マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

中華版Surface Pro「Teclast X3 Plus 2 in 1 Tablet PC」はスペックも使い勝手も良い!【開封の儀】

スポンサーリンク
あとで読む

2in1タブレット

久々のブログ記事は中華版Surface Proの商品レビューを行おうと思います。

元々、2in1のタブレット&キーボードのセットは結構好きで、自分でも購入して使っています。
下記記事は2in1のキーボードの記事です。

以前購入したタブレットはWindows10とAndroidOSが入ったデュアルOSの面白いもの。

【2in1タブレット CHUWI Hi10 Pro】
CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC with Keyboard -$199.99 Online Shopping| GearBest.com

ですが、10インチは画面が小さめで

「もう少し大きめの画面の2in1タブレットが欲しいな~」

と思っていた所にGearBestさんから声をかけてもらい、最新の2in1タブレットを商品レビューさせてもらえる事に(^-^)v

今回頂いた2in1タブレットは「Teclast X3 Plus 2 in 1 Tablet PC」という名称のもの。
f:id:MoneyReport:20170805152426p:plain

日本円で27,745円ですね(2017/8/5現在)。


27,000円でも安く感じるかもしれませんが、中華ノートPCは2万円台の物が多いのでキーボード無しのタブレットだけで27,000円は若干高い部類に入ります。

このタブレットには専用キーボードもあり、そちらも併せて買うのが基本になるかと思います。
f:id:MoneyReport:20170805153221p:plain
専用キーボードの名称は「Original Teclast TL - T3 Keyboard for Teclast X3 Plus」。

日本円で4,336円(2017/8/5現在)。
セットで一度に買うと若干割引されるようです(^-^)v


で、この2in1タブレット何かに似ていませんか?
f:id:MoneyReport:20170805153505p:plain
タブレットの後ろに斜めに出来る出っ張りが出て、キーボードがフラットな感じの・・・

ってコレでしょ、コレ!!
f:id:MoneyReport:20170805153827p:plain
マイクロソフトのSurface Pro(サーフェースプロ)。

Amazonでチェックしてみると普通に10万円以上で売っていますね(^-^;

マイクロソフトが自分の所で出した、高級ノートパソコンです。

そのSurface Proの中華版が今回の「Teclast X3 Plus」という事になっています。
価格は本家の三分の一以下の、キーボード付きで3万円ほどという高コストパフォーマンスが特徴となっています(^-^)v

中華版Surface Proのスペック

スペック一覧を載せておきます。

製品名 Teclast X3 Plus
OS Windows 10 Home
CPU Intel Celeron N3450 1.1GHz,Quad Core
メモリ 6GB
ストレージ 64GB(eMMC)
画面サイズ 11.6 inch
解像度 1920 x 1080 (FHD)
カメラ(正面) 2.0MP
カメラ(背面) 5.0MP with AF
バッテリー 3400mAh
本体サイズ 29.50 x 18.30 x 1.00 cm
本体重量 871g

11.6インチですが、ワイドタイプの16:9の画面比なので横長になっています。

中華版Surface Proが届いた!

中華版Surface Proがもらえる事になってから2週間後、無事に届きました(^-^)v
安い分、届くのに時間が掛かりますが「時は金なり」なので安い分仕方ないという事で(^-^;

段ボール箱の外観です。
f:id:MoneyReport:20170805141601p:plain
今回はヤマト運輸で届きました。

段ボール箱から出してみると中にはエアーの梱包材でくるまれていました。
f:id:MoneyReport:20170805141713p:plain

梱包材から取り出すと、ようやく本体の箱が出てきました(^-^)v
f:id:MoneyReport:20170805141819p:plain
結構格好良いデザインですね、箱も。
超級板 X ULTRAPAD」といかにも凄そうなタブレットである事を思わせるネーミングです。

箱の上蓋を外すと中にはタブレット本体が入っています。
f:id:MoneyReport:20170805141921p:plain
きちんと袋に包まれていますね。

タブレット本体を取り出してみると、本体の下には縦長と横長の四角い物が。
f:id:MoneyReport:20170805142005p:plain

タブレット本体を覆っていたビニール袋から出してみました。
室内が思いっきり写りこんでいますね(^^;
f:id:MoneyReport:20170805142107p:plain
先ほどの四角い物は、縦長のが「電源コード」で、横長のが「説明書等」でした。

中華版Surface Pro開封の儀

タブレット本体を裏返してみました。
f:id:MoneyReport:20170805142421p:plain
上部にはWebカメラが付いていて、下半分はMicrosoftのSurface Proみたいに斜めにする時にパカンと開ける機構になっています。
保護シートが貼られていて好印象です(^^)v

早速パカンと開いて横から見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20170805142754p:plain
「MicrosoftのSurface Proか!?」と思わせる作りです。

斜めからだとどうなっているのか分かりづらいので真横から見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20170805142834p:plain
このように裏側の一部分がパカンと開く様になっています。

続いてそのパカンと開く中に格納されているMicroSDカードを挿しこむ部分です。
f:id:MoneyReport:20170805143048p:plain

側面をチェックしていきましょう。
上部の側面です。
f:id:MoneyReport:20170805143151p:plain
右端のボタンが「電源ボタン」です。

左側の側面です。
f:id:MoneyReport:20170805143231p:plain
左から順に「イヤホンジャック」、「マイクロUSBポート」、「ボリューム」となっています。
右側に見える溝みたいなのは、先ほどのパカンと開く時に指を引っ掛けやすいように凹んでいます。

下側の側面です。
f:id:MoneyReport:20170805143831p:plain
真ん中あたりに3つ並んでいるのが「専用キーボード」を取り付ける時に使う磁石と端子になっています。

右側の側面です。
f:id:MoneyReport:20170805143958p:plain
右から「電源ポート」、「マイクロHDMI端子」、「USB3.0ポート」となっています。
左側に見える溝はパカン用(?)の溝ですね。

中華版Surface Proの専用キーボードをチェック!

続いてTeclast X3 Plusの専用キーボードを見ていきましょう!
こちらが届いた時の状態。
f:id:MoneyReport:20170805144423p:plain
ビニール袋に入っていますね。

本体と同じくエアーの梱包材にくるまれています。
f:id:MoneyReport:20170805144521p:plain
これ見た目で想像しているよりも、相当強度があってパンパンに硬いんですよ(^-^;

梱包材から取り出して、箱の正面を見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20170805144738p:plain
ちょっと箱が凹んでいますね(^-^;
この辺は中国の梱包と配送が雑なのがうかがえます。

箱の裏側を見てみるとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170805144711p:plain
写真付きでキーボードのイメージを伝えています。

箱からキーボード本体を取り出しました。
f:id:MoneyReport:20170805144924p:plain
ビニール袋にくるまっていますね。

ビニール袋から取り出すとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170805144945p:plain
シックな暗めのグレーですね。
落ちた着いたトーンで、本体とのデザインの愛称も良さそうです(^-^)v

キーボード表面と説明書の中身です。
f:id:MoneyReport:20170805145129p:plain

キーボードはUS配列のキー配置になっています。
f:id:MoneyReport:20170805145148p:plain

真横から撮影したところ。
f:id:MoneyReport:20170805145239p:plain
キーボードの薄さが分かって頂けるかと思います。

キーのアップ。
f:id:MoneyReport:20170805145311p:plain
薄い割には割としっかりした作りの様です。

キーボード上部のタブレット本体とくっつくところ。
f:id:MoneyReport:20170805145400p:plain

キーボードの右側部分。
f:id:MoneyReport:20170805145437p:plain

中華版Surface Pro合体の儀

いよいよ、タブレット本体と専用キーボードを合体させていきましょう!
まずは上下に並べてみます。
f:id:MoneyReport:20170805145552p:plain

ガシャコーン♪
f:id:MoneyReport:20170805145625p:plain
合体!!!
といっても良く分からないですよね(^-^;

そこで横から見るとよくわかります。
f:id:MoneyReport:20170805145753p:plain
タブレット裏のパカンを開けて倒れない様にして、専用キーボードがくっついています。

少々上から見下ろすと、こんな感じに。
f:id:MoneyReport:20170805145821p:plain

専用キーボードをくっつけた状態でタブレットを閉じるとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170805145907p:plain
専用キーボードが薄いので、これがノートパソコンモードだとは気付きません(^-^;

で、ひっくり返して専用キーボードを上にするとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170805150045p:plain
下にタブレットが隠れているのに気付けませんね(^o^;

合体している状態をアップで撮ってみます。
f:id:MoneyReport:20170805150111p:plain

くっついている部分だけ少し出っ張りますね。
f:id:MoneyReport:20170805150215p:plain
まぁこれも僅かな出っ張りなんですけどね。

電源コードを繋ぐとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170805150249p:plain
ここでちょっと困った問題が。
多分、普通に購入した場合には日本のコンセントに合う様に、変換プラグを入れてくれるのですが、今回私はレビュー用に商品を頂いたので、変換プラグが入っていませんでした(;_;)

こんな商品ですね。「海外用電源プラグ Aタイプ」って。

海外用電源プラグ Aタイプ HP1

海外用電源プラグ Aタイプ HP1

私は百均で買いましたが、Amazonだと300円くらいはする様です。


電源コードとタブレット本体の接続部分はかなり凝っています。

これ写真で分かりますかね?
タブレット本体の側面は少し斜めにカットが入っています。
そしてその側面にピッタリフィットする様に、電源コードの挿さり口も斜めにカットしてあるんです!!!
この辺は廉価版の普及機ではなくて多少高めの部類に入るからか、しっかり作ってあります。

では電源ボタンを押して、いざ起動!
f:id:MoneyReport:20170805150935p:plain
最初にロゴマーク「TECLAST TbooK」と表示されます。

Windowsの初期ユーザーとして「admin」という管理者ユーザーが作ってあって、すぐにWindows10にログインできます。
f:id:MoneyReport:20170805151240p:plain
おぉ!
結構キレイですね、画面も♪

使って見た感想

使い勝手は

「こりゃあ良い!」

というのが正直な感想です(笑)。
これまで使っていた2in1タブレットを全く使わなくなる勢いです!

最初は「キーボードが薄すぎるんじゃないかなぁ?」なんて思っていましたが、全然そんなことなくてしっかり目のストロークもあるし、売っていてペラペラする感じはありません。
若干タッチパッド部分が小さいのはありますが、画面本体側がタッチパネルになっているので、選びにくい時は画面側で選べたりするので、気になりません。

またCPUとメモリ6GBなのが功を奏してか、多少重めの処理もスイスイ処理してくれていて基本的なパソコンのスペックが高く使いやすいです。

eMMCが64GBと若干心もとないですが、これにはマイクロSDカードが最大128GBまで増設可能なので心配いらないかな、と。

あと、意外に便利なのがタブレット本体についているパカンの部分で、これがあるお蔭でタブレットを気軽に斜めに出来て動画を見たりする時に重宝しています♪

3万円という手軽な価格でSurface Proが欲しい方にはこちらの中華版Surface Pro「Teclast X3 Plus 2 in 1 Tablet PCがオススメですよ(^-^)v


「海外サイトで購入するのは英語で難しいんじゃ・・・」

と心配な方向けに海外通販サイト「GearBest」の購入方法をまとめましたので、GearBestから購入される方は参考にして下さい。

海外通販GearBestの購入方法。英語で住所を入力する詳細を解説! - マネー報道 MoneyReport