マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

1日、本気で生きてみて。

スポンサーリンク
あとで読む

本気で生きていますか?

昨日は自己の内面を掘り下げるシリーズとして、ある問いを投げかけました?

「日々、本気で生きていますか?」

と。

ブコメにて様々な意見を頂きまして、「大人はそれほど本気で生きている人はいない」というのが分かってホッとしたというか、自分もそれほど人の道を踏み外していたワケではないのが分かって良かったです(^-^;

ただ昨日は

「おし!本気を出して1日過ごしてみるか!」

と意気込んで過ごしてみまして、その結果どうだったのかを書いてみたいと思います。

本気で生きてみた

本気で生きるという定義については色々あると思いますが、私の定義としては

「今、目の前で取り組む事に対して全力を傾ける」

という事が本気で生きる事に繋がるかな、と思って取り組んでみました。

仕事での取り組みでも「ついついボーっとしつつ取り留めもなく考える」様な時間を省いて「今日はこの作業をやる!」と決めたことを逃げずに一生懸命取り組んでみたり。

ちょっとした車の運転も「まぁこの位は良いか」と一時停止をきちんと止まりきらずに発進したりしていたのを、きちんと止まって左右確認してから発進してみたり。

スーパーでの買い物も「ぶらぶら良い物がないか見て回っていた」りしたのを、きちんと買うと決めていたものだけをササッと買って終わらせたり。

日課としている夜寝る前のラジオ体操を手抜きして3動作くらいやってやめていたのを、ラジオ体操第一を最後の深呼吸まで手抜きせずにしっかりやってみたり。

夜中に目が覚めた時に「ついつい色んなブログ記事を読み漁る」事があったのを、スマホに手を伸ばすのをやめてきちんと寝てみたり。

と一個一個を見ると

「何をそんなしょうもない事にコダワッて過ごしているの?」

とツッコミが入りそうなところも、手を抜かずに取り組んでみました。
何でしょう、真面目に生きてみる感じですかね(^-^;

そうして1日を過ごしてみて見えてきたことがありました。

手を抜きすぎていた?

率直な感想としては

「なんでもかんでも手を抜きまくっていた!」

という事に気付きました(^-^;
何かをやるのにも

「ここはサボっても良いかな?」

というのを考えて、ついつい手を抜いていました。
本当1つ1つはしょうもないレベルで

「このくらい良いだろう」

とサボりまくっていた感じです。

昨日の記事でも書きましたが、仕事で20時間くらい毎日働いていた時に

「このままじゃ駄目だ自分が潰れる(>_<)手を抜きながら過ごそう!」

と決めて手を抜いて正気を保つようにしていた時期があったのですが、その名残がずうっと残っていてサボリ癖が自分自身についてしまっていた様です(-_-;

もう当時とは違って、そこまで働いていませんし、もっと時間的にも身体的にも余裕がある状況です。
状況が変わったのに、サボり癖はそのまんま。

それじゃあ本来の自分自身の力を発揮できなくてもしょうがない状態になっていたのかな、と。

色々出来た!

で、サボり癖を無くして、目の前の事に1つ1つ手を抜くのをやめて、ほぼ全ての事に対して全力で当たってみました。
そしたらば、以下の様な成果が上がったので書いてみます!

【本気で1日、生きてみて起きた事】

  • FXトレードのEAソースコードのコンパイルが出来た!
  • 作りかけだった家庭用品がほぼ完成した!
  • 夜ぐっすり眠れた!

と。
最初の2つは「やらなきゃなぁ」と頭に引っかかっていたのにずっと後回しにして出来ていなかった事になります。
どちらも空き時間で15分くらいずつで出来てしまって

「なんだぁ、やれば出来るんじゃん♪」

と思いました(^-^;

また夜もついつい寝る前のラジオ体操も手抜き、夜中起きたらブログチェックなどという不毛な事をしていたのをやめて、ラジオ体操をきちっとやったら体のコリが取れてスッキリ眠れ、夜目覚めた時もスマホをいじらないで再び寝ればその後も朝までぐっすり眠れて朝起きたら快調です!

なんでしょう。
「本気で生きない事」で、手を抜き過ぎていて、自分自身の本来のパフォーマンスを発揮できない状態に陥っていたようです(^o^;
アギャポー(>_<)
という感じです。

また本気で1日過ごしてみて分かったのですが、現在の状況であれば1日を本気出しながら過ごしても

それほど疲れない

事が分かったので、これはちょっとしばらくやってみようかな、と(^-^)v

この辺は人の置かれている状況によって変わる話で、過酷な状況に居る人は正気を保つためにも「手を抜ける所は手を抜いて体力を温存する」事が必要だと思いますが、そこまで追い詰められた状況じゃないのなら1日本気で過ごしてみて疲れないかチェックしてみて、大丈夫そうなら本気で過ごすというのはアリかな、と。

自分のパフォーマンスを低めに見積もっていた可能性があるので、本気で生きて、本来の自分のパフォーマンスで改めて現在の色々な事に挑戦してみたいと思います(^-^)/

問い

本気で生きていますか?

「案外余裕があったので、本気で生きてみます!」