マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

【開封の儀】パソコンディスプレイiiyama ProLite B2280HS!プログラム開発向けに購入!横・斜め・縦でOK!

スポンサーリンク
あとで読む

開封の儀は続く

昨日は商売道具であるデスクトップパソコンの開封の儀の模様をお伝えしました。

そして本日はもう1つの商売道具の片割れであるディスプレイの開封の儀を続けたいと思います。

ちなみに前回途中までの開封したのは4/3位の記事に書きましたが、ちょっと被りますがディスプレイに関する部分をこちらにも引用しつつ書き進めたいと思います。

ディスプレイは21.5インチワイドディスプレイです!
f:id:MoneyReport:20150402063153j:plain
外箱は取っ手つきですね~。


ディスプレイの付属品を出して並べました。
f:id:MoneyReport:20150402063218j:plain


ディスプレイ本体はコチラ。神秘のベール(袋)に包まれています。
f:id:MoneyReport:20150402063236j:plain

ここから改めて開封の儀!

さて箱から出した所からは、別の日の作業に移ります。

本体を支える基礎の部分を袋から出しました。
f:id:MoneyReport:20150406063314j:plain


続いてディスプレイ本体を袋から出すところ。
f:id:MoneyReport:20150406063420j:plain


出してみた。この状態は非常に不安定(;_;)
f:id:MoneyReport:20150406063525j:plain


不安定なままで反対側から見てみる。
f:id:MoneyReport:20150406063541j:plain


基礎部分にディスプレイ本体を挿して、本体の支柱の真下にある手で回せるネジを回して締めます。
f:id:MoneyReport:20150406063651j:plain
非常に分かり辛いですが、ネジの周りの針金みたいのを立てて回しやすくなっています。
ドライバーを使わないで良いのは楽ちんです(^-^)w


最後までねじ込んだので、その針金部分は寝かせたところ。
f:id:MoneyReport:20150406063734j:plain


ディスプレイが組み上がりました!
f:id:MoneyReport:20150406063913j:plain

昇降機能発動!上へ!
f:id:MoneyReport:20150406064020j:plain
結構上がりますね~♪


グググッと回転していって・・・
f:id:MoneyReport:20150406064043j:plain


ピボット機能を使って縦型に!
f:id:MoneyReport:20150406064105j:plain
おぉ!格好良い!


縦置きで一番下まで下げてみます♪
f:id:MoneyReport:20150406064142j:plain
縦置きにすると、昇降機能の一番下まで下げる前に画面の下端が基礎部分にぶつかりますね(^-^;


横置きにして真上から見たところ。
f:id:MoneyReport:20150406064234j:plain
うーん、スッキリ♪


スイッチ部分と接続端子部分のアップ。
f:id:MoneyReport:20150406064308j:plain
この辺て繋いだ後はもうほとんど見ること無いですからね~。

スイッチ部分を更にドアップ!
f:id:MoneyReport:20150406064333j:plain
へー、面白い形のスイッチ形状になっているんですね~。

そして、いよいよパソコン本体と並べてみる♪
f:id:MoneyReport:20150406064425j:plain
おぉ!
名前に違わぬ「ピュアホワイト」の白色が映えますね!


斜めから見ると。
f:id:MoneyReport:20150406064455j:plain


縦置きでパソコンと並べると。
f:id:MoneyReport:20150406064511j:plain


縦置きを斜めから♪
f:id:MoneyReport:20150406064526j:plain

いやー、電源導入はまだですが非常に楽しめました。
今日から本格的にフリーランスとしての仕事を開始しますので、今日は電源を入れて初めて触るWindows8.1を満喫したいと思います(*^_^*)w

公式サイト

さてさて、購入したディスプレイの記録も取っておきましょう。
公式サイトでもチェックしてみます。

ProLite B2280HS | B2280HS-B1 | 21.5型 | モニター・液晶ディスプレイの iiyama

おぉ!もっと動くみたいです!
f:id:MoneyReport:20150406072536j:plain

画面の上下動は13cm。
上下に画面の角度を変える事が出来る「チルト調節」が27度。
縦横90度首振りを出来る「ピボット機能」。
画面の基部を動かさずに左右に160度ずつ両方合わせて320度の「スウィーベル」が可能。

これは快適に自分に合わせて使えそうで良さげです(^-^)w

接続映像端子はHDMIDVI-DD-SUBの3系統が使えます。

f:id:MoneyReport:20150406073048j:plain

一番右端はスピーカーの入力端子ですね。

【3本のケーブルが同梱】
HDMIケーブルとD-SUBケーブルとDVI-Dケーブルが同梱しておりますのでデジタルでもアナログでも届いて即接続可能です。

との事で、HDMIケーブルまでも付属して来てくれるのは嬉しいですね!

f:id:MoneyReport:20150406073057j:plain

私の購入したマウスコンピューターのPCはHDMI出力までは出来ないので、DVI-Dで繋ぐ感じになりそうです。

でも後々購入予定の「GeForce GTX750Ti」のグラフィックボードはHDMI出力できるので、グラボ搭載後にはHDMIでディスプレイに出力したいと思います♪

Amazonでチェック

さて、今回はAmazonからディスプレイを購入しました。
当初は「ふるさと納税」を2万円する事でiiyamaの21.5インチディスプレイをもらおうかとも思いましたが寄付した後に3週間程度待たされるとの事で待ちきれなかったので、Amazonからポチリと(^-^;

iiyama 昇降・ピボット機能対応 WLEDバックライト搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ ProLite B2280HS-W1 23,418円

あれ?
私が購入した時よりも価格が上がっている!
私が買った時は18,299円で買えましたよ。
5,000円くらい値上がりしてる!!!

Amazonの価格推移を追ってみましょう!

2015/3/31の頃は18,299円。
f:id:MoneyReport:20150406071759p:plain

2015/4/4になると21,110円(税抜き)!
f:id:MoneyReport:20150406071937p:plain

今後の値段の推移も追えるグラフも貼り付けておきますね(^-^)w

https://dyn.keepa.com/pricehistory.png?domain=co.jp&asin=B00A4K9PP2

うーん。
一時的な物なのか、4/1から色々な原材料の高騰等もありますので上昇した価格据え置きとなってしまうのか?
注視しつつみたい所ではありますが、購入してしまった私にはもう関係の無い話なので、気になる方は上記のグラフをチェックされて下さい(^o^;

まとめ

  • iiyama 21.5インチディスプレイの開封の儀!
  • 90度回転のピボット機能やチルト調節やスウィーベルが便利そう♪
  • Amazonでの購入価格は5,000円程度値上げ!
AX