読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

SSDを初期化し直す方法!GPT形式からMBR形式フォーマットへ!

フリーランスの日常 開発向け
スポンサーリンク
あとで読む

SSDから起動できず

GWにSSDを購入しHDDから丸まんまクローンしてWindows7を使おうとして、かなりの日数が経過しました(-_-;
当初簡単に終わると思っていたSSDクローンでこんなにもドハマリするとは誰が想像したでしょう(T_T)

でもようやく前回の記事で

「SSDから起動できない原因は、SSDの初期化でGPTフォーマットをしてしまったから!」

と分かったので、その気付きを与えてくれたサイトに載っていたGPTフォーマットからMBRフォーマットに戻すやり方を辿ってみることに。

しかし焦っていたため、サイトの説明をよく読まずに「Secure Erase」という機能を使うのを、「EaseUS Todo Backup Free」の「データ消去」を選んで実行(>_<)
一晩掛けて実行するもまだ終わらずで、途中でキャンセル。
しかも間違ったやり方だったのでSSDの初期化をやり直す事はできず(-_-;
無為に時間ばかりが過ぎていく事に・・・。

今回の記事も紆余曲折を経てSSDの初期化に成功するのですが、前回記事へのブコメにて正しい「GPTフォーマットしたSSDをMBRフォーマットに戻す方法」を教えて頂きましたので、皆さんはそちらの方法をお試しください。

今日の記事の大部分は私の無理矢理なSSD初期化方法の話です(^-^;

【目次】

紆余曲折のSSD初期化への道

前回記事で私に気付きを与えてくれたサイトにGPTフォーマットしたSSDをMBRフォーマットにし直す方法が載っていました。
まずはそこから確認してみましょう。
前回は焦ってSecure Eraseを見つけられませんでしたが、落ち着いてから探したら普通にサイトの左メニューに「Secure Erase」という項目がありました(^-^;
焦っていると人間ダメなものですねorz

Secure Erase
WindowsXP/Vista/7/8 にて USB-接続 して(2.5インチHDDケース(SATA接続タイプ)\1000~\2000くらい) 簡単にどこのメーカーSSDでも
Secure Erase (初期化) 及び Trim できるツールが最近 出ました。2013-05-08
パソコンで Windowsを使っている時に USB-ケースに入れて 
Secure Erase (初期化)したいな~って時に
Windows 上から 初期化できる ソフトがあったら いいな~って思ってました。
やっとWindows 上で できるツールが開発されました。 


ソフト名 : TxBENCH (テックスベンチ ?)
開発元 : 株式会社 テキシム
ファイル名: 0.91beta お薦め安定ver
(随時 変更あり 開発ver によっては 不安定になるかも )
txbench091b.zip 1048KB
公開日 2013-05-08
http://www.texim.jp/txbench.html


使い方は 簡単です。USB-ケースなどに Secure Erase したいSSD/HDDを入れて 接続して
TxBENCH を実行して 
間違えないように 対象のSSDを選び
TxBENCH のデータ消去 > Secure Erase(エンハンスド) を実行してください。
エンハンスドSecure Eraseに対応してないSSDだよ と警告が出た場合は
 一番上のSecure Erase で行ってください。
終われば 初期化出来ています。


Secure Erase

ふむふむ。
SSDをUSB接続して「Secure Erase (初期化) 」する事が出来るソフトが2013年ころにできたんですね~。
というかSecure Eraseって初期化って意味ですか(^-^;

SSDを初期化できるソフトの名前が「TxBENCH」というそうです。
「データ消去」→「Secure Erase」で良いそう。

ということで早速やってみましょう!

ベンチマークソフト「TxBENCH」の説明画像。
f:id:MoneyReport:20160513105740j:plain
ストレージのベンチマークソフトなのですが、そのオマケ機能で「Secure Erase」というSSDの出荷時状態に戻せる機能があるようです!

「TxBENCH」のダウンロードサイトは下記になります。

ストレージベンチマークソフトウェア TxBENCH
SSDやハードディスクなどのストレージ性能を計測するベンチマークソフトウェアです。
ストレージの性能を簡単に計測できるだけでなく、アクセスパターンを設定した詳細な速度計測や長時間の速度計測などが行えます。また、SSDやハードディスクの搭載機能の確認や自己診断情報「S.M.A.R.T.」の確認などを行うストレージツールとしてもご利用いただけます。


実績:ベンチマークソフトウェア TxBENCH|株式会社テクシム ソフトウェア開発・販売

早速最新版である「ベンチマークソフト TxBENCH 0.95 beta」をダウンロードして解凍します。
そして解答した「TxBENCH.exe」を実行します。
最初に「使用許諾契約書」画面が開くので「使用許諾契約書を読みました」にチェックを入れて「同意する」ボタンを押します。
f:id:MoneyReport:20160513110105j:plain

TxBENCHを起動したところです。ベンチマークソフトの画面ですね。
f:id:MoneyReport:20160513110614j:plain
上部メニューの「データ消去」を選ぶと・・・

「Secure Erase」が出てきました!そうそう、コレを探していたんですよ!
f:id:MoneyReport:20160513110714j:plain
上部「ドライブ」にSSDとHDDが表示されるので、間違ってHDDの内容を消してしまわないように注意しながらSSDを選んだ状態にします。
そして、項目の「Secure Erase」を選んで「開始」ボタンを押します。

「データ消去の注意点」画面。内容をきちんと確認して良ければ「はい」ボタンを押します。
f:id:MoneyReport:20160513110924j:plain
実行するとデータが全部消えますので、HDDが選ばれていないか再度ドライブの名称を確認しましょう!
私の場合はSSDが「KINGSTON」製なので合っています(^^)v

そして最終確認が!HDDやSSDの中身が全部消える作業なので確認が慎重ですね(^-^;
f:id:MoneyReport:20160513111115j:plain
「はい」ボタンを押します。

2分位で終わるところが5秒後に

「Secure Eraseに失敗しました。」

というメッセージが(>_<)
(この辺からさらに大慌てになったのでハードコピーを取るのをやめて作業に没頭し始めます(^^;)

試しにTxBENCHの「Secure Erase(エンハンスドモード)」をやってもエラーで失敗(>_<)
続いて「TRIM」というのをやっても失敗(;_;)

「パーティションが分かれた状態でやっているのがダメなのかな?」

と思って、Windowsの「ディスク管理」からSSDの切ってあるパーティションを削除して1つのドライブにまっさらにします。
TxBENCHに戻るとキングストン製のSSDが先程は「A: B: F:」だったのが「E:」1つになっています。
f:id:MoneyReport:20160513114447j:plain

この状態で再び「Secure Erase」実行!
・・・
5秒後に失敗メッセージ(T_T)

先ほどと同様に「Secure Erase(エンハンスドモード)」、「TRIM」も失敗。

「もうヤケクソだ!」

と一番下の「上書き消去」を実行します。
これはエラーにならずに実行できたのですが、再び1時間以上掛かりそうなので、いったん途中でキャンセル。

「はぁ、どないしたらいいんだ。まさかのSecure Eraseが出来ないなんて。ホントにSSDが壊れてしまったんじゃ・・・」

という絶望的な気持ちになりながらWindowsの「ディスク管理」画面を表示してみると・・・
f:id:MoneyReport:20160513115226j:plain
SSDが「初期化されて...」の表示に変わっています!
これは「初期化されていません」のメッセージの省略表示なのですが、この状態になっているなら「ディスクの初期化」が選べるんじゃ!

とWindowsの「ディスク管理」画面を一度閉じて再表示してみると・・・
f:id:MoneyReport:20160513115426j:plain
キターーーーーーーーーーーー(*^o^*)/
「ディスクの初期化」画面が表示されてパーティションスタイルが選べるようになりました!!!
そう、このMBRが選びたかったんですよ!!!!!

と、ここで一度立ち止まります。
TxBENCHの「上書き消去」を実行すると、どうもSSDを初期化前状態に戻すことが出来るのが分かりました!
ですが先ほどは「上書き消去」を途中でキャンセルしてしまっています。
途中キャンセルが原因でSSDのクローンとかが再び失敗する様なことがあると、下記の手順を再びやらなければいけません。

 TxBENCHの「上書き消去」(数時間) → HDDからSSDへクローンコピー(3時間以上) → HDDからSSD換装し動作チェック(30分)

これだけで半日潰れる勢いです(-_-;
手抜きで進めるわけにはいきません。

という訳で、改めてTxBENCHの「上書き消去」をきれいに実行させる事にしました(^-^;

・・・(上書き消去実行中)・・・

結局3時間後に「上書き消去」が終わりました(-_-;

もう疲れ果ててきたので、今日の記事もこの辺で終わりにしますが、結論だけ先に言っておくと「この後は全部うまく行ってHDDからSSDに換装出来ました!」
長かったHDDからSSDへの換装もようやく終わりを迎える事が出来そうです。
次回記事へと続く!

正しいGPT→MBR手順

今回は私の知識不足から上記のようなベンチマークソフト「TxBENCH」の上書き消去から無理矢理SSDを初期化前状態に戻しましたが、もっとスマートな方法をブコメにて教えて頂きました(^-^;

id:photoblgさん
Windowsのディスクの管理からフォーマットしてはどうですかね?http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5994

という事で、教えて頂いたURLに行ってみると・・・

Q.【LaCieHDD】GPT形式のハードディスクをMBR形式にしてフォーマットしたい(ディスク管理版)
このコンテンツでは、GPT形式のディスクをMBRに変更する方法をご紹介しています。
本操作の対象OSは以下です。
【対象OS】
 WindowsVista、Windows7、Windows8.1、Windows10


【作業手順】
①ディスクの管理を起動します。
②ディスクの管理上で、ボリュームを削除します
③MBRディスクに変換します。
④フォーマットします。


【LaCieHDD】GPT形式のハードディスクをMBR形式にしてフォーマットしたい...

という事で、GPT形式にしてしまったSSDやHDDをMBR形式にしてフォーマットする事をWindowsの「ディスクの管理」だけで出来るそうです(^o^;
これを知っていれば、無駄に「上書き消去」で3時間消費とか馬鹿な事をしなくて済んだのですが、まぁ時既に遅しで(-_-;

この記事を読みに来て下さった方は、スムーズにGPTからMBRにフォーマットし直してください(^-^)v
詳しい作業手順は上記ページに、図解付きで詳しく載っていますので、参考にされてください!