マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

Windows 10 Insider Preview版の使用期限が来ない!?何故動いてる?

スポンサーリンク
あとで読む

Windows10プレビュー版

Windows10が2015/07/29発売されて2ヶ月半が経過しました。
Windows10を狙っていた人は既にWindows10に乗り換えられたり、新しいWindows10が最初からインストールされたパソコンを購入された事と思います。

私はと言いますと、開発のメインマシンに使っているマウスコンピューターのデスクトップパソコンはWindows8.1のままです。
早くWindows10にアップしたいのですが、現在の開発が一段落しないとアップグレードでトラブルがあって開発マシンが使えなくなると洒落にならないので見送っています(^-^;

続いてノマド専用機のMacBookAirにBootCamp使ってWindows10 プレビュー版をインストールしていました。
「いました」という過去形なのはWindows10発売時に、プレビュー版をWindowsProにアップグレードしたからです。
なので現在はWindows10ProがMacBookAirにはインストールされています。

「Windows Insider Program」を利用していますが、オプトアウトというものを行うと、無償版のWindows10プレビュー版がWindows10Proに化けるという事で試したのが下記記事。

その後もずっとWindows10Proを使っています。

しかしTwitterにて

「Windows10プレビュー版からWindows10Proにした人は、そのうち試用期限が切れるよ」

と教えて頂きました。
そのやりとりは下記記事にてまとめています。

ビルド番号 有効期限の警告開始 ライセンスの有効期限 Windows の起動停止
9841 2015/4/2 2015/4/15 2015/4/30
10049 2015/9/17 2015/10/1 2015/10/15


この表で見ますとWindows10プレビュー版のBuild 10049で2015/9/17から警告が出始めて、2015/10/1からは起動して3時間毎に再起動が掛かる様になり、2015/10/15でWindowsが起動しなくなる様ですね~(T_T)
Build 9926からその期限が変わっていませんから、最新Build 10240も上記の期間で使えなくなると考えるのが自然ですね~。
なるほど、だからWindows10プレビュー版の有効期限が2015/9/17まで、との事なんですね!


Windows10の有効期限は2015/9/17まで?Insider Previewは2015/10/15に起動しなくなる!? - マネー報道 MoneyReport

と、言うことで表にあるとおり

「有効期限の警告開始」が2015/9/17に始まり、「ライセンスの有効期限」が2015/10/1で切れて、「Windows」の起動停止」が明日2015/10/15となっています。

私のWindows10Pro(元Windows10プレビュー版)もこれに該当するはずです。

ところが実際には、まだまだ動くんです!
というか9/17以降にも何のメッセージも表示されませんし、10/1を過ぎても「起動していたら3時間ごとに再起動されてしまう」なんて事も発生していません。

何故でしょう?
理由はよく分かりませんが、ライセンスは認証されたままだ問題なさげ。

f:id:MoneyReport:20151014160729j:plain

上記のスクリーンショットは今日撮りましたけど、ライセンスが認証されたままです。
コントロールパネルから見えるシステムだって、ライセンス認証されたまま。

f:id:MoneyReport:20151014160738j:plain

この状況だと、多分明日も問題なく動くと思うんですよね~(^O^;

ラッキー♪

他の方の反応

他にもWindows10プレビュー版のオプトアウトした方の追跡をしてみましょう!
Twitterではオプトアウトの寿命を迎える起動をされていますね。

この後のツイートを追うと、Windows10のスクリーンショットが出てきているので、こちらの方も使えているのかな、と。
まぁ明日以降は分かりませんが(^-^;

で、以前の記事でもチェックしたマイクロソフトコミュニティでも話題になっていないかチェックしてみます(^^)/

Windows 10 Insider Preview 版から製品版へ移行を行いたいのですが、マイクロソフトサポートに聞いてもよくわからず、再度問合せをする前にコミュニティを検索していると下記のディスカッションがありました。


Windows 10 Insider Preview 版から製品版へ切り替える方法


上記の方法に従い、順番に行い結果[Insiderビルドの入手] が [開始する] に切り替わったことを確認出来たわけですが、再起動時に下記のように警告が表示されます。


「このWindowsビルドは間もなく期限切れとなります。お使いのWindowsビルドは2015/10/01に期限切れとなります。PCは数時間ごとに再起動されます。詳しくはオンラインで確認してください。」


製品版に切り替わっていないために上記の警告が発生していると思いますが、この方法は正しいのでしょうか。また、この方法でできない場合Windows8.1に戻して再度入れ直すほかはないのでしょうか。


以前、Internet WatchでMS公式ブログの説明が載っており下記の通り説明されていたので、Windows8.1を再インストールしなくてもできると思っているのですが...


「ISOイメージからクリーンインストールしたWindows 10 Insider Previewでも、Windows 10正式版に無償アップグレード可能であることが示された。ただし、Windows 8.1/7の正規ライセンスを所有しており、Insider Program登録時のMicrosoftアカウントと関連付けたPCという条件が付く。」


Windows 10 Insider Preview 版から製品版へ切り替える - マイクロソフト・コミュニティ

おお!
Windows10プレビュー版をオプトアウトしたのに、「期限が切れるよ~」のメッセージが出てきて困っている方がいる!
やっぱり本来はメッセージが出るみたいですね。

上記の方はその後、Windows8.1をクリーンインストールで入れ直し、WindowsUpdateを行った上でWindows10正規版ISOイメージを入れてWindows10にアップグレードしたそうです。

やはり、世の中Windows10プレビュー版は明日2015/10/15で期限が切れそうです。

果たして私のMacBookAirは明日起動するでしょうか(^o^;?

AX