マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

GoogleAdSenseで「ギャンブル、くじ」広告を貼った結果

スポンサーリンク
あとで読む

制限付きのカテゴリ

GoogleAdSenseを導入されているブロガーさんやWebサイト運営者の方は多いかと思いますが、先日気になる案内がきました。

f:id:MoneyReport:20150929071349j:plain

1 週間の収益が最大 5%(¥---)増加することが予測されます。
現在、[ギャンブル、くじ] カテゴリの広告表示が設定されていません。このカテゴリの広告は、AdSense のコンテンツ ガイドラインに違反していません。

で、収益が5%程度上昇しますよ、との事だったので実際に導入してみました!
導入への経緯が下記の記事です。

moneyreport.hatenablog.com

「ギャンブル、くじ」というカテゴリで18歳未満には見せてはいけない広告らしく

「あなたのブログには18歳未満は来ないですね?良いですね?」

と念を押されるのがなかなかリスキーに感じます(-_-;
ですがまぁGoogle先生の方からのご案内ですし、「まぁ悪くはしないから安心しなよ」と言ってくれているので実際に導入してみました。

そして気になっている方もいた様なので実際に導入してみてどうだったのか?の結果を、10日ほど経過しましたのでお知らせさせて頂こうと思います(^^)/

導入時期

導入したのが2015/09/29です。
9/29は途中からの導入となったので、計測結果からは除外します。
9/30~10/09までの10日間と、その導入以前の10日間(9/19~9/28)で比較したいと思います。

ただしGoogle垢BAN祭は継続中の様ですので、実際の詳細な数値は伏せさせて頂きます(^-^;

比較期間(10日間):9/19~9/28(導入前)、9/30~10/09(導入後)
比較内容:ページビュー、表示回数、クリック数、見積もり収益額、クリック単価

比較した表は下記。

f:id:MoneyReport:20151010085150j:plain

導入前の10日間をベースに、導入後の10日間の数値をパーセンテージ(%)で表示しました。

 ページビュー:91%
 表示回数:90%
 クリック数:82%
 見積もり収益額:78%

数値を見て頂くと分かるとおり、PVが9%程度下落しています。
iPhone6s発売日が導入前期間10日間に含まれているため通常よりもPVが多かったためです。
その期間との比較になったため導入後の10日間はPVが落ちています。

PVが落ちれば表示回数も減りますし、クリック数も下がります。
全体金額となる見積もり収益額も下がりますねぇ。
なので厳密な比較とはなりません。

ただし

 見積もり収益額 ÷ クリック数 = クリック単価

についてはPVの増減の影響を受けにくいため、比較対照としては良いのかな、と。
で実際のクリック単価比は・・・

 クリック単価:94%

となりまして、導入前10日間の方が高く、導入後10日間の方が低い結果となりました。

 クリック単価は6%減!

収益が下落する?

あれ?
何か変ですね(^^;
今回のGoogle先生のアドバイスによれば

 1週間の収益が最大5%増加する事が予測されます。

との事でしたが、実際には収益は下がってしまいました。
どうして収益が上昇するはずが、収益が下落してしまったのでしょうか?

考えられる原因は沢山あります。

【収益下落の原因】

  1. 9月は上期決算月で広告費は高め。10月は決算月明けで広告費は低め。
  2. 月の内、前半と後半では後半の方が広告費は高め。
  3. 導入前10日間は土日が4回、導入後10日間は土日が2回。土日は広告費は高め。


と言ったのが一般的に言われる事が影響しているのが考えられます。
細かく見てみましょう。

1.9月は上期決算月で広告費は高め。10月は決算月明けで広告費は低め。

特に最初に挙げた9月と10月の企業が投入する広告費は全然違うため、ガクンと下がる事が往々にしてあります。
3月と4月では広告収入が半分くらいに落ち込んだブロガーさんも多かったのではないでしょうか。
9月と10月も、3月と4月の差ほどは大きくないですが、企業が広告費を絞る傾向にありますので、この影響はモロに受けてしまうと思います。

2.月の内、前半と後半では後半の方が広告費は高め。

これもよく言われている事ですが、月初よりも月末の方が月末締めがあるため広告費が高めになります。
また給料日が25日のサラリーマンが多いため、25日から末日に掛けては羽振りが普段より良い傾向にあるため、ここを狙って広告を打ってくる企業も多いのかな、と思います。

3.導入前10日間は土日が4回、導入後10日間は土日が2回。土日は広告費は高め。

また土日と平日では土日の方が広告費を投入するする企業が多いので、土日は平日の1.2倍程度の収益になっています。
導入前と導入後の比較で土日の入った回数に差があるため、正直これだけでも大きな差になるので、導入後の数値が低いのはやむを得ないかな、と(^^;


と言う事でここまで見てきた原因を総括すると・・・

「ギャンブル、くじ」広告導入の影響はほとんど無かったんじゃないか?

と思われます。

実際の数値

で、実際の制限付きのカテゴリの「ギャンブル、くじ(18 歳以上)」の広告費全体に占める割合が下記です。

f:id:MoneyReport:20151010084841j:plain

表示回数は0.1%で収益額は0.0%でした。

ほとんど広告表示されてないやん(^o^;

というわけで、ブログやWebサイトにもよるかと思いますが、私の様なマネー系のブログであっても「ギャンブル、くじ」カテゴリ広告はほとんど配信されないため、ほぼ影響がないと言えます。

ご報告まで(^^)w

AX