読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

スイスフランショックで被った借金は自己破産すれば返済しなくて良い?弁護士の力量次第で可能!

FXの基礎知識 日々のニュース 世界経済 特集 投資
スポンサーリンク
あとで読む

スイスフランショックの光と陰

2015/01/15に突然発表されたスイス中銀による「スイスフランとユーロの上限を撤廃します」の発言により、急速にスイスフランが買われ通貨の価値が僅か20分で40%も変動する事態が発生しました。
これがスイスフランショックです。

スイスフランショックで日本の個人投資家がどの程度利益を出したり、損失を出したのかを昨日の記事で調べて報告させて頂きました。

2015/01/15のスイスフラン/円の日足チャート。
f:id:MoneyReport:20150118015026p:plain

とんでもないチャートになっています(>_<)
私も9年間FX(外国為替証拠金取引)をやっていますけど、こんなチャートは初めて見ました(^^;
普通は5円(500pips)とか動くだけでも相当な利益と損失が交錯するのですが、その10倍ですからね~。
利益が出た人は半端じゃない利益が出たでしょうし、損失を出した人は再起不能の損失を被ることになったと思います。

さて、そんな昨日の記事にブコメでご指摘を頂きましたので、確認していきたいと思います。

id:kuuuumaさん
モーモーミルクは一度3000万くらいの利益出してなかったかな。そこでやめていれば…

改めてチェックしてみると、本当ですね3,000万円以上の利益を積み上げた時間がありましたね!
あそこでモーモーミルク界さんも満足して「今日は数千万円儲かったから終~わり♪」とトレードをやめる事が出来れば、もう家でも何でも買える勢いの人生に変わっていたでしょうね~。
でもあんな大波で全力トレードして勝ちでも負けでもしたら、もうまともな精神状態じゃなくなって、アドレナリン全開のトレードハイ状態になっちゃいますから、止められないですよね(>_<)
同じトレーダーとしてその感覚はよく分かります。
大き過ぎる勝ちや大き過ぎる負けは、トレード感覚を狂わせるんですよね(;_;)

id:cisumonさん
200万枚ってどんな人がトレードするんだろう?200万通貨だよね。myfxbookならさらにお金貰えるよ。この人トレードしてないっぽい。

あぁ(>_<)
本当ですね。大変失礼しましたm(_ _)m
200万通貨ですね!
200万枚って、システム吹き飛びそうな枚数ですね(^^;
1枚が1万通貨ですから、200枚でした。
大変失礼しました。後日、記事を修正したいと思います。
教えて頂き、どうもありがとうございます。

id:yeeneeさん
なおやさんの借金。-1,118万円じゃなくて111.8万円ね。

どわ(>_<)
本当ですね!-1,118,000円なだけで、-111,8万円の借金ですね!
「,」の付ける位置を間違えるという初歩的なミスで・・・。
教えて頂き、どうもありがとうございます!

id:rio123dxさん
もう一撃ありそうな気がする。2番底拾っていきたい

これはあるでしょうね~。
来週発表されると噂されている欧州中銀による金融緩和の強化により、国債の直接買い入れが実施されると、再び大きく相場が動くでしょうから、要注目ですね(^^;

突然の借金発生


今回のスイスフランショックでは、僅か15分で1,080万円の利益を出した方がいる一方で、僅か1分で1,400万円の損失を被った方もいらっしゃいました。
しかも急激な通貨レートの変動により、普段設けられている安全機構であるロスカット(投資資金がマイナスにならずに強制決済されるい仕組み)も発動せず、通貨価格が大変動した後にようやく強制決済され、投資資金以上の損失が確定されるという普段は起きない事態も発生しています(>_<)

想像してみてください。
昨日まで500万円とか預けていたFX口座が、ある日の夕方何も出来ないままマイナス数百万円とか、酷い人はマイナス1,000万円以上になったんです(-_-;
とてもじゃないですが、まともな精神状態じゃなくなります。
心臓は早鐘の様に激しく打ち、頭に急速に血が上って訳が分からなくなります。
これまで借金をした事など無かった人が突然、数百万円とか数千万円とかの借金を突然負うことになったりすれば、まともに考える事など出来ないでしょう。

「どうやって返済すれば良いんだ?というかそもそも返さなくちゃいけないのか?」

と。
数十万円程度の借金であれば、ボーナスとかで返済すれば良いでしょうが、数百万円までいくと何年掛かるだろう、と。
1,000万円以上の借金になるともう返済できる目処とか分からなくなってしまいますよね(>_<)
もう冷静な判断など付かなくなってしまって自暴自棄になる可能性があります。

それこそ「死んで人生終わりにしよう」と考えてもおかしくないと思います。
ちょっとそのくらい、今回のスイスフランショックは突然に大きな負債が発生する様なひどい事件でした。

私も借金については詳しくはないですが「パチンコやパチスロ、競馬などギャンブルによって負った負債」の場合、最後の手段である自己破産(借金の棒引き)と色んな所で書き込みを見かけました。
そして今回のFXでの損失で被った借金も自己破産できない対象であるという書き込みも至る所で見かけました。
自己破産さえ出来れば、借金が幾らあったとしても借金を帳消しにしてもらう事が出来ます。
もっている資産は全て処分しなければいけないなどありますが、持ち家を持っていない人であれば特段困ることはないでしょう。
何百万、何千万円の借金を負ったままその返済で人生が終わるよりかは、自己破産した方がよっぽど有意義な人生が送れるでしょう。

今日は、そんなFXで負った負債を自己破産する事ができるのか、はたまた自己破産することが出来ないのか、調べてみました。

どうすればFX負債で自己破産できる?

この辺は知識がないので、他の方が書いているサイトを参考にさせて頂きましょう。

株式投資や先物投資やFX投資での借金は自己破産できますか?

こちらのサイトから引用させて頂きます。

こういう事態になると必ず聞こえてくる質問が「株式投資・先物物取引・FX投資で出来た借金は自己破産出来ますか?」という質問です。


某巨大掲示板を見てるとこの手の質問には「株式先物取引やFXの損失は免責不許可事項に該当するので自己破産は出来ない」と必ず書かれます。


確かに破産法252条1項の免責不許可事由の一覧の中に「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと」とあるので、これに株式投資や先物取引やFX投資が該当するから自己破産は出来ないと言ってるのでしょう。

ふむふむ。
破産法252条1項の免責不許可事由に該当して、FXの負債では自己破産はダメではないかという話なんですね~。

自己破産には裁量免責という言葉があります。


ここで、裁量免責とは何かを考えましょう


裁量免責とは、免責不許可事由が存在するときでも、裁判所は必ず免責不許可決定をしなければならないわけではなく、破産手続開始決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して、免責を許可することが相当であるときは、裁量で免責を許可することもできます(裁量免責。破産法252条2項)。裁量免責の可否にあたり考慮されるものです。


具体的事由としては、
1 免責不許可事由に該当する行為の動機、原因、その後の状況、
2 免責不許可事由に該当する行為の態様、行為時における破産者の主観的状況、
3 弁済努力の有無
4 債権者の信用調査の有無、程度、
5 破産者の更生の意欲、更生の見込みの有無、
6 債権者の意見
等があげられます。


要するに免責不許可事由が存在するときでも裁判所は場合によっては免責不許可事項でも免責許可を出しますと言うこと、また、その判断をするのは裁判官となります。


基本的に株式投資や先物取り引きやFX投資で出来た借金は自己破産はできないのですが、その人が現在置かれた状況によっては免責許可を出すということです。

ふむふむ。
FXの損失での借金が破産法の免責不許可事由に該当したとしても、裁判官の裁量によっては自己破産する事ができる、と。

このように考えると、「株式投資・先物物取引・FX投資で出来た借金は自己破産出来ますか?」の正確な回答は


「基本的に株式投資や先物取引、FX投資の借金は免責不許可事項に該当して破産免責はできませんが、裁量免責といって裁判官が総合的に状況を考えてこの借金を返すのは不可能と判断した場合は免責が降りる場合もありますので、一人で考えずに自己破産に強い弁護士に正直に全部話して相談される事を強くお勧めします」


と答えるのが正しい答えというものです。

なるほど!
裁判になって裁判官が総合的に状況を判断して「今回のケースはやむを得ない」という判断を下してくれれば、たとえFXで作ってしまった借金であっても自己破産する事が可能になりそうですね。
なんだか光が見えてくる話ですね。

はてな匿名ダイアリーにも希望の光が!

2015/01/18 14:48現在でも、はてなブックマークのホッテントリ入りしている記事も今回のFXで甚大な借金を作ってしまった方にとっては希望の光となるんではないでしょうか。。
やはり経験者の言葉というのは重いものがあります。

リーマンショックの時にFXで大きな損失出した俺がどうやって立ち直ったか書く

こちらの方は以前のリーマンショックの時にFXでロスカットが間に合わず借金を作ってしまい途方に暮れていたとのこと。
たまたま弁護士の知り合いの人に話すことができ「なんとかなるんじゃないか?」と言ってもらえた事がきっかけで、その弁護士の方にお願いして密かに自己破産する事が出来たそうです。
会社にも自己破産の事実を知られることもなく、穏便に自己破産する事ができ、住んでいるアパートから引っ越す事もなく済んだそうです。

ポイントを「絶対に伝えたいこと」として、まとめてくれてありますので、その重要な部分を引用させて頂きます。

絶対に伝えたいこと

  • 気持ちは分かるが自殺するな。
  • 2ちゃんでは「FXでは自己破産出来ない」との流言が飛んでいるが、弁護士の力量次第で行けるケース多し。
  • 俺は良い弁護士を紹介してもらって、実際に自己破産出来ている。
  • 決めつける前に専門家に相談してみること。今はお前ら絶対自暴自棄になって、冷静に考えられない。冷静な専門家に判断してもらうのが優先。乗り気しなければFX関連の自己破産に強い弁護士の書いた文章読め。ここら辺読めば自殺しなくてもなんとかなると分かるはずだ。

  http://yokohama-hasan.com
  http://www.shomin-law.com/shakkinhasanmenseki.html

  • 昔人生で一番辛かったことを思い出せ。その時は今までの人生で一番大変な出来事だったはずだ。でも今思えば過去の「あんなこともあったなあ」くらいのことになっているはずだ。今回の出来事が今のお前にとって人生で一番辛いことだろうが、ちゃんとやり直せれば、今回のことを同じように思えるようになる。

おぉ・・・。
経験者の言葉はやはり重いですね。
突然降って掛かった借金なので、あわてふためいて冷静な判断を出来ずに自暴自棄になってしまっても、それは仕方のない事。
冷静な専門家に相談するというのは、確かに良い事ですね。
しかもFX関連の自己破産に強い弁護士なんて人達もいるんですね(^^;

まぁ確かに週跨ぎでポジションを持っていて、週末にイベントが起きて月曜朝に相場が大きく動いてしまえば、簡単に借金を負う様な損失を確定する事も出来てしまったりしますからね。
FXで借金を作り自己破産する人は、確かに昔から比べれば増えているのかもしれませんね。

今回のスイスフランショックで大きな借金を作ってしまった方は、自分で判断せずに、きちんと専門の弁護士に相談され自己破産の道を模索してみるのが良いかと思います。
全額借金が免除される場合もあれば、数百万円は支払いなさいという場合もあるようですが、かなりの確率で借金を減らす事が出来る様ですので、人生を捨てるような判断をせず、専門家を頼りましょう。