マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

フリーランスのお仕事と単価

スポンサーリンク
あとで読む

独立直後

フリーランスになって丸々5ヶ月が過ぎました。
この駆け抜けた5ヶ月をちょっと振り返りたいと思います。
主に、フリーランスの仕事と、仕事の単価のお話です。

今年の2015/04/01に独立してフリーランスになりました。
独立前から取り組んでいたWebサイトの収益がメインの収益源ではあるのですが、それだけだと食べていくのに不安なのもあり、外の仕事も引き受ける事にしました。

投資でもよく言うじゃないですか

同じ籠に卵は入れるな

と。
同じカゴに卵をたくさん入れておいて、何かの拍子にそのカゴを落としてしまえば全部の卵が割れてしまう、と。
だから卵は別々のカゴに入れておけば、全部が一度に割れることはない、と。

1つの投資対象にのみ投資資金を集めておくと、その投資対象が暴落した時に全ての資産を失う恐れがあるから「分散投資をしなさい」という格言です。

私自身の収入源もこの考えに沿って、分散させようと考えていました。
1つのWebサイトに頼った収益源では、その収益を失った(Google八分に遭うなど)時に途端に食べられなくなってしまいます。
そうならないために、きちんと外の仕事も受けて別の収入源も確保したいという思いがありました。

それで独立2ヶ月目の5月からは外の仕事、ネット上の付き合いではないリアルな付き合いの一般の会社の仕事を引き受けて取り組みました。
ところがここで最初のミスを犯します。
1社の仕事だけを引き受ければ良かったのです。
それを

「フリーランスになって仕事時間の自由が出来たから、もっとたくさん仕事が出来るはず」

と思い違いをして3社もの仕事を同時に引き受けてしまいました(-_-;
1件は小さい案件だったので、すぐに完結したのですが、後2件が大きな案件で手に余る事態となりました・・・。

f:id:MoneyReport:20150902095156j:plain

ネットショップ作成

ネットショップ作成は学生時代の友人が社長をやっている会社で、そこが新規に作るネットショップのスタートアップを引き受けました。
こちらの会社は順調に売り上げを伸ばして順風満帆の会社という事もあり、仕事の単価も高く設定してくれ非常にやりがいのある仕事でした。

当初12月までにネットショップを開店予定でしたが、幸い8月下旬にはオープンさせる事が出来ました。
こちらは開店後に作業代金を一括で支払う契約になっていましたが、顧客の方から

「お金は早めにあった方が良いだろうから」

と先方から言ってくれまして、7月途中までの作業代金を先に振り込んでくれました。
また先月末に残りの代金も振り込んで頂きまして、無事に作業が完結しました。

今後はこちらのネットショップの運用サポートも依頼される事になりまして、「月額幾ら」という形で定額での運用・保守の「準委任契約」をする事になりました。
こちらも私からすると毎月の固定収入として計算できるので非常に有り難いお仕事です(*^-^*)w

きちんと対応させてもらって売れるネットショップに出来る様にサポートさせてもらいます!

長期開発案件

他にもう1件受けているのが、長期に渡る開発案件です。
こちらが実は困っています(-_-;

元々懇意にして頂いていた方からのお仕事で、引き受けたのですがこれがきつい。

「フリーランスで独立したてで仕事が選べる訳じゃないから」

と割り切って仕事を引き受けたのですが、単価が安過ぎて作業すればするほど赤字になるというか、ものスゴい作業時間を取られるので全然割に合わないんです(>_<)
金額は決まっているのに、それに費やす時間ばかりが長く必要で、やればやるほど他の作業に回す時間が削られてしまい、他のきちんと利益の出る仕事に回す時間が無くなっていきます・・・

時間の使い方

独立当初は

「フリーランスになって仕事時間を自由にする事が出来るから、ドンドン仕事が出来るぞ!」

と思っていましたが、そうでもない事を先日記事に書きました。

思い描いていたほど仕事時間が確保できなくて、自分の想定していた仕事時間では全然足りなくて、もっと仕事時間を作らないと仕事がきちんと回せない状態になってしまいました(>_<)

「外の仕事も受けつつ、自分の企画の新しいWebサイト立ち上げもする!」

と目標を立てていたのですが、自分の企画に回す時間なんて全然なくて、外の仕事を回すのに精一杯(-_-;
しかも単価が安く、やればやるほど

「いったい俺は誰のために働いているんだ・・・」

という想いがドンドン湧いてきます。
特に単価の高い仕事をしている時と、この単価の安い仕事をする時とでモチベーションが全然違って、頭を切り替えるのがきついです。

「俺は何でこんな安い単価で労働を強いられているんだ・・・」

と。
途中で投げ出してしまいたくもなりますが、懇意にして頂いていた方の仕事なのできちんと最後まではやり遂げたいと思いますが、もう次はないかなという思いです。

仕事の単価

「何だってさっきからワガママ言ってるんだよ。その単価で契約したのお前なんだから、最後まできちっとやれよ!」

と読んでいる方は思われるかもしれません。
もちろん仰るとおりで、悪いのは安過ぎる単価で契約をしてしまった私自身です。
自分で自分を安売りしたんです。

ここ最近思うのは、自分が企画している新しいWebサイトとの比較です。
これまでに幾つもアイデアを温めてきてあって、特にこれまでに作った事のあるWebサイトと似た形のものは大体1ヶ月もあれば作る事が出来ます。
そして収益見通しも見えていて、従来のWebサイトの経験から作って1~2ヶ月で5万円程度の収益を毎月あげてくれる様になるのが計算できます。
1ヶ月に1サイトずつWebサイトを立ち上げていって、順調に収益化が進めばあっという間に黒字どころか余裕資金もできて、生活も楽になりますし、仕事のためにお金を使う(経費を使う)事も出来ます。
現在苦労してやっている作業も外注化して、作業負担を減らすことが出来れば、もっと仕事時間自体も減らす事が可能になってきます。

そんな自分自身のWebサイト向けの仕事をする時間は取れず、安い単価の仕事をまだ後数ヶ月は続けなければいけないとなれば、あなた虚しくなりませんか?

「自分の企画の仕事をやった方が儲かっていて、人の仕事を受けたばかりに困窮してしまう・・・」

という何とも言えない状況に陥っています(T_T)
もちろん、全部私のミスです。

分散投資

一度引き受けた以上は最後までは突っ走ります!
途中で投げ出すのは顧客に失礼ですし、私自身の信用を失う事になってしまう話なので。

ただ今後、外の仕事を受ける場合にはきちんと単価交渉をして、高い単価の仕事しか引き受けない様にしようと思っています。

安過ぎる仕事は断る!
自分自身の安売りはしない!

この方針を守って、進めていきたいと思っています。


投資でも同様の事が言えるのを忘れていました。

「同じ籠に卵は入れるな。しかしそれは卵が増えてからの話だ。」

という後ろの部分です。
投資だってたかだか10万円程度しか持っていないなら、株なりFXなり得意の投資で一気に増やすのが得策です。
10万円を「株だけだと急落時に危ないから分散投資だ!」と言って、株式、投資信託、FXと分散した所でほとんど意味はありません。

まずは増やして、1,000万円なりまとまったお金が出来てきて初めて分散投資をする事で、株価の急落でも他の投資が補ってくれたり、円高になっても海外資産を持っている事で補えたりする訳です。
それを少額しか資金がない時にやっても無駄です。

私の仕事も一緒。

「私は何の仕事で食べていける様になったんだ?」

と。
Webサイトがうまくいって食べれる様になったんでしょ?なら、もっとそのWebサイトに注力して稼がなきゃ!
自分の得意な事でまずは稼ぎまくって、月収100万なりを越えていって初めて

「Webサイトの収益だけじゃ危ないから、他の収益も得られる様にしよう!」

と収益の分散化を考え実行に移すべきでした。
そんな食べれるかどうかも怪しい状態で、外の仕事を引き受けて「収益の分散化するぞ!」なんて言っている場合ではなかったのです。

これがフリーランスとして5ヶ月経った私自身の実感であり反省です。