マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ハイスペック中華ノートPC「Xiaomi Air 12」のレビュー。起動したらまさかの大問題が・・・【開封の儀】

スポンサーリンク
あとで読む

大学生向け中華ノートパソコン

海外通販「GearBest」で入手したノートパソコンを職場で披露していたら

「うちの大学生の子供に欲しい!」

と依頼されまして、大学生向けの中華ノートパソコンを調べて記事にしたのが下記記事になります。

10機種ほどピックアップしましたが、その中でもコストパフォーマンスの高かった「DEEQ A3 Notebook」を選択され、購入手続きをしたのが4月10日頃。

f:id:MoneyReport:20170328150055p:plain
「DEEQ A3 Notebook」は39,032円で、サイズ:14.1インチ、CPU:2.0GHz、メモリ:8GB、ストレージ:SSD 64GB + HDD 500GBというなかなかのスペック。
特にメモリが8GB載っていて、HDDとSSDの両方が載っていて4万円というのは確かに魅力的♪

でもねぇ、これ後から困った事になるんです(-_-;

中華品質?

中華の海外通販は普通に商品が届くまでに10営業日とか掛かるので、気長に到着を待っていました。
しかし10営業日が経過した4月下旬に、ログインしてみると・・・

f:id:MoneyReport:20170623224443j:plain
「Processing」日本語に訳すと「倉庫にあるよ!」との驚きの表示に!!!

なんと10営業日(実質2週間)経っても、まだ発送すらされていませんでした(T_T)
すぐに「早く送ってくれ!」という英語の催促ボタンを押して、さらに担当者に

「職場で頼まれたPCがまだ発送されないんだけど・・・」

と連絡すると、確認してくれて

「今週届くので、来週発送します!」

との連絡が。

「今週届くなら、今週中に発送してくれよ!」

との思いはグッと飲み込んでもう1週間待つことに(^-^;

しかし1週間経っても発送されず(-_-;
結局5月のGWの最中に

「このノートパソコンはメーカーから納品された時の検査で『売り物にならないレベル』とGearBest側で判断し、送り返しました」

との事。
ぬわんと、注文をキャンセルして他のノートPCを注文して欲しいとのこと(^o^;

「マジですか!?これ職場の人からの依頼なのに・・・」

と落ち込みつつも、再度職場の人に選んでもらう事に(-_-;
職場の人に話した反応としては

「さすが中華品質!まぁ、しょうがないね〜」

との寛大な返答。
心の大きな人で助かりました。

今度はきちんと在庫のある物の中から選びます(^-^;

「Xiaomi Air 12 Laptop」のスペック

そうして改めて選び直して頂いた中華ノートパソコンがこちら。

f:id:MoneyReport:20170328150105p:plain

Xiaomi(シャオミ)という中華系では有名なスマホメーカーのノートパソコンです。
Xiaomiを漢字で書くと「小米」となります。
こちらのノートパソコンは普通の中華ノートパソコンの『安くてそこそこスペック』とは違って、結構ハイスペック
お値段もセール期間中の価格で5万円ほどするので、中華ノートPCとしてはお値段高めです。
セール期間じゃない、現在は7万円程度します(^-^;

で、そんなXiaomi Air 12 Laptopのスペック一覧が下記。

【Xiaomi Air 12 Laptopスペック一覧】

OS Microsoft Windows 10 Home
CPU Intel Core m3-6Y30 Dual Core 0.9GHz, up to 2.2GHz
Display 12.5 inch IPS Screen with 1920 x 1080 Resolution
Memory 4GB DDR3 RAM for Advanced Multitasking
SSD 128GB SSD Storage Capacity
Port New USB Type-C Port
Output HDMI Output
Battery 7.4V/5000mAh
Front Camera 1.0MP
Bluetooth 4.1

IntelのCORE m3のCPUを使っていて、12.5インチのディスプレイは1,920×1,080のFullHD対応、本体はメタルボディでメモリ4GBにSSDが128GBとしっかりしたもの。
中華の安いノートパソコンだとSSDではなくてeMMCというSSDの廉価版みたいなのが多いのですが、XiaomiAir12はきちんとSSDを使っているので速度も期待できます(^-^)v

【開封の儀】Xiaomi Air 12 Laptop

で、この商品は在庫ありの中から選んだので、10営業日で到着しました(^-^)v

私の方で中華ノートパソコンの日本語化は引き受けていたので、開封も私の方でやらせてもらいました。
というわけで、いざ開封の儀!

Xiaomi Air 12」の注文ページ外観。
f:id:MoneyReport:20170623163948j:plain
ここから注文して・・・

遂に届きました!
f:id:MoneyReport:20170623155911p:plain
長かった、本当に長かった・・・。
最初の注文から一ヶ月半待ってようやくノートパソコンが中国から届きました(^-^;

「危険物のため陸送で!」

と注意書きの紙が貼り付けてありますが、普通にノートパソコンが入っているだけなんですけどね。
ノートパソコンのバッテリーって危険物扱いで陸送しかダメなんでしたっけね?

外側のビニール袋を外しました。
f:id:MoneyReport:20170623160050p:plain
思ったほどは段ボール箱が凹んでいなくてよかったです。
中華圏から届く荷物は時々ボロボロッになって届くことがあるので、これはかなり良い部類。

箱の横に詳細が書かれたシールが貼ってあります。
f:id:MoneyReport:20170623160359p:plain

外箱から中身を取り出したら、中に本物の箱が入っていました!
f:id:MoneyReport:20170623160457p:plain
外箱と内箱の二重になっているんですね。
さすが、価格の高いノートパソコンは梱包からして違う!(中華ノートPCは2万円台の物が多く、よく箱が潰れて届くので随分差があります)

これが本物の箱(内箱)。
f:id:MoneyReport:20170623160725p:plain
白くてデザイン的にはMacを意識しているのかな?

ビニール袋から出して斜め上から。
f:id:MoneyReport:20170623160826p:plain
洗練されたデザインです。

箱の裏側。
f:id:MoneyReport:20170623160911p:plain

二箇所テープで止まっていたので、きれいに剥がそうとしたら・・・
f:id:MoneyReport:20170623161113p:plain
なんじゃこりゃ!?
物凄く汚くなってしまった(TOT)
開封済みかどうか分かるタイプのテープになっていたようで、剥がして大失敗に。
もう一箇所はカッターできれいに切りました。

XiaomiAir買う人はこのテープは剥がさないでカッターで隙間を切った方が良いですよ(^-^;

箱の上蓋を開けたところ。
f:id:MoneyReport:20170623161208p:plain
全面にノートパソコンの姿が!
この辺もMacそっくりですね(^-^;

ノートパソコン本体を取り出したところ。
f:id:MoneyReport:20170623161234p:plain
本体の下には白い「説明書入れ」が。

白い「説明書入れ」を取り出したところ。
f:id:MoneyReport:20170623161300p:plain
下には電源ケーブルだけが入っていました。

「説明書入れ」から説明書を取り出して眺めてみます。
f:id:MoneyReport:20170623161523p:plain
日本語じゃなくて中国語で思いっきり説明されています(^-^;

説明書の裏面。
f:id:MoneyReport:20170623161622p:plain

ACアダプターは洗練されていてオシャレです。
f:id:MoneyReport:20170623161713p:plain
プラグも日本で使える規格の「Aタイプ」になっていて良い感じ(^^)v

さてさて、ノートパソコン本体の方に進みましょう。
f:id:MoneyReport:20170623161740p:plain
きれいなビニール製の包みに入っています。

包みも剥がして本体ドン!
f:id:MoneyReport:20170623161858p:plain
ノートパソコン本体上面は何も印刷されていなくてスッキリ!
ちなみに全面メタルボディなので触った感じはヒンヤリします。

裏側はこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170623161931p:plain
中央に見えるシールみたいのは剥がせます。


本体の側面を見ていきましょう。
側面の正面側(手前側)。
f:id:MoneyReport:20170623162038p:plain
指を引っ掛けるくぼみがついています。

左側面。
f:id:MoneyReport:20170623162129p:plain
HDMI端子とヘッドホン端子が付いています。

側面の後ろ側。
f:id:MoneyReport:20170623162220p:plain
特段何もないですね。
ディスプレイのヒンジ部分だけ見えます。

右側面。
f:id:MoneyReport:20170623162317p:plain
USB端子、USB type-C端子、マイク穴。

ガバッと開けてみます!
f:id:MoneyReport:20170623162405p:plain
キーボード保護シートが付いている!
こんなの中華ノートPCで初めて見ました(^-^;
流石、高級機♪

キーボード保護シートを外したところ。
f:id:MoneyReport:20170623162528p:plain

横から見るとこんな雰囲気。
f:id:MoneyReport:20170623162613p:plain
ディスプレイが安いのと違ってきれいなガラス面になっています!

Intel CORE m3」の文字が!
f:id:MoneyReport:20170623162645p:plain

キーボードは英語キーボード配列になっています。
f:id:MoneyReport:20170623162725p:plain

キーのアップ。
f:id:MoneyReport:20170623162846p:plain

タッチパッドは結構大きめ。
f:id:MoneyReport:20170623162940p:plain
そして実際に使ってみると結構使いやすいです。
MacBookAirの様に押すと凹んでクリックになるタイプです。

電源ボタンはキーボードの右上に配置されています。
f:id:MoneyReport:20170623162959p:plain

ノートパソコンのディスプレイ上面にWebカメラが付いています。
f:id:MoneyReport:20170623163051p:plain

電源はUSB type-Cで繋いで充電するタイプです。
f:id:MoneyReport:20170623163139p:plain

と、開封の儀はここまで。

いかがでしたでしょうか?
スマホメーカーの中では高級路線を行っているXiaomiが満を持して出したノートパソコンだけあり、安いノートパソコンとは一線を画すデザインと品質があります。
本当なら日本のメーカーもこういうのを作って、売って欲しいものですがお値段がガーン!と高くなってしまうので5万円台に抑えてこの品質は中華メーカーにしか出来ない芸当なんでしょうね〜。

大問題が・・・

そして従来も中華ノートパソコンを購入後に行ってきた、日本語化を行います。
今回、初期設定で違ったのは「英語じゃなくて中国語が選ばれている」という点でした。

「でもまぁ、設定やコントロールパネルの画像とかは一緒だし」

とタカをくくっていました、この時までは(-_-;

結論を先に書いておくと「言語を中国語しか選べないWidndows10がインストールされていた」ので普通には日本語化できないんです(T_T)

普段通りに日本語化手順を行っても中国語でメニューが出てきた時には泣きそうになりました(=_=;

f:id:MoneyReport:20170623225443j:plain

「マ、マズイ!このままだと中国語しか使えないノートPCを5万円で買い取らねばいけなくなる(TOT)」

と焦りまくりの私。
是が非でも日本語化しなくては!!!

追記(日本語化できました!)

色々と調べたら「Xiaomi Air 12」を日本語化する方法が見付かりました!
その方法に沿って対応したら、無事に日本語化する事が出来て、同僚に引き渡す事が出来ました(*^o^*)/

詳しくは下記記事にまとめましたので、中国語しか使えないWindows10に当たってしまった時には参考にして下さい。

いやー、それにしても大変だった(^-^;

追記 クーポン利用で51,830円に!

GearBestの担当者の方から「Xiaomi Air 12にはクーポンがありますよ(^^)v」とお知らせ頂きました。
クーポンコードは「KAir12L」。
こちらのクーポンを使うと70,642円するXiaomiAir12 Goldが、なんと驚きの51,830円で買えちゃいます!!!
クーポン期限が7月1日(土)までで、限定100台です。
これ日本で100台じゃなくて、世界中で100台なので欲しい人はお早めに!!!

またGearBestは海外通販なので、英語での買い物が必須となりますが、そういった人向けにGearBestでの買い物方法や、英語での住所や氏名の入力方法をまとめた記事を書きました。

購入される方の一助になれば幸いです。

AX