読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

WiMAX事業者は日本では一社のみ!他社は全てMVNO!?

スポンサーリンク
あとで読む

WiMAXのクチコミ

今週はWiMAXについて調べて書いています。
ブロガーさんからの依頼で

「WiMAXってどうなんですかね?」

との事で調べ始めたのですが、よくよくもらったDMを見てみたら

「現状GMOの無印WiMAXを使っています。意外と使えて良いです。コストや速度などで良い所はありますか?」

と、書かれている!?
WiMAX現状で使っているんですね(^-^;
だったら私よりもよほど詳しいのでは・・・。

まぁWiMAXに対するクチコミを前回の記事でまとめたのですが、皆さん「案外使えるよ」とのご意見もありました。

ただし、旧WiMAXとなる無印WiMAX(WiMAX2+じゃないもの)は、ドンドン回線が絞られている真っ最中の様で「激遅で使えない(>_<)」とのコメントが多かったです。

多数のクチコミを読んだ感じでは、結局のところ使い方の問題なのかな、と思った次第です。

「固定回線代わりにゲームも動画もバンバン使いたい!」

という人には全然向かないですし、

「家でも出先でもノートパソコンでWebを見たりメールチェックしたりをしたい♪」

という程度の要望であれば充分WiMAXでも要望を満たせるのかな、と思います。

またWiMAXが良いのは、データ通信専用に持ち運んで使えるためバッテリーのもちが良い所かな、と。
スマホのテザリング利用の場合には

「テザリングしてたらスマホのバッテリーが無くなって困った(>_<)」

という事が発生しかねませんが、WiMAXの場合には専用のモバイルルーターを持ち歩くので、スマホのバッテリーを消費しないでパソコン作業が出来ますので便利かな、と。

f:id:MoneyReport:20151124132530j:plain

WiMAX事業者

で、現状WiMAXのサービス提供を行っている事業者はどのくらいあるのでしょうか?

WiMAX 日本での事業者
UQコミュニケーションズ(IEEE 802.16e)


WiMAX - Wikipedia

ほへ?
UQコミュニケーションズだけ!?
WiMAX事業者って日本で一社しかないんですか!?

あれ、でもいっぱい名前は見かけましたよ、WiMAXについて調べている中で。
一番多いのは「UQ WiMAX」でしたけど「BIC WiMAX」やら「BIGLOBE WiMAX」やら。
なんで?

調べてみると・・・

主なWiMAX提供会社
UQコミュニケーションズは、WiMAXネットワークをMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)に開放しています。そのため、様々なサービス事業者が多彩なWiMAXサービスを提供しています。
それぞれのサービス内容、ご利用いただける製品等については、各サービス事業者にお問い合わせください。


主なWiMAX提供会社|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

なーるほど!
携帯電話回線のMVNOはよく聞きますよね。IIJmioだぷららモバイルLTEだと。
携帯回線網だとdocomoとauが色んな会社に回線を貸し出すことで、MVNOサービスが提供されています。

これと同じように、WiMAXの無線通信回線を色んな会社に貸し出すことで、WiMAXのMVNO事業者が乱立している訳ですね!

あぁ、これは合点がいきました!
WiMAXもMVNOで多くの事業者がサービス提供していて、そのサービスに差が出ているという状況なんですね、きっと。

しかも大元のサービス事業者がUQ WiMAXなんですから、一番速度が出て安定した通信環境を提供してくれるのは当然UQ WiMAXになりますよね。
docomoだってdocomoの回線が1番速度が出るし安定しています。
MVNOは同じ場所で計測してもdocomoよりも速度が劣る事が多いです(-_-;
回線速度や回線品質を取るなら高いけど「やっぱりdocomo!」になるのと同様に、WiMAXで安定した回線速度や回線品質が欲しいなら「やっぱりUQ WiMAX!」になるんじゃないかと(^^;
値段よりも速度や品質を欲しい人はUQ WiMAXを契約するのが良い様に思います。

WiMAX2+について

Wikipediaで調べていたら色々と分かってきたのでご紹介。

WiMAX 2+
BWA帯域の追加割り当てに伴い、WiMAX 2.1規格を採用した「WiMAX 2+」サービスが、2013年10月31日より開始されている。


2015年2月12日、WiMAXで使用している帯域のうち20MHz分をWiMAX2+用に切り換えると共に、キャリア・アグリゲーション(CA)を導入、合計帯域40MHz、下り最大220Mbpsに高速化。栃木県真岡市でサービスを開始し、以後順次全国にエリアを拡大した。これに伴い従来のWiMAXは同年9月30日までに順次使用帯域を10MHzに減らし、下り最大13.3Mbpsに低速化した。


2015年3月1日、全国一斉に4×4 MIMOによる下り最大220Mbpsへの高速化開始した。


2015年5月29日、WiMAX 2+およびau 4G LTE向けの通信速度制限を開始した。これにより直近3日間で3Gバイトを超えると最大1Mbps程度に制限される。「2+」の付かないWiMAXユーザーでノーリミットモードであれば速度制限は行われない。広告表現等に利用者から不満が殺到したため、最大3Mbps程度に緩和した。


WiMAX 2.1自体がTD-LTE互換規格であるため、UIMカードに記録された電話番号で認証を行うため、KDDI割り当ての携帯電話番号を利用し、MVNOによるデュアルモードで提供されている。


KDDI/沖縄セルラー電話が、au 4G LTEとのデュアルモードで提供しているサービスは、WiMAX 2+オプションと称している。


UQコミュニケーションズ - Wikipedia

WiMAX2+のサービス提供は2013/10/31から開始されているんですねー。
丁度丸2年経った感じですか。

WiMAX2+の回線帯域を増やすために、従来からのサービスであるWiMAXの使用帯域を減らして、速度もMAX13.3Mbpsに制限した、と。
これにより既存の無印WiMAXユーザーが「激遅!」と怒ることになったんですね。

id:acealphaさん
まえは無印WiMAX最強だった 今は2+に取られて凄く遅くなった あの頃の方針のほうがよかったなあ

という既存ユーザーの不満を買うことになってしまいましたね(-_-;

またWiMAX2+は無印WiMAXよりも速度は高速化されて良くなりましたが、その分データ通信量が増えてそのまま使われると回線がパンクするために2015/5/29に「直近3日間で3Gバイトを超えると最大1Mbps程度に制限」する様になったと。
これがユーザーに大不評で大炎上案件になったという事ですね(^o^;
苦情殺到で「最大3Mbps程度に緩和」した、と。

あれ、でもブロガーの中川龍 (id:noabooon)さんがもう少し出るとブログに書かれていましたね。

三日で3GB制限があるとはいえ、制限下でも6mbpsくらいは出る。


wimax2とDMMモバイルの二刀流がヘビーユーザーには最適解!! - 中川龍のタロットブログ

とのこと。これはWiMAX2+の話です。
場所や、周囲の使っている人の人数等により変動するんでしょうかね?
中川龍さんは主に渋谷界隈で活動されていますので、都心部でも結構速度は出ている事になりますねー。

まとめ

  • 調査依頼者が実は無印WiMAXユーザーだった(^o^;
  • WiMAXサービス事業者は「UQコミュニケーションズ株式会社」一社のみ!
  • 他のWiMAX事業者は、MVNOとして無線通信回線を間借りしてサービス提供している!
  • 回線速度や品質を取るなら「UQ WiMAX」を契約するのが良さそう♪
  • WiMAXからWiMAX2+に切り替わる時にユーザーの不満爆発(>_<)