読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

iPhone7の一括0円はdocomo参戦しない?実質0円しか難しいようです

スマホ 日々のニュース 日本経済 特集 節約
スポンサーリンク
あとで読む

docomoの月額料金

docomoでiPhone7を持った場合の月額料金てどうなるのでしょうか?
docomoオンラインショップで確認してみます。
他社で一括0円対象となっている「iPhone7 32GB」を対象に見てみましょう。

f:id:MoneyReport:20170309143221j:plain
iPhone料金シミュレーション | iPhone | NTTドコモ

まぁ最低限のセットを選んでみます。

iPhoneを選ぶ iPhone 7
容量を選ぶ 32GB
契約形態 他社からのお乗りかえ(MNP)
基本料金 カケホーダイライトプラン(5分通話無料)
2年間の定期契約あり:1,700円
パケットパック データSパック(小容量)(2GB):3,500円
インターネット接続サービス spモード:300円
機種代金 24か月分割の場合
分割支払額 3,429円/月(税込)
(分割支払総額:82,296円)
月々サポート -2,781円/月(税込)
下取りプログラム
(他社からお乗りかえ(MNP)の場合)
iPhone6S Plus
機種代金から-30,000円(税込)
割引キャンペーン なし
利用料金 + 機種代金 + 割引 5,338円/月(税込)

iPhone7の32GBの本体代金が82,296円なので、月額3,429円かかり、そこから月々サポートで2,781円割り引いてくれますから

 3,429円 - 2,781円 = 648円

となって、本体代金が月額648円で最新のiPhone7が手に入る計算になります。

で、それ以外の毎月の維持費がポイントかと。
合計金額5,338円から本体代金648円を引いた分が月のスマホ通信費になるかと。

 5,338円 - 648円 = 4,690円

となって、月に2GBの高速通信データ量で5分間無料通話が付いて4,690円となります。
これが2年経過して本体代金の支払いが済んだ後の料金になります。
あ、下取りした分が月額から少し値引きされていますから、その値引きが消えるので差額を出しておくと1,250円となります。(シミュレーションから下取り外すと合計6,588円/月になるので差し引き)

 4,690円 + 1,250円 = 5,940円

となって、月額5,940円も通信費に掛かりますね(^-^;

これを2年後にMVNOに移行するとしたら、幾らになるでしょうか?

docomo系MVNOだと月額いくら?

MVNOでは3GBが主流なので2GBではなく、3GBで最安値を探します。
自前のWebサービスで最安値を比較します。

3GB 音声通話SIM 最安値1,490円 DTI SIM
MVNO比較一覧 | マネー報道 Webサービス

というわけで、DTI SIMの3GBが最安値かな?
3GBの高速データ通信量が付いて、音声通話が可能で月額1,490円

これに5分間の音声通話定額サービスを付けてみると・・・

でんわかけ放題
780円/月
5分以内の通話なら、何度でもかけ放題となるオプションサービスです。


DTI SIM | 780円/月で5分以内の通話が何度でも無料の「DTI SIM でんわかけ放題」:【dream.jp】

との事で、月額780円で5分間の通話が掛け放題になります。

 3GB音声通話 1,490円 + 5分でんわかけ放題 780円 = 2,270円

となりまして、MVNOなら月額2,270円でdocomoと同等のサービスを受ける事が出来ます
docomoでの同等サービスが月額5,940円ですから、ほぼ三分の一の価格で利用可能です(^-^)v
本体代金を支払い後はMVNOの利用も計画した方が安く済みそうですね。

docomoでiPhone7一括0円

で、話が長くなりましたがiPhone7の一括0円案件を探してみましょう。
今回は皆さんが一番乗り換えたい先であろうdocomoを調べます。

docomoでもiPhone7の一括0円やっていました~!!!

と、思ったのですがよくよく読むとiPhone7は「一括大特価」と書かれているだけ。
iPhoneSEやXperiaXZが一括0円なだけで、iPhone7は一括0円ではないもよう(-_-;
ウムム分かりづらい。


もう少し探してみると・・・

iPhone7でdocomoに一度に2台MNPで一括0円になる案件があったとのこと!
しかし東京都埼玉で電話で交渉してようやく得られた話らしく、普通に店頭に出向いても一括0円にはならなそうな気配。
うーむ。


他に一括0円は・・・

あった!
ってiPhoneSEとiPhone6sが一括0円というだけでした~(T_T)


一括0円でもうひと探しすると・・・

やっぱりdocomoだとiPhone6sが一括ゼロ円というだけですねぇ。

あれー、docomoでiPhone7の一括0円は厳しいのかなぁ(;_;)

docomoではiPhone7は実質0円

f:id:MoneyReport:20170309143829j:plain
色々と探してみた感じでは、日曜日とかに限定でiPhone7が一括0円になっていたdocomoショップのツイートもありましたが、期間過ぎた後はすぐに消されていて、2017年3月9日現在は見られない状況。
なので、現在分かっている情報から見ていきましょう。

iPhone7の32GBがMNPで実質0円と。
実質0円と一括0円では天と地ほどの価格差がありますから、それほどオススメできませんねぇ(-_-;


こちらもiPhone7が実質0円。

違うのはMNPだけじゃなくて新規でも実質0円でiPhone7を入手可能ということ。


こちらは一括価格が明示されています。

もちろん一括0円なんかじゃなくて、iPhone7にMNPで32GBが一括30,000円、128GBが一括40,000円となっています。
でもまぁ、一括価格を表示してくれているだけ良心的と言えると思います(^-^)v


128GBのiPhone7が!

実質0円!
うーむ。

一括0円と実質0円の差異

先程普通に話題に出した実質0円のiPhone7の件ですが、一括0円も実質0円もどちらも0円となっているので大きな差はないように感じるかもしれませんが、実際の価格差は凄い物があります。

一括0円本当に本体代金が0円で、すぐに解約しても本体代金はその後も請求されません。
実質0円本体代金が24回の分割支払で、月々サポートなどの値引きで月々の本体支払いがトントンになるというだけで、途中で解約すると本体代金の残債分を一括請求されます。


要は途中で解約したり、他社に移ったりしようとするととんでもなく高くつくのが実質0円で、途中でも自由に解約やMNPが出来るのが一括0円なんです。

2年間はdocomoで使う覚悟がない場合には実質0円は結構高くつくので注意が必要です。

2017年3月11日(土)のdocomoのiPhone7一括0円情報!

3月の2回目の週末を迎えました。
土日はスマホはかなりの値引きが期待できますから、docomoでもiPhone7の一括0円が出てきていないでしょうか?
チェックしてみましょう!

iPhone7とiPhone7Plus。

iPhone7とiPhone7PlusがMNPで一括驚愕価格になるようです。
一括驚愕価格っていったい幾らなんでしょう(^o^;
auがiPhone7は一括0円をやっていますから、docomoでも土日なら一括0円になるかなぁ?
まぁ、iPhone7Plusは一括0円は一切見かけませんから、お金を払う前提で。


禁断のリンゴ!

うたい文句の「禁断の【リンゴ】始まります」が面白いですね(^^)v
iPhone7 32GBが一括 32,000円になります。
まぁ、2年間使うとすると48カ月で割れば、月額1,000円以下になりますから安い方かと。


月サポ金額を明示!

https://twitter.com/ds_matsudo/status/840393933213454336
(2017/3/12現在、ツイートが削除されています)

#3月11日限定 残り2台!#iPhone7 #7plus月サポ66,744円付き!#docomo下取りも可【価格】#一括 #特価 #限界挑戦【条件】#MNP #mnp #有コン無条件詳細は電話にて、金額限界まで!0473672846#千葉 #au #SB

3月11日限定でiPhone7とiPhone7plusの月サポが66,744円になるとのこと。
iPhone7の本体代金が8万円ほどになりますから、

 80,000円 - 66,744円 = 13,256円

となって、iPhone7が13,000円ほどで購入可能になるようです。


価格は「お問合せください」。

iPhone7の全容量(32GB、128GB、256GB)が新規・MNPで一括特価に!
気になる価格は「お問い合わせください」との事なので、知りたい方は電話してみましょう(^-^)v
今年はSoftBankとdocomoは

「電話してね、そしたら値段おしえるから!」

という店舗が多いですね(^-^;

docomoの月々サポートとは

先程、出てきた月サポを調べてみましょう。

月々サポート
・ご利用金額から月々割引
ご購入の機種に応じた月々サポート適用金額を毎月のご利用料金から割引きます。


月々サポート | 料金・割引 | NTTドコモ

との事で、月サポとは「月々サポート」の略称のようです。
この月々サポートは、月によってや対象スマホの販売からの期間により、結構な金額が変動しますので、気になるスマホの月々サポート代金は毎月チェックしてお得な月に買い替えるのが良いと思います。

もちろん、3月は月々サポートは増額されていますので、乗り換えるには丁度良い時期になります。
逆に4月になると月々サポート金額は激減しますので、要注意です(^-^;

2017年3月12日(日)docomoのiPhone7一括0円情報

日曜日限定の割引とかもあるので、本日もチェックしていきましょう。

https://twitter.com/goodrun_shop/status/840513399742128130
(2017/3/18現在、ツイートが削除されています)


#メッチャ安キャンペーン実施中‼さらに値下げしました#docomo #MNP #iphone7 128GB本体一括6,800円詳しくはブログをご覧ください→https://t.co/nXAsRJNxTh 042(533)5380#ドコモ #アイフォン #東京

docomoにMNPすると、iPhone7の128GBが一括6,800円
一括0円まではいかない様ですが、それでも大容量のiPhone7が安く手に入るのは嬉しいですよね(^-^)v


次は新規に機種変更も対象と。

通常はMNPの場合のみ割り引かれる事が多いのですが、こちらのお店では新規や機種変更でもiPhone7の割引が受けられるとのこと。
価格はお電話で確認になりますね。
今年はこのパターンが本当に多いですね(^o^;

2017年3月18日(土)docomoのiPhone7一括0円情報

docomoのiPhone7の一括価格をチェックしてみましょう!

iPhone7 128GBが一括限界価格。
っていくらなんでしょうね(^o^;?
docomoは一括0円をネット上では公開しませんので、電話をして確認しましょう。


iPhone7 128GBが一括6,800円!

こちらは価格は明示。
一括6,800円
128GBという中容量モデルなので、なかなかお買い得なのではないでしょうか(^-^)v

まとめ

2017年3月現在では、docomoではiPhone7は普通に見つかるものでは実質0円しかない状況ですねぇ。
ごく短時間Twitterで土日にiPhone7が一括0円で出たりするようですが、すぐにツイート自体が削除されて後追いできない状況なので、土日に気合を入れて「iPhone7 一括0円 docomo」とかでTwitterで探すしか一括0円でiPhone7を入手できる可能性はなさそうです。

iPhone7 一括0円 docomo - Twitter Search

まぁ「2年間はdocomoでiPhone7を使いますよ」という方は、実質0円でもそこそこ安く使う事はできますから、2年後にMVNOにMNPするなどして月額料金を安く維持する方法を検討しながら使いましょう。