながら冷まして飲むのが好きで、飲みまくっていました。

うーん、懐かしい思い出です。

f:id:MoneyReport:20161014230808j:plain

大人の現在

この甘酒好きは大人になってからも変わらずで、特に大学生の頃に一人暮らしをしている中で甘酒の作り方を知った時には、迷わず自分で鍋いっぱいに甘酒を作って飲みまくりました(^-^)/

いやー、あの誰にも邪魔されず、制限もされず甘酒を飲みまくった頃は幸せでした~(*^-^*)v

特に風邪を引いた時には重病になる前にささっと作って、その後の風邪の療養中に甘酒を飲んで体を温めつつ過ごした良い思い出があります♪

さすがにアラフォーとなった現在は、自分で鍋いっぱいの甘酒を作ることはしなくなりましたが、その代わりに市販の甘酒を買って飲むようになりました。
色んな甘酒を買って飲みましたが、最終的には皆さんにも定番のコレ!

f:id:MoneyReport:20161014232253j:plain

森永製菓の1L紙パックに入っている「甘酒」をスーパーで買ってきて飲んでいます(^-^)v
いやー、程よい甘さで温めて飲むと、体がポッカポカになるので大好きです(//_//)

新しい飲み方

そんな森永の甘酒を今日も普通にレンジでチンして飲もうと思ったのですが、ふと紙パックの裏面を見たら考えた事もない飲み方が紹介されていました!!!

f:id:MoneyReport:20161014232613j:plain

3つほど甘酒と割って飲むレシピ(?)を紹介してくれているのですが、私の心に響いたのは1番目に紹介されていた

 甘酒 + 牛乳

という組み合わせ!

「な・なに?甘酒に牛乳を足すだと!?」

と明らかに動揺を隠せない私。

「そんなこと思いつきもしなかった・・・」

と半ば敗者の気持ちになりながらも

「コレはぜひ試してみたい!!!!!!!!!」

という好奇心が私を支配します(^o^;

既にコップには甘酒が注いでありました。
そのコップにおもむろに冷蔵庫から取り出した牛乳を注ぎます。
甘酒と割る時の割合は「2:1」が黄金比率との事だったので、信じて目分量で牛乳を注ぎます。
もちろん下記の割合。

 甘酒2 : 牛乳1

牛乳を注いでみると、見た目が元々白っぽい甘酒ですが、さらに真っ白になります!

f:id:MoneyReport:20161014233457j:plain

「あれ?これはちょっと早まったか(^-^;?」

という思いが頭に浮かびますが、めげずに電子レンジに入れて熱燗にします。

チン♪
という音と共に出来上がった「甘酒+牛乳」の神秘の組み合わせ。
一体誰がこんな末恐ろしい組み合わせを考えたのか・・・(-_-;

まぁそんな思考の逡巡は後回しにして、一口飲んでみよう。
ゴクリ。

・・・

う・うまいーーー!!!!

これはたまげました(^-^;
あの単体で十分に美味である甘酒を、さらに違った美味しさへと引き上げられています!
この完成度たるや、破壊力抜群です(*^-^*)

甘酒に牛乳を注ぐだけでこんなにも美味しい飲み物が出来上がるとは、私も甘酒道(あまざけどう)を究めんとする者として無知で甚だしい愚行でありました・・・(-_-;
研究不足、努力不足、力不足・・・、いや牛乳不足であったと。

二口目を飲みます。
ゴクゴク。

口当たりが爽やかで、甘酒が苦手な子供さんでも飲めそうです(^-^)v

そして、なんだろう?
この味はちょっと知っている味な気がする。
懐かしいような、記憶の遥か彼方にたたずむようなこの味は・・・。

あ、アレだ!
ミルクセーキだ!!!

正にミルクセーキの味ですよ、おっかさん!
ミルクセーキが何で出来ているのか詳しくは知りませんが、牛乳と甘い飲み物のミックスであったろう事は想像に難くないです。
本物のミルクセーキとは組み合わせが違うでしょうが、あのスキー場の自販機で買ってもらって飲んだミルクセーキの味ですよ、おっかあ!

この甘酒+牛乳の組み合わせ、って何度も言うのが面倒くさいので勝手に命名しましょう。
甘酒2:牛乳1の組み合わせの飲み物は
ミルク甘酒
と命名致します!

ミルク甘酒はミルクセーキの味に近いように思います!
ぜひとも全国の甘酒好きの皆さん、ミルク甘酒を試してみて下さい!!
そしてミルク甘酒を飲んで寒い冬を乗り切りましょう(^o^)/

やったね、これで冬の楽しみがもう1つ増えた♪