読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

WordPressを勉強中φ(.. )色々と出来そうなんですね~☆

スポンサーリンク
あとで読む

Webサイトが作りたい

新しいWebサイト作成に向けて、現在WordPress(ワードプレス)を勉強し始めました。
これまでにもWordPressでブログを作った事はあったのですが、ブロガーさんが作って公開してくれているテーマを使って適用して使った事があった程度です。
今回本格的にWordPressを勉強しようと思ったのは下記の理由から。

【WordPressの勉強理由】

  • WordPressのブログ内に、自分のPHPコードを組み込みながら動かしたい!
  • 自分でデザインできる様にスキルを上げる!

の2点でしょうかね。

昨年作成したWebサイトはデザインをWebデザイナーさんに依頼して、作ってもらったHTMLファイルに自分でPHPを組み込んで作成しました。
ですがWebデザイナーさんは最近仕事が忙しく、とてもこの先Webサイトのデザインをお願いできるような状況にありません(>_<)

なので自分自身でデザインも出来るようになってしまおうか!と(^o^;
デザインに関してはWordPressだけでいけるのかよく分からなかったのでレスポンシブデザインについても勉強する予定です!
レスポンシブデザインの勉強向けには「HTML5&CSS3デザインブック」の書籍を近所の本屋で取り寄せて購入し、勉強を始めました。

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)

書籍購入

で、先日書いた記事でもお知らせさせて頂いたとおり、書籍を購入して勉強するのが手っ取り早いかな、と。

WordPress向けに購入したのはこちら!

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

この「WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書」はWordPressを自分の好みにカスタマイズするためにはどの様にしていったら良いのか、を細かく解説してくれている本です。
今月から読み始めて、実際に手を動かしながらソースコードを変更してサーバーにアップして確認して~、とかってやってるので遅々として進まないのですが

「WordPressってこういう作りになっているのか~♪」

というのが理解できて楽しいです(^-^)w

この書籍の中では、実際にテーマを自分で作り込んでいくのですが、単なるHTMLファイルとCSSさえあれば最低限のWordPressテーマが作れるのは面白かったです。

原則は以下の2ファイルがあればそこから作り込みが可能、と。
 index.html
 style.css

「index.html」は「index.php」にファイル名を変更するだけで良いですし、「style.css」はWordPress独自の書式で宣言が必要なのでそこはルールに沿って書く必要がありますが、まぁ難しくはないので。

普通に静的なHTMLファイルからWordPressのテーマを起こして行くことが可能なのは目から鱗でした(^-^)w

ファイル名から見てもらっても分かる様に、WordPressがPHPという開発言語ベースで作られているのも都合が良かったです。
ちょうど、私が昨年から勉強している開発言語がPHPだったので、PHPのソースコードを書くなら全然苦じゃないので進めやすいです(^^)v

あ、PHPも勉強しながらWordPressを進めたいという方には、下記の書籍がお勧めです。

PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)

PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)

私も昨年迷っていた時に多くのPHP開発者の方達からアドバイスを頂きまして、こちらの逆引きに便利な「PHP逆引きレシピ第2版」を教えてもらい購入しました。
今でも何か知らない関数を使いたい時には、この書籍でササッと調べて実装しています♪

で、WordPressの書籍はまだ内容が360ページある内の60ページ位まで進んだだけ(^o^;
まだまだ先は長いのですが、何とか今月中にこの本はプログラムも書きつつ読破して、頭の中にあるWebサイトを1つ作ってオープンさせてしまおうと計画中です(^-^)w

WordPressでやりたい事

イメージとしてはこんな感じです。

『PHPで自前で作った個別ページが多数あり、その個別ページを紹介するブログ記事がWordPress担当。かつブログ記事ページにも、ランダムに個別ページを紹介する画像とリンクが出てくる。個別ページのカテゴリ分けや、検索も行える。』

と。
データは一気にINSERT文でMySQLにブチ込んで、個別ページはそのデータベースを元に表示させます。

ただWordPressを勉強し始めてみると、そもそもの個別ページをWordPressのブログページとして作るのもありなのかな、という気もしてきています。
データ量が多いので1万~100万ページ位にはなるんですが、WordPressの記事のデータってSQLでINSERTしたりって出来るんでしょうかね?
それかCSVとかでインポートとかでも良いんですけど(^o^;

ってWordPressってインポート機能がありますね!
INSERTクエリを書かないで、インポート用の形式に合わせてデータを並び替えるだけで良いですか!!!

お!
これ結構良いアイデア何じゃないですかね?
今、思いつきました!

WordPressでガリガリWebサイトを作っている人からしたら

「何を今更そんな話。何周目だよ(。・ω・。)」

という話かもしれませんが、WordPress初心者の私にとってはビックリのアイデア!
あ、でも待てよ、個別ページとブログでの紹介ページを別に出来なくなっちゃいますか?
カテゴリ分けさえすれば出来るのかな?

それこそWordPressをブログ的に使わないでCMS的に使えば良いですかね?
うーん、この辺のイメージがまだ固まらないというか見えてきていないので、もう少し書籍を読み進める必要がありますね(^o^;

いずれにしてもこの書籍に沿って、index.phpをWordPressのテーマとしてガリガリ作り込んでいけば、自分自身で好きなようにWordPressをカスタマイズ出来る様になれそうなので、何とか突き進みます!

自分でサイトデザインさえ出来る様になってしまえば、後はもうWebサイトをドンドン作っていけば良いだけになるので、後の話は簡単になります♪
今は産みの苦しみを味わうべく、WordPressの勉強を頑張ります(^o^)/