マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

中華スマホ「UMIDIGI S2 4G Phablet」開封の儀

スポンサーリンク
あとで読む

iPhoneの調子が悪い

以前「中華スマホ「Vernee X」4個のカメラでFaceIDが使えるベゼルレススマホ! - マネー報道 MoneyReport」の記事でも書きましたが、どうにもiPhone5sの調子が悪いです。
バッテリーの持ちも悪くなってきていますし、ズボンのポケットに入れておくと勝手に人に電話しまくっていたりと、怪しい挙動が多いです(-_-;

そこで中華スマホを検討していました。
中国のメーカーが作ったスマホですね。
日本では無名のメーカーも多いですが、多くのスマホメーカーが乱立する中国では製品サイクルも早く、どんどん新しいスマホが出ている状況です。
そこで今回試してみたのは海外通販サイト「GearBest」で取り扱っている「UMIDIGI S2 4G Phablet」という名称のスマホです。
スマホはあまり詳しくないのでレビューを避けてきたのですが、今回はレビュー用にGearBestからスマホを頂きましたので頑張って記事を書いてみたいと思います(^-^;

今回の記事は「開封の儀」までで、実際の使用レビューはもう少し使いこんでからお送りする予定です(^^)v

Gearbest UMIDIGI S2 4G Phablet  -  BLACK

「UMIDIGI S2 4G Phablet」開封の儀

スマホは本当詳しくないので、担当者の方にオススメされるがままにレビューするスマホを決めました(^^;
でも唯一こだわったのは「iPhoneXみたいな外観のが欲しい!」という点です。
iPhoneXはベゼルレススマホと言うことで、スマホの外観の額縁となる部分がほとんどないデザインを採用しています。
現在のスマホデザインのトレンドは「ベゼルレス」だろうという事で、ここだけこだわってみました。

で、実際にiPhoneXと比較したがぞうがコチラ!
f:id:MoneyReport:20180114151447p:plain
見て一目瞭然で、左がiPhoneXで右がUMIDIGI S2です。

あれ?
あんまり似ていないような(^o^;
全然ベゼルレスじゃない!?
iPhoneXのベゼル(額縁)部分って結構本気で細いんですね~。
これじゃあ全然敵いませんが、まぁ気にせず進みましょう!

「UMIDIGI S2 4G Phablet」スペック一覧

項目 スペック
OS Android 6.0
SoC Helio P20
メモリ 4GB
保存容量 64GB
SDスロット 搭載 最大256GB
液晶 6型(1440 x 720) 18:9ディスプレイ
背面カメラ 12M+5M デュアルカメラ
前面カメラ 5M
対応バンド 2G: GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3G: WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B2 1900MHz,WCDMA B5 850MHz,WCDMA B8 900MHz
4G LTE: FDD B1 2100MHz,FDD B20 800MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B7 2600MHz
Simサイズ NanoSIM×2(NanoSIMはMicroSDと共用)
DSDS ○ 4G+3G
Wi-Fi 802.11a/b/g/n
センサー GPS加速度センサー、周囲光センサー、Eコンパス、重力センサー、近接センサー
VoLTE
バッテリー 5100mAh 急速充電対応 USB-C
サイズ 15.81 x 7.46 x 0.88 cm
重量 188g
カラー レッド ブラック

メモリ4GBにROMが64GBと、iPhone5sの16GBを使ってきた身からしたら、これでも十分ハイスペック!
バッテリーも5,100mAhも載っているので、かなり長持ちしてくれるのではないかと。
これでPokemonGOしまくってもバッテリー減りで困ることはなくなるかも!?

カメラやタッチパネルの感度などは実際に使用してみてから言及していこうかと。


UMIDIGI S2開封の儀

では、早速開封していきましょう!

まずは商品が届いたところ。
ビニール袋で包装されていますね。
f:id:MoneyReport:20180114152209p:plain
DHLという海外の配送サービスを利用して送らて来ています。

ビニール袋の中には、さらにビニール袋。
f:id:MoneyReport:20180114152406p:plain

ビニール袋の中からは黒い箱が出てきました!
f:id:MoneyReport:20180114152520p:plain
結構格好良いデザインの箱です。

中の箱を引っ張り出します。
f:id:MoneyReport:20180114152631p:plain
太い辞書の様な入れ方ですかね?

箱の裏側には詳しいスペック表が。
f:id:MoneyReport:20180114152933p:plain

辞書の本体みたいな方を開いて行くと、不思議な開き方をしました(^-^;
f:id:MoneyReport:20180114153058p:plain

各パーツの箱を開けたり、引き出してみたりしたところ。
f:id:MoneyReport:20180114153144p:plain

箱から取り出してみました。
f:id:MoneyReport:20180114153219p:plain

左から取扱説明書、USB接続型充電器、USB-Cケーブル、USB-Cイヤホンジャック。
f:id:MoneyReport:20180114153315p:plain

ではいよいよスマホ本体を取り上げてみましょう!
f:id:MoneyReport:20180114153512p:plain
こちらはスマホの背面です。
最初からスマホカバーが付いた状態で入っていました。
親切ですね♪

スマホの正面です。
f:id:MoneyReport:20180114153754p:plain
こちらも最初から保護シールが貼ってあります。

スマホケースを外し、スマホの裏面を見ると、英語で細かい説明が書かれていて非常に分かりやすい仮シールが貼ってありました。
f:id:MoneyReport:20180114153848p:plain

スマホ側面下部。
f:id:MoneyReport:20180114153945p:plain
左からスピーカーにUSB-Cポート、マイクになりますかね。

スマホ側面左側。
f:id:MoneyReport:20180114154243p:plain
SIMスロットがあります。
ピンでグッと押して取り出すタイプですね。

スマホ側面右側。
f:id:MoneyReport:20180114154332p:plain
ボリュームと電源ボタンが付いています。

スマホ正面で、起動したところ。
f:id:MoneyReport:20180114154452p:plain
iPhoneXには到底及びませんでしたが、iPhone5sと比較すると、こちらのUMIDIGI S2の方が数段格好良いデザインになっていて、これは気に入りました!

今後、SIMも差し替えてUMIDIGI S2を本格的に使っていってみようと思います(^-^)v

Gearbest UMIDIGI S2 4G Phablet  -  BLACK