読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

dマガジンなら月額400円で雑誌読み放題!我が家は雑誌を買わなくなりました(^-^)/

物欲 スマホ
スポンサーリンク
あとで読む

DMM FX口座開設

昨日は当ブログの新企画『FX使い勝手探訪』の第一段としてDMM FXに口座開設申し込みをしてみました。

オンラインから口座開設申し込みをして、本人確認書類である免許証もスマホで撮影してアップロードするだけ。
10:30頃には口座申し込みの手続きが完了し、その1時間20分後の11:50には下記のようなメールが届いていました。

■■

【DMM FX】からのお知らせ

■■


マネー報道 様*1


先般は、弊社のオンライン店頭外国為替証拠金取引サービス
【DMM FX】の口座開設にお申込みを頂き、誠に有難うございました。


この度、口座開設手続きが完了いたしましたので、お取引用の
ログインIDとパスワードが記載された口座開設通知書類を
ご登録住所へお送り致します。
お手元に届きましたら必ずご確認下さいますようお願い申しあげます。


なお、配達業者での保管期限は1週間となりますので、ご不在時などの
お受け取りには、保管期限に十分にご注意ください。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


今後とも、【DMM FX】ならびに株式会社 DMM.com証券を
宜しくお願い申し上げます。

敬具


▼PCからのログインはこちら▼
https://trade.fx.dmm.com/comportal/Login.do

という事で、無事に口座開設が出来ました!
フリーランスという自営業者になったばかりで、信用も大してない状況なので

「もしかしたら新規にFX口座の開設が出来ないんじゃないかな?」

と心配していましたが、大丈夫でした!
良かったです(^o^)w

今回の事で分かったのは

フリーランス(自営業者)でもFX口座開設が出来る!

という事です。
これが出来ないようなら私の連載記事の1つ『フリーランスのマネー口座』で「会社員を辞める前にFX口座は開設しておけ!後からは開設できないぞ!」という記事を起こす必要が出てくる所でしたが大丈夫でした(^-^;

口座開設通知書類が届くのを待って、届き次第DMM FXの使い勝手についてリポートしたいと思います(^-^)w

雑誌の日々

さて、本日の本題はこちらから。

皆さん雑誌って買っていますか?

ちなみに私は雑誌を買いません。
というか原則雑誌を読んでいません(^-^;
美容室に髪を切りに行って、美容師さんが並べてくれた雑誌を手に取って読む時くらいですかね~、雑誌を読むのって。

学生時代とかは好きだったパソコン雑誌を毎月購入して隅から隅まで読んで「Pentium75MHzをパリティありメモリに差し替えて、オーバークロックで100MHzに出来るんだ!」とかって情報を雑誌から仕入れて実際に試したりとかしたのが良い思い出です。

社会人になると、自分の仕事のイロハを覚えるために業界誌を年間購読で申し込んで自分のスキルアップに活かしたりしました。

そして20代後半になると株式投資やFX投資を始めたので、マネー雑誌を毎月購入しては読み漁って「なるほど次はこの会社の株式が上がるのか!」と株を買っては下がったり、推奨株が倒産してみたりといった憂き目にあったりもしました(^o^;

しかし30代に入ると、もう雑誌は読まなくなりました。
雑誌から書籍にシフトしたからです。
雑誌は現在トレンドになっている話が多く、連載で変わらぬテーマを追ってくれる物もありますが、情報が中途半端で続きは翌週や翌月まで待たねばいけません。
その点、書籍では1冊でほぼ著者が言いたいことがまとまっていて、体系的に一気に読んで知識に出来るのが良いです。

そして更に最近では書籍もあまり読んでいなくて、ネット上からその時々必要な内容を調べて得るようになりました。
通常ネットで調べられる内容は雑多で、情報が多すぎるが故に必要な情報を抽出して得ることが難しい場合が多いです。
私も苦手でした(>_<)

しかしこのブログを毎日1年半以上書き続け、しかも濃い記事を書くために色々と調べつつ、自分の中で消化し、アウトプットとして記事として書くサイクルを日々続けていく中で、ネット上の必要な情報にアクセスする術を身につけてきました。
また他の多くのブロガーさんの記事を読むようになった事も大きいです。
ブログの記事と侮ることなかれ。
それぞれ特色のあるブロガーさんの記事を読む中で、SEOに詳しくなったり、自分よりも数段上のトレードをする方達の考え方や心境を知ることができ多くを吸収する事が出来ます。
そう、現在の私にとっては他のブロガーさん達の記事こそ「雑誌」としての位置づけに近い形で日々読ませて頂いています。
しかもブロガーさん達は「旬の話題」を常に追いながら調べて記事を起こしてくれるので、その記事を読むことでかなり詳しい知識を得る事が出来ます(^-^)w

雑誌の有用性

と、ここまで書いてきて

 雑誌 < ブロガーさんの記事

という図式が出来上がりましたが、もちろん雑誌の方が上回る良さを提供する場合も当然あります。
ファッション誌などが良い例で、あれだけのモデルさんや色んな洋服やアクセサリーなどを個人のブロガーが揃えて、クオリティの高い写真で紹介する事など、適うわけがありません(>_<)

「雑誌離れ」が叫ばれて久しいですが、やはり雑誌の有用性が上回るジャンルも多々あり、雑誌であるからこその良さを提供できている雑誌が現在は生き残っているのかなぁ、と思います。

さて、そんな雑誌ですが繰り返しになりますが、私は買いません。
でも私の家族は雑誌を買っています(^-^;
女性用ファッション誌ですね。
時々頼まれてコンビニや書店で買ったりしますが、女性用ファッション誌を男性が購入するのもなかなか勇気のいる事です。
結構買うときにドキドキしながら

「変な男の人って思われないかな?」

と内心思いつつ購入していました(^o^;

ですが、それも5月までの話で6月からは購入しなくてよくなりました。
何が起こったと思いますか?

dマガジンを導入したんです!

dマガジン

dマガジンって知ってますか?
docomoが提供するオンライン雑誌読み放題サービスの事で、docomoユーザーはもちろん、docomoと関係ないユーザーも加入することが出来るサービスです。
HPから引用させてもらいましょう♪

dマガジンとは?


「dマガジン」は、スマートフォンやタブレットを使って、多彩なジャンルの人気雑誌140誌以上の最新号、最大1年分のバックナンバー約1,000冊が月額400円(税抜)で読み放題のサービスです。もちろんドコモ以外の方もご利用いただけます。

スマホやタブレットで多彩なジャンルrの人気雑誌140誌以上を読みまくる事ができる、結構すごいサービスです!
しかも月額400円でOK!
月に400円なら家族が毎月購入していた雑誌1冊で既に金額オーバーしていたので、大喜びで加入しました。

で、何故に6月にdマガジンに加入したかと言いますと、家族が「雑誌もタブレットで読めたらいいのに」とボソッと言った一言がきっかけでした。

「あぁ、確か読めるよ~」

とちょっと調べて、ドコモのdマガジンが良さげなのが分かりました。
我が家ではdTV(旧dビデオ)を見ていた事もあり、時々メールでdマガジンの案内も来ていて、気にはなっていたんですよね~。
でも私は雑誌読まないから見送っていましたが、家族が読みたいというなら話は違います。
しかもdマガジンにしてしまえば、私が代理でコンビニとかで女性ファッション誌を買ってドキドキする必要がなくなるじゃないですか!!!

しかも家族からすれば今までは1誌しか読めなかったファッション誌が多数読んで比較しながらファッションを選ぶことが出来るようになって大喜びです(^-^;

dマガジンの読める雑誌

もし私が読むとすると、やっぱりマネー誌かな、と。
マネー誌でdマガジンで読めるラインアップとしては

  • エコノミスト
  • ダイヤモンド
  • 東洋経済
  • 日経マネー
  • ダイヤモンドZAi

などが揃っています。
これだけ毎週読むのもかなり大変なボリュームですよ(^-^;
他にも女性ファッション誌はAneCan、ViVi、VERY、ELLE、CanCan、Domani、MOREなどなど、とてもじゃないですが載せきれない位あります。

でも雑誌のタイトルこそ気になる所でしょうから、dマガジン公式サイトから雑誌タイトルの一覧の画像を引用させて頂きます。

f:id:MoneyReport:20150708075721j:plain
f:id:MoneyReport:20150708075728j:plain
f:id:MoneyReport:20150708075733j:plain
f:id:MoneyReport:20150708075738j:plain

どうですか?
結構ありますよね(^-^;
私もdマガジンを導入した日に一通り気になる雑誌をチラチラ読んでみましたが、とてもじゃないですが多すぎて全部の雑誌に目を通すことは出来ませんでした。

パソコン雑誌のMacFanや日経PC21、週刊アスキーなども揃っているので気分転換に今度読んでみようと思っています。

ちなみに男性としては気になるところの、週プレやSPA!などのムフフな雑誌も見てみましたが、見事にそういう男性諸子が期待する写真のページは全てカットされていました(T^T)
こればかりは非常に残念(T_T)
まぁ月額400円でそこまで期待してはダメという所ですか(^O^;
でも、普通の誌面はきちんと表示されますので問題ないです。

dマガジンを読める端末

そんなdマガジンはiOS、Androidの両方で読むことが出来ます♪

dマガジン iOS版

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料

dマガジン Andoroid版
dマガジン - Google Play の Android アプリ

しかも1契約すると最大で5台の端末まで登録できるので、スマホやタブレットなど家族も含めて登録すればかなり快適に雑誌を読むことが出来ます(^-^)w

雑誌をよく読む人で、先ほど紹介した雑誌一覧にその雑誌がある人はdマガジンはかなりオススメですよ(*^_^*)/

まとめ

  • dマガジンは月額400円で雑誌140誌以上が読み放題!
  • 1契約で5端末まで利用可能!
  • ムフフな写真ページはきれいにカット(T_T)

*1:こちらには氏名が普通に書かれています。「マネー報道様」は便宜上です。