マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

FX使い勝手探訪の始まりはじまり~♪DMM FXに口座開設申し込みをしてみる!

スポンサーリンク
あとで読む

ギリシャ国民投票結果

2015/7/5に行われたギリシャの国民投票によりEU(欧州連合)の財政緊縮案を反対多数で上回り、ギリシャ国民は「緊縮財政には反対!」の意見が多数を占める事になりました。

これにより、ギリシャはEUに対して債務の減免を求める交渉を始めると今朝のニュースになっていました。
債務の減免」とは「借金の借りた金額よりも、返す金額を減らして頂戴な!」というお話。
日本的に言えば「借金の棒引き依頼」と言ったら伝わりますかね?

借金をしている方(ギリシャ)お金を貸してくれた方(EUやIMFなど)

「借金多過ぎて返せないからさ~、ちょっと減らしてよ。ね、いいでしょ?」

と言っている話で、かなりワガママで周囲の同意を得られにくい話です。
お金を貸している方からすれば

「何、調子こいたこと言ってるんだよ!」

と突き放したくなるのも無理はないところ。
でも無下に突き放しちゃうと、ギリシャがEUから出て行ったり、ロシアや中国に近づいちゃったりして困るので「知るかボケ!」と突き放すことも出来ないという、状況です。
事態の収束には長期間掛かる事が予想されます。

はてさてギリシャ問題はどう落としどころを見付けることになるのでしょうか?

FXトレードの再開


という感じでギリシャがデフォルトになったり、しかも国民投票で「反対多数」でEU緊縮案を拒否したりしたので、今後は為替相場はリスクオフが強まり、ユーロが大きく動くことが予想されます。
リスクオフ(不景気への道)機運が高まると、為替相場にも不安が広がり「ダメだ手仕舞いしよう!」という売りが出たりして、相場が急落することがあります。
まぁ急落後にも戻ったりするので惑わされもしますが、トレードをするには悪くない環境です。
FXのトレードでは「急落の売り相場」は、短期トレードをして為替差益を狙うトレーダーにとっては絶好の狙い目でもあります。
そして私のトレードスタイルにおいては、順調に右肩上がりを続けていく様な上昇相場は苦手でして、不安要素が大きくて売り一色になるような下降相場の方が得意だったりします。

そう、まさに現在のギリシャの金融不安が広がる状況は私のトレードに向く相場向きであると言えます。
トレードは自分の得意な相場向きの時にトレードをする方が勝つ確率が上がりますので、現在トレードをするのには丁度良い環境です。

で、普通にFXトレードをしても特段ブログ的には書くことが多くなくてツマラナイので、ブログの記事向けに

新しいFX会社でトレードをしてみる!

事に挑戦してみようと思います。
私はこれまでに4社ほどのFX会社でトレードをしたことがありますが、慣れていないFX会社でトレードをするのは

「こんなにも使い勝手が違うの!?用語も違うよ!」

という困惑する事がたくさんあり、しかも注文方法も全然違ったりするので、かなり注意して取引しないと最初の取引で大損してしまう場合もあるのです。
というかありました(-_-;

しかも相場が激変するタイミングでFX会社を新しい会社に乗り換えて投資資金を移動してしまい、アレヨアレヨと言う間に投資資金の60%が吹き飛びました(>_<)
注文方法も新しいFX会社のために慣れていないので、自分の思った決済とは逆の注文になっていたりと、本当悲惨でした(;_;)

ですので、FXに初めて取り組む人や、FX経験者であってもこれまでにトレードした事のないFX会社でFXのトレードをするのには、別のリスクが伴います。

そのFX会社のトレード方法に慣れるまでは、注文や見方を間違う危険性がある

というリスクです。
あるFX会社ではチャートの「赤色が上昇」「青色が下降」だったのに、別のFX会社では「青色が上昇」「赤色が下降」だったりします。
チャートの色違いは慣れるまでは、かなり見辛い状況になるので注意が必要です。

と、こんな感じで新しいFX会社に移ることは大きなリスクを伴います

そのリスクを低減するために、色々なFX会社を私自身が実際に試してみて「使い勝手はこうなっていますよ」という情報を提供させて頂こうかと思います。
私も何やかんやでFXトレードも9年目を迎えました。

長年FXのトレードをしてきた人間として、実際のトレード時の使いやすさや使いにくさをお伝えしていければと思います。
新しいFX会社のトレードに慣れるのにそこそこ時間が掛かりますので、月に1社程度ずつしか試してはいけないと思いますが、ゆっくりなペースで紹介させて頂ければと思います。

DMM FX

さて数あるFX会社の中でも今回取り組んでみるのは「DMM FX」にしてみようと思います。

DMM FXを選んでみた理由としては「有名だから」という点でしょうかね。
有名という事はそれだけ使っている人も多いし、取引高も多いのでトレード金額の多いトレーダーが取引をしている証拠でしょうから、ある程度は安心して使えるのかな、と。
変なスリッページがあったり、スプレッドが大き過ぎると、トレード金額の多いトレーダーは離れていきますからね、そのFX会社から。
私も過去に使い勝手の悪いFX会社からは資金を引き揚げて、使い勝手の良いFX会社でトレードを続けています。

口座開設申込み

という訳でDMM FXに実際に口座開設申し込みをしてみようと思います。
まずはDMM FXの口座申込ページに移動します。

【DMM FXの口座申込ページ】
通貨ペア充実の"DMM FX"がオススメ!

先頭ページは派手目に芸能人が迎えてくれます(笑)。

下部の赤いボタン「最短約5分で入力完了!取引まで最短翌日!口座開設(無料)はこちら」を押して実際の申し込み画面に移ります。
口座開設の流れは下記画像の様に3ステップ(審査も入れると4ステップ)になるようです。

  1. 口座開設の申し込み
  2. 本人確認書類送付
  3. 審査
  4. 郵送書類着後 お取引スタート!

f:id:MoneyReport:20150707092819j:plain

で、実際の申し込みをしてみます。
必須入力項目が個人口座の場合には37項目あるようですね。
未入力項目の数を右側に明示してくれるのは分かりやすくて良いですね。

f:id:MoneyReport:20150707092825j:plain

取引に係る注意事項等は、FXトレード経験者はサラッと見れば良いでしょうが、FX未経験者の人は必ず一度詳しく読んで下さい。
FXにおけるリスクについて詳しく書かれています。
FXは普通に元本割れしますし、ストップロスとかがあるにしても1取引で投資資金の95%を失う可能性もあるリスクの高いトレードですから、それらのリスクを理解して認識してからトレードしないとすぐに投資資金を失う事になり、為替市場から退場を余儀なくされます。
きちんと読んで確認してリスクを認識してから「確認し、承認します。」にチェックを付けましょう!

f:id:MoneyReport:20150707092831j:plain

後は、普通に氏名、住所、電話番号、勤務先等を入力していきます。
銀行の口座開設とかと違うのは年収や、金融資産の金額の入力を求められたり「米国民か?」と言った確認事項がある点ですね。
でもまぁ迷うことなく進めると思います。

私が自分自身で1点気になったのは、「自営業(フリーランス)になったばかりなのにFXの口座開設は出来るのか?」という点です。
自営業の場合は会社名欄に「屋号」の入力を求められました。
私は屋号も持っているので書きましたが、屋号を決めていない個人事業主の場合は空欄で良いのかな~?

と、一通り入力完了したので「口座開設登録」ボタンを押そうと思ったら・・・
「未入力項目があるよー!」との注意が出ました(^-^;

f:id:MoneyReport:20150707133440j:plain

おかしいですねぇ、ひととおり必須項目は入力したはずなんですが・・・
「次の項目へ」ボタンを押すとその箇所に飛んでくれます。
飛んでみると、取引の動機に自分のブログ名を書きまして「マネー報道 MoneyReport」と書いたんですが、その欄は全角しかダメだったみたいで(>_<)

f:id:MoneyReport:20150707134026j:plain

でも特段「全角入力で」とかって但し書きもないんですけどねぇ・・・、まぁ教えてくれたから良いですか(^-^;
ブログ名を「マネー報道」だけに直したら・・・

f:id:MoneyReport:20150707134334j:plain

残り0項目に変わりました!
これで「口座開設登録」ボタンを押して確認画面に遷移しまして、入力内容に間違いがないことを確認したので一番下にある「登録する」ボタンを押します。

f:id:MoneyReport:20150707134428j:plain

これでSTEP3の登録完了まできました(^^)w

f:id:MoneyReport:20150707134521j:plain

続いて必要なのは本人確認書類の送付です。

本人確認をするのは、FXの様な金融取引をきちんと存在する人しかトレードする事が出来ない様にガードをするための措置ですね。
実在しない人間や、なりすましで別の人が申請して口座開設しない様にするために必要です。
そんな事がまかり通れば、犯罪に悪用されかねませんし、FX会社に変に負荷を掛けるようなトレードをする可能性もあります。
大切なガード措置ですね。

で、この本人確認書類の送付が現在はネット上で完結できるっていうんだから驚かされます!
私が初めてFX口座を開設した9年前は、郵送で免許証のコピーを送るとかしか方法が無かったです(^o^;
時代は便利になったものですね~♪

で、スマホで撮影した免許証の写真をネット上からアップロードしてみます(^-^)w
上記の図の「本人確認書類のアップロード」ボタンをクリックすると、下記の図のページへ遷移します。

f:id:MoneyReport:20150707135055j:plain

スマホや携帯電話で画像を準備する場合には・・・

f:id:MoneyReport:20150707135308j:plain

スマートフォン・携帯電話で画像を準備する場合


STEP1
本人確認書類のアップロード項目より、画像選択ボタンを押してください。
カメラが起動いたします。


STEP2
本人確認書類を撮影しやすいようにデスク等に置きます。


STEP3
マクロモード(接写用モード)でピントを合わせ、カメラを横向きにし撮影してください。
フレーム内に全てが収まるよう撮影してください。


STEP4
「確認」ボタンを押していただき、確認画面にて選択ファイルがお間違いない事を確認してください。
お間違いなければ、「アップロードする」ボタンを押してください。
アップロードが完了します。

と、やると良いようです。
かなり細かく指導してくれてますね。

次に、デジカメで撮影した画像を使う場合には・・・

f:id:MoneyReport:20150707135648j:plain

デジタルカメラで画像を準備する場合


STEP1
本人確認書類を撮影しやすいようにデスク等に置きます。


STEP2
マクロモード(接写用モード)で、ピントを合わせ、フレーム内に全てが収まるように撮影して下さい。


STEP3
保存した画像ファイルをいずれかの方法で、パソコンに準備します。
※準備方法の詳細については、お持ちのデジタルカメラまたはパソコンの取扱説明書等をご参照ください
1.SDカード等を使ってパソコンに準備
2.USBケーブルでパソコンに接続し、準備


STEP4
パソコンに取り込んだ画像ファイルをデスクトップ等に保存します。
その後、「本人確認書類アップロード」画面の[画像選択]から、先ほど保存した画像ファイルを選択します。

と、やることになります。
まぁそんなに迷う事はないですよね。

スマホで撮影した免許証の写真をパソコンに取り込んでアップロード!
すると「アップロードするファイルの合計サイズは、3MBまでです」との事。

f:id:MoneyReport:20150707135808j:plain

確かに3MB以上だったので、画像を小さく縮小してファイルサイズを下げてアップロードし直します。
無事に「本人確認書類のアップロードが完了」しました。

f:id:MoneyReport:20150707140030j:plain

ここまでで、申し込み当日に出来る事は以上になります(^^)w

また本人確認書類用の写真をスマホで撮影した人に注意点を1つ挙げておくとすると、

免許証等の撮影した写真はきれいに削除しましょう!

という点です。
万が一スマホを無くした時や、何かの拍子に誤って写真がネット上に公開されてしまう危険性がありますから、本人確認書類である免許証や健康保険証の写真は残さないのが大事です。
スマホに入っている写真を削除するのはもちろん、最近だとクラウドサービスに自動でバックアップが取られていたりします。
そちらの本人確認書類の写真は消しておきましょう!

万が一、本人確認書類の写真が流出したら自分の知らない間にFX口座を開設されたり、消費者金融で知らない間に借金を作られてしまったりする事態に発展しかねません!
アップロード後にはすぐに写真を消しましょう!

本人確認書類のバタバタ


と、ここまで来て一息ついて登録に使ったメールアドレスをチェックするとDMM FXから「申し込みありがとう」のメールが来ていました。
で、よくよく内容を読んでみると・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご利用いただける本人確認書類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート(日本国旅券)
・住民票の写し(発行から3ヵ月以内のもの)
・印鑑登録証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
・「在留カード」または「特別永住者証明書」
・その他官公庁から発行又は発給された本人確認書類

※いずれか1通をご送付ください。
※「表面」「裏面」併せてご送付くださいますようお願いいたします。

ゲ!
免許証は表面しか写真を撮らずに送っちゃいました(>_<)
しかもすぐに写真を削除し終わっています(;_;)
再度、免許証の表面と裏面の写真を撮ってリサイズして2ファイルをアップロードしました。

そしてアップロード後に本人確認書類のアップロードに使えるページに行ってみると・・・

f:id:MoneyReport:20150707140954j:plain

FX取引開始に伴う本人確認書類 - FX/CFD取引のDMM.com証券


アップロードにてお送りいただく場合


(1)画像を撮る
お選びいただいた本人確認書類を、デジタルカメラ・携帯電話等で撮影してください。または、画像スキャナでスキャンしてください。
※裏面に現住所が記載されている場合は、裏面も撮影ください。
※接写モードの設定が可能な場合は接写モードで撮影ください。
※携帯電話での撮影の場合はカメラを横向きにして撮影ください。

との記載で、上記の赤文字の所を見て欲しいのですが「裏面に現住所が記載されている場合は、裏面も撮影ください。」との事で、免許証の住所変更を警察署とかでしていなければ、裏面は不要だったとのこと。
もう2回目で両面を送ってしまったよ・・・orz

まぁ2回本人確認書類を送っても大丈夫でしょうから、よしとしますか(^-^;

新規口座開設キャンペーン

FX口座を新規に開いてチェックしないといけないのは、新規口座開設キャンペーンです(^^)w

キャンペーンページに行ってみると・・・

f:id:MoneyReport:20150707141323j:plain

キャンペーン内容
キャンペーン期間中に【DMM FX】の口座開設を完了+初回入金10万円以上+口座開設完了日から3ヶ月以内に新規取引400Lot以上を達成された方全員に『現金10,000円』を キャッシュバック!

初回入金10万円はまぁFXでトレードしようと言う人にとっては最低ラインの金額として必要なのでOKです。
でも新規取引400Lot以上ってハードルが高いですね(^o^;

400Lotって分かりますか?
1Lotが1万通貨単位の事です。
米ドル/円であれば米ドルを1万通貨売買すると1Lot。
400Lotは1Lotの400倍ですから、400万通貨分も売買しないといけません!
400万通貨単位ってアナタ、1円の値動きで400万円も上下する金額ですよ!
三ヶ月期間があるとはいえ、とてもじゃないですが素人や小額投資をしている人間が狙ってよい数量じゃないですよ。

まぁスキャルピング(数秒から数分内にトレードを完結するトレード手法)で物凄いトレード数をこなす人は到達できるかもしれませんが、スイングトレードや中長期トレードをする人は無理に目指して良い数量じゃないです。

私もデイトレードからスイングトレード程度までしかしないので、この10,000円キャッシュバックのキャンペーンは狙わない事にします。
くれぐれもたかだか1万円のキャッシュバック欲しさに400万通貨単位もトレードしないで下さいね!
ご注意を!

まとめ

『FX使い勝手探訪』と題しまして始まりました今回の新FX会社でのトレード開始の第一弾はDMM FXとなりました。
まだまだ口座開設を申し込んだだけなので使い勝手は未知数です。
ですが、申し込み画面は入力項目漏れが無いかのチェック機能が付いていたり、オンラインで本人確認書類のアップロードができたりとなかなか便利に作ってありました。

自営業(フリーランス)でもFX口座が無事に開設できるかは審査の返事が来てみないと分かりません。
出来れば、口座開設出来ると良いんですけどね~。
はてさて、どうなりますか?

DMM FXに興味が湧いた方は、DMM FXの口座申込ページをチェックしてみるのをオススメしますよ。

【DMM FXの口座申込ページ】
通貨ペア充実の"DMM FX"がオススメ!

色々なトレードの専門用語も出てきますが、まだ見ぬFXトレードの世界を垣間見れること請け合いです(^-^)w