マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

メモ専用機としてのポメラDM200の立ち位置

スポンサーリンク
あとで読む

ポメラ

昨日は出勤時にブログ書き愛機の「ポメラ DM100」を自宅に忘れてしまったので、スマホで記事を書きました(^-^;

今日はきちんとポメラDM100を持ってきたので、ポメラで書いています。

いやー、スマホで書いた翌日だとポメラの有り難さが良く分かります(^-^;
そして、本日ポメラを起動した時によくよく画面を見てみると、一瞬

 pomera
  @2011 KINGJIM CO.,LTD.

と表示されます。
そうなんです、このポメラが出たのが2011年だったんですね〜。
それから5年が経過して、次期ポメラがようやく投入!

ちょっとタイミング的には「遅すぎたかな?」という印象が強いですね(^-^;

ポメラDM200のHPへのブクマにありましたが、

「スマホとBTキーボードでOKなんじゃない?」

というご意見。

まだまだスマホが小さくて、タブレットもあまり普及していないタイミングであれば、大画面7インチのポメラ(今回のDM200)は大いに手が伸びる人が多かった対象だと思うのですが、既存7インチのタブレットが1万円で買えて、BTキーボード(Bluetoothキーボード)が2,000円〜
3,000円程度で必要十分な物が買える状況だと、メモ専用機としての魅力は薄いのかもしれませんね(^-^;

ポメラDM200の立ち位置

ただ、メモ専用機としての強みは、他にはない良さがあります。

上述の「スマホとBTキーボードの組み合わせ」だって、落ち着いて書ける環境があってようやく実現出来るだけであって、バスや電車に乗って5分の合間時間にテキストを書けるかと言うと、正直書けません。

BTキーボード出して、スマホも見やすい位置にセットしてとかってやってる間にメモしたい内容が頭から吹っ飛んでしまう恐れだってあります(>_<)

ところがポメラを使えばそんな心配もありません。
上蓋を開いて1秒でメモできる環境が整うという強さは、ライターなりブログを頻繁に更新するユーザーにとっては非常に魅力的です♪
タブレットだって、ノートパソコンだって

「起動してすぐにメモできて、いつでもメモを中断できる」

という強みは、「スマホ&BTキーボード」や「ノートパソコン」よりも上位に位置すると思います。

その辺の

本気でテキストばかり書きたいユーザー

には今回発売されるポメラDM200は非常に魅力的な製品です(^-^)v

と、今日は時間が無くなったのでこの辺でおいとまします(^-^;

AX