読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

【種明かし】持ち歩ける光電話のお話まとめ

スマホ 特集 節約
スポンサーリンク
あとで読む

ホッテントリ入れず

一昨日書きました「スマホの電話番号維持費を月額100円にする方法」の記事は、皆さんご存知なかった話だった様で記事アップ直後から多くの方にブックマークして頂いたり、Pocketに登録して頂いたりとなかなかの反響を頂きました(^-^)/

「これは久しぶりにホッテントリ入り出来るかな?」

と期待していたのですが、はてなブックマークの「テクノロジーの新着」には入ったのですが、ブクマ数が10を越えても20を越えても「テクノロジーの人気」にすら出てこない状況が続きます・・・。
ブクマ数が30を越えた辺りで

「これが以前話題になった”はてなブログ左遷”措置か・・・」

と気付きました。
2014年11月位からでしたっけね?
はてなブログでブクマ数が3個になっても新着エントリーに載らなくなったのは。
確かにはてなブックマーク内の「はてなブログ枠」には入っているのですが、それ以外の所には全然出てきません(;_;)

気合いを入れて書いた記事でもあったので、ホッテントリ入り出来ず残念です(T_T)
ほとんどブックマーク内ではどこにも載らず、SmartNewsの「はてな枠」に載せて頂きはしましたが。

この記事は最終的にブクマ数は91ブクマ(2015/05/14 07:05時点)まで伸びてました!
以前ならこれだけ伸びる記事は普通にホッテントリ入りしたのですが・・・。
残念(;_;)

http://www.flickr.com/photos/46169697@N02/8725754891
photo by zoomion

MVNO師匠

さて、本日の記事は「種明かし」をしたいと思います。
上記の人気記事を書くことが出来ましたが、私1人の独力で出来たわけではなかったのです。

私のMVNOの師匠であるid:ent09048274920さんから教えて頂いたアイデアでした!

このアイデアはもうずっと前に頂いていたのですが、私が光回線を持っていなかった(2015年3月まではADSLだった)ので試せなかったので記事化できずにいました。
自分が試してもいない事を人様にお勧めするのは気が引けるので(^^;

でわでわ最初に師匠から教えて頂いていたコメントを見ていきましょう(^-^)/

id:ent09048274920さん


マネーさん
NTTの光電話の賢い利用方法のネタを提供します。
もし気に入って貰えたら記事化してください。


マネーさんは、【持ち歩ける光電話】って聞いた事が有りますか?
固定電話を携帯電話の様に外出先で使える様にしてしまう技です。
日本国内なら何処でも使用出来る様になります。
ネットの環境さへ有れば地球の裏側からでも
家電話で発着信が出来る様になります。
【持ち歩ける光電話】には、国境は有りません。
故に、国際電話と云う概念も無くなります。
つまり、地球の何処からでも国内通話で
発着信が出来る様になります。
ある意味、携帯電話何かより、ずっと便利に成ります。


下記Urlに設定方法が詳しく記載されています。(^_^)v
http://d.hatena.ne.jp/shilwi/touch/20130410
ルータの知識が、それなりに有れば簡単に設定出来ます。(^o^;)
小生は、【つなぐ】が出来てからは、家電話を子機として着信でしか利用していません。


光電話は、主回線は500円で維持出来て、副回線は最大4つ持てて、
1回線100円で持てるので、携帯電話より超格安で電話番号が持てます。(^o^)
G-CALL、楽天電話、050IP電話より通話代も格安と成っています。
自分の番号で発着信も出来るので超便利ですよ。(^_^)v
普通に外出先でもコードレスホンの様に内線電話としても通話出来ますので、家族間の通話は無料と成ります。
音質は普通の050IP電話より数段音質は上に成ります。(^o^)


データ通信は月額480円のワイヤレスゲートを使うと
5人家族のスマホの維持費は以下の様になります。
・全員のデータ通信   480円X5人=2400円
・パパの電話 主回線           500円
・ママの電話 副回線           100円
・3人子供の電話 副回線 100円X3人=300円
--------------------------
     合計            3,300円

というコメントを頂いたのが最初のきっかけだったのです。
ADSL当時は

「光回線だと色々できて楽しそうだな~」

程度にしか思っていませんでしたが、いざ光回線を引いたので試してみると思い切り使いやすいし、設定も簡単に出来るしで

「これは皆さんにもお勧めせねば!」

と思い立ち記事に起こした次第であります。

ただ順を追って話していかないと、一気に一記事で書くにはボリュームの大きな話だったので、合計4話の連載記事として書かせて頂きました(^-^)w

【つなぐ】の話がまだ書けていませんが、これも難しい話なので自分が理解して試してから皆さんにお伝えしたいと思います。

持ち歩ける光電話まとめ

という訳でネタばらしした所で、今回の連載記事を振り返りたいと思います。

最初に書いたのは「スマホdeひかり電話」のお話から。

まずはコレをしていないと、次以降の話の設定は一切出来ない事が分かっていたので、既知のお話とは思いましたがスマホdeひかり電話の話を書きました。
「スマホを光電話の子機として自宅内のWi-Fi環境で使いましょう!」という話です。

普段自宅にいる事が多い人は、この設定を行うだけで固定電話の電話を出に行かなくても、手元にあるスマホで自宅の電話を受けられるので非常に便利だと思います(^-^)w


続いては、外でも家電(いえでん)!
「かでん」て読まれちゃうよなぁ、と思いつつタイトル書きました(^-^;

ここで本格的なVPNサーバの話が出てきて、VPNサーバにスマホをVPNクライアントとして登録すると、外出先でも自宅の光電話経由で電話を掛けたり電話を受けたりが出来るようになり便利です♪


上記の持ち歩ける光電話のメリットをまとめました。

この記事は不人気でした。
後から見直して

「記事タイトルで全てが分かってしまうのは考え物だな(-_-;」

と久々に思った記事となりました。
後から読み直すと

「NTTの回し者か?」

と思わせる語りっぷり!
こりゃ人気出ませんわ(-_-;


遂に「スマホの電話番号維持費を月額100円にする方法」これが言いたくて手前の3記事を書いた次第です。

ここでようやく、スマホ1台に付き1つの電話番号を割り振る事が出来、しかも月額100円で電話番号が持てるので、格安で高品質な通話機能をスマホに持たせる事が出来るようになります(^-^)w

師匠も書いてくれていたように、最大で5人までの家族全員に固定電話の電話番号を割り振って運用しても格安で使えます!

例えば父、母、子供3人の5人家族の場合で考えてみましょう。

OCN モバイル ONE マイクロSIM 月額900円(税抜)~

OCN モバイル ONE マイクロSIM 月額900円(税抜)~

MVNOは最大シェアを誇るOCN モバイル ONEを使った場合、1日110MBまで高速データ通信可能で月額900円で済みます。

父:契約番号
母:追加番号(100円)
子供:追加番号 × 3人(300円)


MVNO SIM900円    × 5枚 = 4,500円
光電話基本料金500円 × 1台 = 500円
追加番号100円    × 4台 = 400円
---------------------
合計               5,400円

となりまして、家族5人で月にそれぞれが3GB程度まで高速データ通信を使って、高品質な光電話を持ち歩いても
家族5人で月額5,400円
という破格で運用する事が出来ます!

これがこの持ち歩ける光電話の最大のポイントでしょう。
ぜひご家族で使われてみてはいかがでしょうか(^o^)/