読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

フリーランスの確定申告に向けて作業開始!クラウドを利用してみる!

フリーランスの日常 特集 確定申告
スポンサーリンク
あとで読む

確定申告シーズン到来!

さぁ確定申告の季節がやってまいりました!
フリーランスになって初めての確定申告になります(^-^)/

まだ何もやっていません(^o^;

とりあえず、バインダーみたいなファイルに月別に領収書をとにかく取っておいただけです(^^;
どの領収書が使えて、どの領収書が使えないのかもきちんと把握できていません(>_<)
果たして間に合うのか!?

そんな確定申告の平成27年分(昨年分)の受付期間は
2016/2/15(月) ~ 2016/3/15(火)
です。
もう一ヶ月ありません(^o^;

これからは本業作業をストップして確定申告作業の毎日を過ごします(T_T)

パッケージソフト

さて、以前であれば確定申告用のソフトと言えば、パソコンにインストールして使うタイプが一般的でした。
下記の様なパッケージソフトです。

みんなの青色申告17 新消費税対応版 ソリマチ 6,738円

やよいの青色申告 16 通常版(新消費税対応版)  弥生 10,404円

確定申告向けのソフトで1万円程度します。
これらのパッケージソフトであれば購入後しばらくは(法改正等がなければ)使う事が出来ます。
しかしメジャーバージョンアップする度に、次のバージョンを購入したりする手間が掛かります。

また、フリーランス(個人事業主)でやっている間は青色申告だけで良いですが、後々会社を立ち上げて法人成りを検討している方であれば更に上のパッケージの会計ソフトを購入する必要が出てきます。

会計王17 新消費税対応版 27,861円

弥生会計 16 スタンダード (新消費税対応版)  33,343円

と一気に値段が3倍に跳ね上がり3~4万円程度する事になります(>_<)
しかも、こちらも法改正がある度に新しいバージョンを購入する必要があり、割と毎年の様にバージョンアップ版を購入する必要があります(-_-;
毎年4万円も会計ソフトにお金を支払い続けるのは、本業が順調な時にはなんて事無い経費でしょうが、本業がうまく行っていない時には厳しい出費となるかと思います。

難しい所ですよね~。

クラウド

で、最近だとそんなパッケージソフトの問題点をクリアしたクラウド版の会計サービスが登場しています(^-^)/
クラウドとは、これまで自分のパソコン上で行っていた処理を、サーバー上で一括処理を行う事によって、費用を下げたWebサービスになります。
パッケージソフトではデータは自分のパソコンに保管していましたが、クラウドの場合にはサーバー上にデータを保存します。
クラウドが出始めの当初は

「サーバー上に自分の所の会計データを置いておくなんてとんでもない!」

という意見が多かったですが、特段クラウドのセキュリティが突破されて「会計データが漏れた(>_<)」という事件も起きていないため、最近では導入される方が増えて来ています。
特に、フリーランスの方であれば、データの登録等を半ば半自動で行ってくれるクラウドサービスは便利で人気があり、使っている方も多いです(^-^)v
クラウドの確定申告ソフトで人気のあるのは下記の3つです。

【クラウド確定申告サービス】

  • MFクラウド確定申告
  • やよいの青色申告 オンライン
  • 無料会計ソフトfreee

あまり詳しくないのですが、ちょっと調べてみましょう(^^)/

MFクラウド確定申告

マネーフォワード社が提供するクラウドサービスが「MFクラウド確定申告」です。
こちらは月間15件までの仕分けならばずっと無料で使えるサービスになっています(^-^)v

f:id:MoneyReport:20160224170520p:plain

ずっと無料なのは「フリープラン」で、月間15件以上の仕分けが発生する場合には「ベーシックプラン」で月額800円で利用できます。
仕分件数が少ないフリーランスの方などは、こちらのフリープランでずっと確定申告をし続ける事が出来ますね(^o^)/
また、ベーシックプランも月額800円で利用できるので、確定申告時期である現在のみ利用申し込みすれば確定申告作業をまとめて1年分やってしまって、1ヶ月分支払って、後は解約してまた翌年の確定申告時期だけ利用するとかってすれば、毎年800円で確定申告サービスが利用できる事になりますかね?
これが可能なら結構安く済みますね~(^-^)v

MFクラウド確定申告

やよいの青色申告 オンライン

弥生株式会社が提供しているクラウド確定申告サービスです。

f:id:MoneyReport:20160224171222p:plain

「セルフプラン」だと年額8,640円のサービスが初年度無料で使えるそうです。
電話サポート付の「ベーシックプラン」だと初年度6,480円で、次年度以降が12,960円で使えるようです。
月額利用は出来ないようなので、短期間のみ利用したいというニーズ向きではなくて、年間通してきちっと帳簿付けを毎月しながらやっていきたいフリーランスの方にお勧めかもしれません(^o^)v

やよいの青色申告 オンライン

無料会計ソフトfreee

フリー株式会社が提供するその名もずばりのクラウド会計サービス「freee(フリー)」ですね。

f:id:MoneyReport:20160224171718p:plain

とはいえ名前では無料を謳っていますが、実際の利用場面では「お試しプラン」しか無料ではないですね(-_-;
なんだこれ名前負け?
フリーランス向けの「個人事業主プラン」が月額980円で利用可能ですね。
確定申告なら、この980円のプランを選ぶ必要がありますね。
「お試しプラン」だと決算書の「プレビュー」のみで「印刷やファイルダウンロード」が出来ませんので使い物になりません(>_<)
確定申告の時にまとめて入力する人の場合には、月額980円で一ヶ月間だけ使って、その後解約すれば980円で確定申告の資料が作れるのかな?

無料会計ソフトfreee


という訳で、それぞれのクラウドサービスを見てみました。
料金だけで使い勝手までみていないので、アレですが

「仕分け少ないしとにかく無料で使いたい!」

という人には「MFクラウド確定申告」がお勧めですね。

「一ヶ月の料金だけで確定申告の書類を作って後は使わない!」

という人は月額800円の「MFクラウド確定申告」か月額980円の「無料会計ソフトfreee」が良いのかな、と。

「年間通してきちんと帳簿付けを毎月していきたい!」

という方は、まずは初年度無料で使える「やよいの青色申告 オンライン」がオススメなのかな、と。


とりあえずは私は、MFクラウド確定申告を使ってみたいと思います(^^)v
実際の使い勝手は後日レビューしたいな、と思います♪

あなたにあったクラウド確定申告サービスが見付かると良いですね(^-^)v