マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ポケモンGOを利用した集客は「ポケモンGO広告サービス」か「ルアーモジュール(おこう)」で可能!

スポンサーリンク
あとで読む

ポケモンGOのビジネス利用

昨日2016年7月22日に日本でもリリースされた人気スマートフォンゲーム「Pokémon GO」(ポケモン ゴー)ですが、皆さんもう遊んでみましたか?
昨日は仕事帰りに車を運転する機会があり、歩行者にいつも以上に注意しながら運転しました。
いきなり車道にスマホ片手に人が出てくる恐れがありますからね(^-^;
ポケモンGOの事故が起きそうなパターンと対策は昨日の記事にまとめました。

ポケモンGOは日本国内でも多くのユーザーがダウンロードして遊び始めた様で、ニュースでも大きく取り上げられていました。
これだけ多くの人が遊び、かつ遊んでいる時間も長いスマホアプリは他に無いようで、このポケモンGOを集客に繋げたいビジネスマンは多いかと思います。
ポケモンGOを遊んでいる人達を集客できるなら、長時間店に滞在し楽しんでくれますから、飲食店や小売店などでは非常に魅力的なのではないでしょうか?

私も今日からポケモンGOを遊びだしたのですが、土曜日と言う事で間借りオフィスに出社しそこの会社の社長さんにポケモンGOのアプリを見せたら

「これビジネスに使えるね!」

との事。
確かに、「ポケスポット」と呼ばれるポケモンやアイテムが手に入る場所が自分のお店にあれば、放っておいても人の方から寄ってきてくれますからね(^-^)v

「どうやったらポケスポットにお店を登録できるか調べて!」

と依頼を受けたので調べてみる事に♪

ポケモンGOの集客方法

調べてみると、ポケモンGOの集客方法には2種類あるようです。

1.ポケストップ、ジム等の公式スポットになる
ポケストップ:ポケモンのタマゴやモンスターボール等を入手することができるスポットのこと
ジム:他のプレイヤーとバトル(ジムバトル)ができるスポットのこと。
ポケモンGOの広告サービスを利用することで、自分のお店や特定の場所をこれらゲーム公式スポットとして登録することができる。(広告サービス内容、スポンサーメニューは近日発表されるとのこと。日本ではマクドナルドがすでに提携しているのではと話題になっています)


2.ルアーモジュールを使う
ルアーモジュール:一定時間(30分間)その付近にポケモンを出現させるゲーム内アイテム
1個100ポケットコイン(120円)
基本的にはさきほどと紹介した公式スポットの場合と同じように集客してくれる。
現実世界の場所(座標)とゲーム内の要素をリンクさせて、ポケモンGOプレイヤーが集まりやすい場所にしてくれるということだ。


ポケモンGOを使った2つの集客方法 | ぼくらの勉強

ポケモンGOの広告サービスが近日発表されるという事で、有料でポケストップ(アイテムがもらえる)やジム(他プレイヤーとのバトル)に自分のお店を登録してもらう事が出来る様になるようです。

そしてこのポケモンGO広告を最初に使ったのがマクドナルド!
日本国内のマクドナルド2,900店舗がポケストップやジムになっている模様!

早速今朝マクドナルドでポケモンを捕まえた人もいるみたい(^^)v

そして昨今低迷しているマクドナルドにとってはポケモンGOは神風(かみかぜ)になるとの話も!


ポケモンGO、企業に商機=マクドナルドは客足期待―中古スマホに需要増も
大人気のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の日本配信は、関連企業にとって大きな商機となりそうだ。日本マクドナルドは国内約2900の全店舗がゲームを進める上で重要な場所である「ポケストップ」「ジム」になる。来店客が増えると見込まれ、ライバルの外食大手は「マクドナルドへの好影響は神風クラス」(中堅幹部)と指摘する。


ポケモンGO、企業に商機=マクドナルドは客足期待―中古スマホに需要増も (時事通信) - Yahoo!ニュース

との事で、ポケモンGOをする人が集う「ポケストップ」と「ジム」に店舗をする事で来客数の増加が見込まれています。

実際に今日のマクドナルドの様子はと言うと・・・

マック店内で50人もポケモンGOやってるんですか(^o^;

学生に子供だけじゃなくて、大人までもポケモンGOやっているんですね(^-^;

まずは大成功という感じでしょうかね(^-^)v

気軽に集客なら「おこう」

また先ほどの記事引用で「ルアーモジュール」となっていたのは、アメリカの大統領候補ヒラリー・クリントン氏が演説する公園で集客に使ったと言われているアイテムの事ですね(^-^)v
日本版ポケモンGOでは「おこう」という名前のアイテムになっています。
日本版ポケモンGOでも「ルアーモジュール」が存在します。

自分専用なら「おこう」

「おこう」はゲーム開始時点で最初から2個持っています。
f:id:MoneyReport:20160723133754j:plain

どの程度、ポケモンが手に入りやすくなるのか試してみましょう!
おこうを使います!!
f:id:MoneyReport:20160723223005j:plain

「おこう」を使うと自分のアバターの周りにピンク色の輪っか(?)みたいのが現れてクルクル自分の周りを回っています。
f:id:MoneyReport:20160723223014j:plain
そして「おこう」は30分間自分の周りにポケモンが現れやすくなります。
30分の時間制限は画面右上に表示されている時計で分かります。
上図の画像では「29:54」となっているのが、おこうの残時間です。
後29分54秒の間効果があるという事です。

「おこう」を使っていると30分の間にポケモンが8匹くらい出てきて捕まえる事が出来ました(^o^)v
結構効果がありますね!
この「おこう」のピンクの輪っかは他のポケモンGOユーザーからも見えるらしく、そのお香の輪っか目指して人が寄ってくるという事になります(^-^)v他のポケモンGOユーザーからは見えません(>_<)

札幌ではまだユーザーが少ないのか、私が歩いていても誰も特段寄ってきませんでした(^o^;

ただ、スマホ片手に歩いている時に、正面から見知らぬ小学生の女の子が歩いてきて

「こんにちは」

と声を掛けられました。

「あぁ、こんにちは」

と挨拶を返しましたが、すれ違ってからスマホを見るとおこうの輪っかとポケモンが通り過ぎて行くじゃないですか!
多分、その小学生の女の子もポケモンGOの「おこう」を使っていたみたいで、その子からも私の「おこう」の輪っかが見えていて

「あ、このオジサンもポケモントレーナーか挨拶しとこうかな」

と思って挨拶してくれたのかな、と(^o^;

人を集めたり出会いに繋げたりの効果がポケモンGOにはありそうです。

「おこう」の値段

ではこの「おこう」の値段を調べてみましょう。

ポケモンGOの「ショップ」を開くと「おこう」が売っています。
f:id:MoneyReport:20160723135244j:plain
値段が
1個:80ポケコイン
8個:500ポケコイン
25個:1,250ポケコイン
となっています。

「ポケコイン」て何でしょうね(^-^;
こちらもショップに売っていて日本円でポケコインを買えるようです。
f:id:MoneyReport:20160723135503j:plain
お値段は下記。
100ポケコイン:120円
550ポケコイン:600円
1,200ポケコイン:1,200円
2,500ポケコイン:2,400円
5,200ポケコイン:4,800円
14,500ポケコイン:11,800円

1,200円出して1,200ポケコイン分を買うのが妥当なのかな?
そうすると100円で100ポケコインもらえるので、「おこう」8個が500ポケコインで買えるので、1個62.5円程度になりますかね(^-^)v

「ルアーモジュール」の値段

続いて「ルアーモジュール」の値段も調べましょう!
f:id:MoneyReport:20160724155753j:plain
値段が
1個:100ポケコイン
8個:680ポケコイン
となっています。

ポケコインを買う時に1,200円出して1,200ポケコイン分を買うとすると・・・
1個:100円
8個:680円(1個あたり85円)

となりますね(^-^)v

「ルアーモジュール」1個100円で30分間のリアル集客!
1時間200円。
2時間400円。
8時間1,600円。
たったこれだけの出費でリアル店舗にお客を呼び集める事が出来てしまいます!

これを実際に使った集客もアメリカでは試されています。

米国の小売業の中には、ゲームの中で名前が出ることによって、リアルな客を大量に呼び込めるとことにもう気付いているところがある。「驚くほどの人数」と、ニューヨーク州クイーンズのロングアイランドシティーにあるL’Inizio Pizza Barのオーナー、Tom Lattanzioが、昨日New York Postに話した。Financial Timesの記事によると、このピザレストランは、店の場所にポケモンを誘い込むゲーム内パワーアップアイテムを10ドルで買って以来、売上が75%伸びた。


Pokémon Go、スポンサー付き場所で広告導入へ | TechCrunch Japan

ピザレストランが「ルアーモジュールおこう」を10ドル分使って売上が75%も上昇したとのこと!

リアル店舗を持っている店長さんや店舗経営者の方は、ポケモンGOの「ルアーモジュールおこう」を30分おきに使って僅か1日1,000円程度の広告費で多くの人を呼び込むことが出来そうですよ(^-^)v
ただ注意点としては「ルアーモジュールはポケストップでしか使えない」という制限があります(>_<)
近所にポケストップのある店舗では、これは使わない手はありませんね♪

以上、ポケモンGOを利用した集客は「ポケモンGO広告サービス」か「ルアーモジュールおこう」で可能という記事を書きました。