読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

Wizardry。昔ハマったRPGゲーム。何度ダンジョンに潜った事だろうか・・・

閑話休眠
スポンサーリンク
あとで読む

ゲームはRPGが好きだった

三連休の中日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は昨日と明日は仕事をしますが、今日はお休み。
お休みの日に書く題材は、と・・・

今週のお題「ゲーム大好き」

おぉ!久々にはてなブログの今週のお題を書いてみましょうか(^^)/

ゲームですか~、基本的には大好きでしたね~。
過去形なのはゲームをやり出すと止められなくなるから(^o^;
ゲーム好きなので、ちょっとやり始めると止めれなくて、とことんやってしまうので、社会人になってからはもうほとんどゲームはやっていないですね~。

さて、皆さんがやりこんだゲーム機は何でしょうか?
プレステやWiiとかになるんでしょうかね~。
そんな私はファミコン世代!
スーパーファミコンじゃなくて、初代のファミコンですよ(^-^)w
小学生の頃にファミコンが登場し、友人宅でドンキーコングをやったのが初めてファミコンに触った思い出です♪
って、歳がバレますね(^-^;

それまでは家庭用ゲーム機なんて物は存在していなかったですし、パソコンも当時は50万円とかする時代。
ゲームと言えばゲームウォッチだった時代ですから、ファミコンを見た時にはビックリしましたね~。
カセットを差し替えれば別のゲームが動くんですよ!
ゲームウォッチは1つのハードで1ゲームしか動かないのが常識だった時代に

1つのハードで色んなゲームが動く!

というのは物凄い衝撃でした(^O^)
お小遣いやお年玉を貯めて、何とかファミコン本体(14,800円)を買えるだけにはなったのですが、カセットを買うお金がない(;_;)
当時はカセットも4,800円とかしましたからね~。
見かねた家族が1本買ってくれました!
最初に買ってもらったソフトは何だったんでしょうかね~、残念ながら覚えていないですね~(-_-;
確かマリオブラザーズ(スーパーではない)かポパイだったかな、と思います。

そうしてファミコンデビューした小学生の私が大好きになるゲームに出会うのは数年後になります。

ダンジョンロールプレイング

最初の頃はアクションゲームにハマっていた私でしたが、徐々にもっと長く時間の遊べるゲームが好きになっていきました。

初代ドラゴンクエストは友人に借りてクリアし、ドラゴンクエスト2も友人から借りてクリアしました。
当時はセーブ機能がなかったので、「ふっかつのじゅもん」と呼ばれる平仮名の羅列をメモしなくちゃいけなくて、大きな画用紙に何ページもふっかつのじゅもんを書いたのが懐かしい思い出です(^o^;

そして復活の呪文をメモしなくても良くなったのがドラゴンクエスト3から!
あれは物凄く画期的でした!
カセット内に記憶装置を積んでくれてセーブが出来るようになりました!

で、その頃だったんじゃないかと思います。
私がドハマりする事になるゲームが登場したのは。
その名は・・・

Wizardry

ウィザードリーです(*^O^*)/
昔ハマったRPGゲームで何度ダンジョンに潜った事でしょうか♪

初代ファミコン版「Wizardry」

ウィザードリィ

ウィザードリィ

3Dダンジョンで薄暗い地下迷宮をパーティを組んで探索します。
扉を開けるとモンスターが現れて戦闘になります。
戦闘に勝利すると宝箱が手に入りますが、そのまま開けるとトラップに引っかかり、毒針や爆発したり果てはテレポーターがセットされていて突然

「石の中にいる」

と出て全滅したりするとてもシュールなゲームでした(^-^;
RPGと言えばドラゴンクエストが代名詞だった時代ですから、こんな厳しすぎるゲームバランスでしかも自分のキャラクターが一切画面上には出てこない作りは、当時の子供達にはあまり受け入れられませんでしたが、パソコン版(PC98)のWizardryを経験していた私には

なんて操作性が良いんだ!

とファミコンのWizardryは衝撃的でした。

リセット

そしてファミコンのWizardryの技と言えば

リセット

が欠かせません!
当時のRPGにしては珍しく戦闘終了時に自動でセーブされるゲームだったために、戦闘で誰かが死んだり全滅したりしたら、リセットして無かった事にします。
このリセット技をしそびれて戦闘を終わらせると、もうそりゃあ酷い事になります(T_T)
Wizardryはリセット技ありきじゃないとクリア出来ないゲームバランスなので、リセット技を良しとしない人には受け入れられない(というか難しすぎる)ゲームでした。
でもですねぇ、これにハマりました~♪

何万回リセットを押したか分かりませんね~(^o^;
何度地下10回まで潜っては「ぶき?」が出るのを探して回ったか分かりません。
初めて「ぶき」を手に入れてそれが「むらまさ」で、その村正を侍(危うく武士と書くところでした)に装備させた時の強すぎる強さに驚嘆したのが懐かしいです。
ビショップに鑑定させたら呪われてしまったりとかね~。
使うとレベルが下がっちゃう魔法なんかもあって、独特の世界観が大好きで♪

Wizardry遍歴

そんなコアなWizardryファンに支えられ続編が出てきましたので、もちろん遊びました!

ファミコン版「WizardryII」

ウィザードリィII

ウィザードリィII

確かこれはパソコン版の3じゃなかったかな、と。
2つの善と悪のパーティを組んでそれぞれを強くしながら進まないとクリアできなくて、えらい面倒くさかった覚えがあります。
あまり面白くありませんでした。


ファミコン版「WizardryIII」

ウィザードリィIII

ウィザードリィIII

ファミコン版の3がパソコン版の2になったかな、と。
ダイヤモンドの騎士です。
これは面白かった!
最初に倒した中ボスの鎧を持ち歩いて、それで常に体力を回復しながら進みましたね~♪

Wizardry4についてはファミコンには移植されなかったので遊んでいません。
ワードナになってモンスターを召還しながら冒険者を倒して地上を目指すという、普段の逆の展開ですが、滅茶苦茶難しいらしく移植は見送られました。


スーパーファミコン版「Wizardry5」

ウィザードリィ5

ウィザードリィ5

で、パソコン版の5はスーパーファミコンに移植されました。
これも傑作!
遂に20×20のマス目から解き放たれて物凄い広いダンジョンを巡りました♪


ウィザードリィ外伝 I

こちらはゲームボーイ版の外伝です。
なかなかのゲームバランスで面白かったです♪


ウィザードリィ外伝 II

ウィザードリィ外伝 II

ウィザードリィ外伝 II

確か外伝も2までは遊びました(^o^;

ウィザードリィの書籍

ウィザードリィにドハマりしていたので、書籍も購入して読みました(^-^)w

隣り合わせの灰と青春 小説ウィザードリィ ベニー松山著

隣り合わせの灰と青春―小説ウィザードリィ

隣り合わせの灰と青春―小説ウィザードリィ

これは名著!
ベニー松山さんのWizardry愛に満ちた傑作です!
ウィザードリィ好きで読んでいない方は必読の一冊です!


風よ。龍に届いているか〈上〉〈下〉ベニー松山著

風よ。龍に届いているか〈上〉

風よ。龍に届いているか〈上〉

風よ。龍に届いているか〈下〉

風よ。龍に届いているか〈下〉

こちらはファミコン版2のお話。
結構ドキドキしながら読みました。
ウィザードリィなのに、ダンジョンの外に出てしまって断崖絶壁を登る事になったりと、小説独特の話が面白かったです♪


ウィザードリィ コミック版

これも全巻買って読みました♪
本編よりも外伝の方が読み応えがあって好きでした♪

最新版

で、今日調べていたらWizardryって現在パソコンでオンラインゲームとして遊べるようです!

ウィザードリィ ONLINE
Wizardry Online 〜汝、死忘れるなかれ〜

当然キャラクターは見える様になっていて、武器や魔法もバンバン見える訳ですが、それは何だか昔のWizardryファンの私にはちょっと違うかなぁ、と。

でも時間があれば一度やってみたいですね、Wizardry ONLINE