マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

MNPを利用すると格安でiPhone5cを入手できるらしい

スポンサーリンク
あとで読む

MNPとは?

MNPってご存知ですか?
電話番号ポータビリティ制度と呼ばれ、携帯電話やスマートフォンの電話番号をそのまま他社に移す仕組みの事です。

MNP導入前は携帯電話を持つと(当時はスマホは販売されていない)、その電話番号はそこの会社でしか使えませんでした。
DOCOMO(当時は全て大文字が社名ロゴでした)の携帯電話で契約して電話番号を付与されても、その電話番号はDOCOMOでしか使えず、auやVoderPhoneの携帯に乗り換えようと思うと、DOCOMOを解約して新しい電話番号で出直すという事しか出来ませんでした。

いちいち携帯電話の電話番号を変更するのって面倒くさいじゃないですか。
既に携帯の番号を教えていた友人や知人に「携帯番号変わったから」と伝えて登録し直してもらわないといけないですし、もう既に連絡のつかなくなった人には伝える手段すらない、と。
これらの電話番号を変える煩わしさから、他社に携帯を乗り換えるという事は当時非常に少なかったです。

しかしそうなると携帯電話回線をほぼ独占していたDOCOMOに対して「ズルイ!携帯電話番号を変更しないで他社に乗り換えられる様にしてくれ!」と他社やユーザーの声が上がり、色々な審議を経て

携帯電話番号を持ったまま他社へ移る事が出来るMNP

が導入されました。

MNP導入による変化

DOCOMO以外の他社はこぞって、MNPで移った時の特典を用意しました。
MNP導入当時ですら既に日本国内の携帯電話市場は既に飽和状態。
新規契約のパイなんて少ないですから、当然既に携帯電話を持っている人達への働きかけが増えるのは当然のこと。
様々なMNP合戦が繰り広げられました。

ここ最近のMNP合戦で大きかったのは、auがiPhone5をMNP一括0円で配っていたのでMNPで他社からauへ移り、iPhone5を契約すれば電話番号そのままでiPhone5がタダでもらえた様な格好になりました。
もちろん普通にiPhone5を使えばパケ放題料金はドカンと掛かったので高くつきますが。

他にも最近では他社からMNPで移るとキャッシュバックキャンペーンとかも展開されていて、最近入ったチラシを見ていたらiPhone5sに家族4人がMNPで移れば280,000円もくれるなんていうのが掲載されていました!

え!?
28万円のキャッシュバック?

MNP界隈はすごい事になっている様です。

docomoが2014/01/14から「ドコモへのりかえ割」スタート

ここ最近でMNPで安くスマホを手に入れようとするなら、docomoが狙い目だそうです。
docomoが2014/01/14から始めた「ドコモへのりかえ割」というのを使うと簡単に、安価にスマホを手に入れられるそうです。

「ドコモへのりかえ割」は基本料金と同額の780円を25ヶ月間割り引いてくれるというもの。

これを使って安価にスマホを入手するためには、「MNP」で2年契約となる「タイプXiにねん」を契約すれば良いだけとのこと。

MNPとMVNOを組み合わせると安くiPhone5cが手に入る

上記の「ドコモへのりかえ割」を利用して一括価格が安いスマホを購入すれば、場合によっては白ロムよりも安く購入できるようです。
具体的な機種としては2013年夏モデルのAndoroidスマホやiPhone5c等です。

お!これは昨今の中学生が欲しくてやまないiPhoneじゃないですか!
iPhone5cの入手ケースを考えてみましょう。

以前、教えて頂いたMVNOをMNP用に使うことを考えてみます。

  1. MVNOで電話番号付きのSIMを契約する
  2. MNP番号を申請し取得する(4~5日かかる)
  3. docomoの販売店を訪れMNPでiPhone5cを契約する(この時に「色々付けて!」と言われるが「タイプXiにねん」のみで契約する。SPモードすらも断る。)
  4. MVNOの解約手数料を支払う
  5. 新規にDTIのMVNOを契約し月々500円でiPhone5cをパケ放題で使う
  6. 2年後にdocomoを解約する

と、こんな手順を踏めば良いのでしょうかね?

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]

そうすると最初のMVNOの費用16,338円(スマホ電話SIMフリーDataの場合:契約事務手数料3,150円 + 月各利用料1ヶ月分1,638円 + 解約手数料8,400 + 転出事務手数料3,150 = 合計16,338円)でiPhone5cが入手できる様です。
docomoのiPhone5cの白ロムはAmazonで35,000円程度しますから、19,000円ほど安く買える計算になります。
さらに販売店によってはMNPにはキャッシュバックもありますから、実質はもっと安く手に入れる事が出来ると思います。

アップル iPhone 5c 16GB White

アップル iPhone 5c 16GB White

これらの要となる「ドコモへのりかえ割」は2014/01/14~2014/03/31の期間限定ですので、検討されている方は急ぐ必要があるかもしれません。

とりあえずアイデアまでのご紹介でした。