マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ふるさと納税の「特定寄付金受領証明書」が届いた!12/30に申し込んだ分が!

スポンサーリンク
あとで読む

初挑戦

「ふるさと納税が良さそうだ!」

と気が付いたのは昨年の今頃。

ところが、気付いた時には遅くふるさと納税が適用されるのはその申請年だけでした(^o^;
どういう事かと言うと、今年確定申告する場合には昨年の収入について申告する訳ですが、当然ふるさと納税の対象となる自治体への寄付も昨年中に行っておく必要があった訳です。
確定申告は2~3月の間に行いますが、その確定申告で対象となる「ふるさと納税」は前年中に寄付した分だけ。
1月に気付いても時既に遅しだったという話です。

サラリーマンの方であれば収入の見通しが立つので、自分のふるさと納税限度額内で好きにふるさと納税すれば良いのですが、昨年サラリーマンを退職予定でフリーランスになり収入が見通すことが出来ない私は、昨年なかなかふるさと納税をする事が出来ませんでした(>_<)

ようやく昨年ふるさと納税の対象として自治体へ寄付をしたのはなんと年の暮れも押し迫った12月30日でした(^o^;

ふるさと納税で節税?

ちなみに、ふるさと納税をしたのは初めてでした!
昨年はふるさと納税の改革があり、寄付可能な金額が2倍に増えたり、確定申告しなくても5件までのふるさと納税が可能になったりと、ふるさと納税をした人が増えたのではないかと思います。

先に結論を言っておくと、

サラリーマンでふるさと納税をしていない人は損をしていますよ!

ふるさと納税は、自分の済む地方自治体に納めるはずの住民税の内の何割かを他の自治体に納める事が出来る制度です。
当然、各自治体がじぶんの所で納税してもらえる様に特典をつけてきます!
この特典が最初は地元の旅行券とかお米だけとかパッとしなかったのですが、地元の和牛を付けてみたり、地元の特産スイーツを付けてみたりと、特典競争が起きてかなり充実してきました。

特典競争のお陰で各自治体の税収が増えたり、人気のない自治体は税収が減ったりしています(^-^;

で、この特典が大体寄付した金額の半額分の特産品がもらえたりするので

ふるさと納税する = 税金のキックバックとして特典がもらえる

という図式が出来上がりました。
ふるさと納税を自分の可能金額の上限ギリギリまでした方が、もらえた特典分節税になるという訳です。

どこに納税したの?

ふるさと納税って「納税」という言葉が付くので税金だと思われがちですが、実際には「寄付」です。
自分の好みの自治体にお金を寄付する事で、その寄付したお金を確定申告で控除してもらう事になります。
寄付なので寄付金控除になります。

で、今回私がふるさと納税してみたのは

鹿児島県垂水市

になります!
どこっ?
て感じですよね(^-^;
実は私も知りません(^o^;

ふるさと納税を特集したサイトで1万円の寄付金で美味しい牛肉をプレゼントしてくれる所を探しまして、最終的に鹿児島県垂水市を選びました。

頂ける特典はコチラ!

f:id:MoneyReport:20160121170529j:plain

ね?
美味しそうでしょ(^-^)v
これが大体一ヶ月後位には届くという事で、12/30に寄付したので1/30とかでしょうかね届くのは?
特典が届いたら開封の儀を行いますのでお楽しみに♪

他にも、ふるさと納税を行いましたが全部を紹介するのは節操がないのでやめておきます(^-^;

特定寄付金受領証明書

で、特典が届くまでは「何もないよな~」、と思っていたのですが昨日、鹿児島県垂水市から郵便物が届いたので見てみましょう!

f:id:MoneyReport:20160121170310j:plain

この様に確定申告で使う「特定寄付金受領証明書」が届きました。
これを確定申告時に寄付金控除の証明書として出せばOKになります(^-^)v
来月行う予定の確定申告で提出したいと思います♪