読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

WordPressのカスタム投稿タイプを使えば大抵のことが出来るらしい!

スポンサーリンク
あとで読む

勉強中

現在WordPressを猛勉強中のマネー報道著者です(^-^;

「何を今更WordPress?」

と思われるかもしれませんが、ブログとして使いたい訳ではなくてWebサイトの構築ベースとしてWoredPressを使いたいな、と。
要はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)としてWordPressを使いたいと言う話です。

前回の検討時はWordPressに独自のPHPを組み込んで開発することを考えました。

しかし、本日WordPressの機能を調べていたら「カスタム投稿タイプ」という機能がWordPressにはあるようで、カスタム投稿タイプを使うと大抵のWebサイトはWordPressとプラグインを使うだけで構築できてしまう事が分かってきました!(←ワードプレスを使いこなしている人には怒られそうですね。「当たり前じゃ!」って(^o^;)

WordPressのカスタム投稿タイプについて本日は見ていきましょう(^-^)/

カスタム投稿タイプ

さてこの「カスタム投稿タイプ」とは何でしょうか?
まぁ読んで字の如くで「個別にカスタマイズ可能な投稿種類」となります。

WordPressには通常のブログの投稿となる「記事投稿」と、個別のHTMLページを作ってアップする「固定ページ」があります。
普通にブログとしてWordPressを使うだけなら記事投稿固定ページの2つで充分なのですが、記事とは違った形でカスタマイズしたページを投稿したい時に「カスタム投稿」を行います。

カスタム投稿は記事投稿と固定ページの中間的な立ち位置で、「記事のように簡単に投稿できて、それでいてページの表示の自由度が高い」という特徴を持ちます。
実際のWebサイトで言うとそれぞれの使い分けは下記のようになったりするそうです。

【一般のWebサイトの各投稿の使い分け例】
記事投稿  :日記、お知らせ
固定ページ :サイトマップ、アクセスMAP
カスタム投稿:メインコンテンツ(商品紹介や企業戦略紹介等)


てっきり、WordPressを使ってWebサイトを作る時には、記事投稿がメインコンテンツになるものとばかり思っていたので、カスタム投稿こそがメインコンテンツになるというのは今日調べていた中でもかなり驚きました(^o^;

カスタムフィールドとカスタムタクソノミー

全然知らない単語も出てきました。
「カスタムフィールド」と「カスタムタクソノミー」という聞き慣れない言葉。
カスタムフィールドはまだ良いですけど、カスタムタクソノミーって一体全体何なのか想像すら付かない名前してますね(^o^;

カスタムフィールドとはカスタム投稿タイプの入力項目を増やす事が出きるフィールドを指すそうです。
記事本文だけじゃなくて、商品紹介なら「価格」や「サイズ」、「仕様」等を書く専用の項目を作る事ができて、そのフォーマットに沿ったカスタム投稿をする事が出きるようになります。

カスタムタクソノミーは独自のカテゴリーやタグを作成する事が出きるそうです。
ただこれは一通り説明を読みましたけど、よく分かりませんでした(^o^;
この辺はもう少し使ってから再度解説を書くことが出来ればと思います。

まとめ

いずれにしてもカスタム投稿タイプ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミーを使いこなせば、私が独自に組もうと思っていたPHP部分をWordPressに任せる事ができそうなのが分かったのが大きな収穫でした!
この辺のカスタム関係をきっちりと理解して作り込めば、私の要件は満たす事が出来るので、PHPで独自に組む作業を減らす事が出来ます(^-^)w

Webサイトもどんどん作っていきたいので手間が減るのは大歓迎です♪

WordPressのカスタム投稿タイプ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミーを使いこなせる様に頑張ります(^-^)/

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)