読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

【解決】フレッツ光の高額キャッシュバックをもらった後に割安プロバイダーに転用するのが一番賢い方法です!

スマホ 日々のニュース 日本経済 特集 節約
スポンサーリンク
あとで読む

光回線の話は難しい

昨日はスマホからのキャッシュバック繋がりで

「光回線を自宅に引きたい!キャッシュバックも欲しい!」

という欲求に駆られ、急遽フレッツ光を含む光回線について価格.comでの動向を調べました。

キャッシュバックが多く人気の高いのは「フレッツ光」のプロバイダーで、人気は低めだけれども実際の月額維持費が低いのは「auひかり」だという事まで、なんとか分かりました。

また戸建ては光回線の維持費が高く、マンションは光回線の維持費が安く済むことが分かりました。

丁度、太陽光発電を載せてマイホームが完成する同僚

「電話線引いたんだけどブロードバンドは何が良いの?」

と聞かれたのもありますので、一気に調べていきたいと思います(^-^)/

DSCF4062

気になったのは


フレッツ光が何年も前から新規に光回線を引いたら高額キャッシュバックをくれる事は皆さんも周知の事実だと思います。

そしてこの光回線をNTT東日本やNTT西日本以外にも自社のサービスの一部として販売できる様に2015/03、正に今月から開始されました!

 NTT(持ち株会社)は5月13日、東西地域会社が光回線のサービス卸事業を開始すると発表した。携帯電話のMVNOと同様、通信設備を持たない事業者がネットワークを借り「FVNO」(仮想固定通信事業者)として自社ブランドでサービス展開することが可能になる。


 光回線の本格的なサービス卸は世界初という。NTTによると現行法の枠内で提供は可能で、NTTドコモがFVNOとして固定ネットワークを借り、携帯とセットにしたセット割を展開することもできるという。


NTT東西、光回線のサービス卸を開始へ ドコモの「FVNO」参入も可能に - ITmedia ニュース

これにより、docomo光や@nifty光など携帯キャリアやMVNO事業者がFVNOとして卸売されたフレッツ光を自分のところのサービスの様に展開出来る様になりました。
MVNO(仮想移動体通信事業者)がdocomoの回線を借りてサービスを提供している様に、FVNO(仮想固定通信事業者)はNTT東日本やNTT西日本のフレッツ光の回線を借りてサービスを提供する事になりました。

で、沢山の事業者がサービスを開始しましたが、ずっと気になっていた事がありました。

「こんなにも新規サービスの提供開始だと言うのに、『○○円キャッシュバック!』みたいな派手な値引きをしないな~」

という事。
日々、ケロロさんがFVNOのサービスについて記事で紹介してくれるので欠かさず読ませてもらっているのですが

OCNが光サービスで月々200円OFF!

とか

@nifty光で月々200円安い!

だとか何だか凄みに欠ける話ばかりなんですよね~(-_-;
これじゃあ皆さん

「よっしゃ光回線引いちゃおう!」

みないた話にならないと思うんですよね。

「毎月200円MVNO代金引いてくれるから光回線引いちゃおう!」

とは、ならないじゃないですか(^o^;
なので

「変だな~」

と思っていました。
そして、その原因が昨日調べている中で分かったんです!

いきなりFVNOに新規契約しちゃダメ!?

フレッツ光のキャッシュバックについて調べていて見つけたサイトに答えが書かれていました。

【講座】ドコモ光やソフトバンク光でキャッシュバックを受け取る方法 : インターネット回線不安解消ブログ


既にテレビで大々的にCMをしている携帯電話とのセット割が受けられる「ドコモ光」や「ソフトバンク光」これから新規で始める方なんかも「料金安そうでいいかも・・・。」と思われるかもしれませんが、これからインターネットを引こうと思っている方でしたらちょっと待って下さい。


これ実は「既存のお客さん向けのサービス」なのです。


えっ?インターネット安くて携帯電話も安くなるんならいいんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。もちろんこれから始める方も月額料金に関しては今よりもお得に始める事が出来ます。がなぜ既存のお客さん向けかと言うかと言うと、


新規の方でこれからドコモ光等を新規で申し込んでも・・・


高額キャッシュバックの特典が受けられません!

なるほど!
ドコモ光などの光回線のFVNOはあくまでも

既存の光回線ユーザーをターゲットにした販売戦略を採っている!

という訳なんですね!
だから高額キャッシュバックなんて行っていない、と!

しかも今までADSLだったり、引っ越したばかりで新しく電話回線を引く人などの「新規に光り回線を引く人」の場合は、これらのFVNOにいきなり加入してしまうと

高額キャッシュバックがもらえない!

事になってしまうそうです(>_<)
これは注意が必要ですね~。
せっかく光回線を引けば高額家電購入時に割り引いてもらえたり、6万円とかのキャッシュバックがもらえたりするのに、いきなりFVNOで新規契約するとMVNO利用料から月額200円引きが適用されて終わり、みたいになってしまいます(T_T)

これは要注意!

光回線高額キャッシュバックは2015/3/31まで?

気になる情報も見つけました。

【極秘裏技】光コラボ転用の前に高額キャッシュバックを貰う裏ワザ|お得情報で生活を豊かに|光回線・インターネットの裏ワザ


何としても全員に見て貰いたかったので、ちょっとタイトルを大げさにしてしまいましたが、3月末で裏ワザが使えなくなるというのは本当の事です。なぜ3月末なのか?


ドコモ光・ソフトバンク光などが3月1日より、フレッツ卸サービスでセット割の提供開始するのはご存じだと思います。元々NTTがフレッツ光として提供していたサービスを、docomoやSoftBankにサービスごと任せるようになる訳です。


そうなるとNTT自体は運営から離れていくので、これまで顧客獲得の為に代理店にばら撒いていた予算が無くなる事になります。


フレッツ光で高額キャッシュバック貰うには代理店の売上が原資となるので、代理店の売上が無くなるとその分消費者への還元も自動的に無くなります。


その売上が無くなるのが3月末なのです。


3月末に100%無くなるとは言い切れませんが、信用できる情報筋に聞いたので間違いないと思われます。NTTからの売上が見込めなくなると、4月からフレッツ光の代理店は相当不景気になるようです。逆にそれまではお得になれる期間なので逃す事のないように。

「ある情報筋の話によると」という怪しい情報ではありますが、NTT東西が自前での販売をやめて営業をFVNOに任せるのはあり得る話かと。
そしてその分、営業販促費を絞るのはまぁわからなくもない話。

このまま100%信用は出来ませんが、4/1以降はキャッシュバック額が下がるのはまぁ目に見えてますよね。
今は3月の決算月ですから!なんといっても♪

という訳で、光回線を新規契約して高額キャッシュバックを欲しい人は2015/03/31(火)までに契約手続きをした方が良いですよ!

実際の開通が4/1以降になってもキャッシュバックはもらえるそうなので(^-^)w

キャッシュバック後に乗り換える

また上記のサイトのアイデアで

  1. フレッツ光に新規でキャッシュバック
  2. 開通してから更に乗り換えキャッシュバック

という物がありました。
フレッツ光を新規契約してまずは高額キャッシュバックをもらい、その後に割安なプロバイダに乗り換えてそこでも更に「乗り換えキャッシュバック」をもらう、と。
キャッシュバックの二重取りですね(^^)w

ただ光回線の乗り換えキャッシュバックはイマイチ良い条件の物を見つけられなかったので、下記のように考えることにしました。

  1. 光回線の新規契約は高額キャッシュバック狙い!
  2. キャッシュバックをもらった後は、割安プロバイダーに転用する!

という方式で行こうと思います(^-^)w
1つ1つ詳しく見ていきましょう。

1.光回線の新規契約は高額キャッシュバック狙い!

これはそのまんまでキャッシュバック金額の高い「価格.com」で光回線を新規で契約します。
なるべくキャッシュバック金額が高い物を選びます!

プロバイダ料金比較 | 光ファイバー・ADSL - 価格.com

昨日の記事で書いた「キャッシュバックを受け取りやすいかどうか?」という点も考慮して、BIGLOBEの「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ ファミリー(ファミリーおとく割)」に入ろうと思います!

BIGLOBE光パックNeo with フレッツ ファミリー(ファミリーおとく割) | プロバイダ(戸建て向け光ファイバー)比較 - 価格.com

キャッシュバック金額は68,100円

また各種割引も適用されます。

BIGLOBE月額料 2~12か月目まで割引 4,752円割引(432円×11か月分)
「にねん割」(フレッツ光月額料割引) 8,316円割引(756円×11か月分)
ギガ推し!キャンペーン(1か月目から30回割引) 3,888円割引(324円×12か月分)
BIGLOBE月額料 開通月無料 1,080円割引(1,080円×1か月分)

支払い料金からの合計割引金額は18,036円になります。

2.キャッシュバックをもらった後は、割安プロバイダーに転用する!

次にこのBIGLOBEの光回線の高額キャッシュバックがもらえるのが12ヶ月後と、なります。
CBの68,100円をもらった後は割安なプロバイダーに乗り換えます。
BIGLOBEは光回線のプロバイダーとしては少し割高なので(^^;

ですが問題は解約金や違約金です。
詳しくチェックしてみましょう。

【違約金・解約時に発生する費用について】

  • NTT東日本の「にねん割」について、更新月(満了月の翌1か月)を除くご利用期間内にお客さまのご都合によりフレッツ光を解約された場合は、[戸建て向けサービス]の場合10,260円、 [集合住宅向けサービス]の場合1,620円をお支払いいただきます。
  • 「フレッツ光」の工事費を分割払いでお支払いいただいている期間中に、「フレッツ光」を解約された場合は残額を一括でお支払いいただきます。(NTT東日本のフレッツ光提供エリア外(NTT西日本エリア等)へ移転された場合においても同様です)
  • 回線開通の翌月を1か月目として24か月間のBIGLOBEの最低利用期間が設定されています。最低利用期間を満たさずBIGLOBEを退会した場合、違約金5,000円をお支払いいただきます。

ふむふむ。
1年後に転用すれば一番下のBIGLOBEの違約金5,000円だけで済みそうですね(^-^)w
上2つの解約金や違約金は、フレッツ光の解約自体はしませんから引っかかりません!
プロバイダを乗り換える「転用」をするだけなので♪

ちなみに転用とはどういう事を指すのかと言いますと・・・

NTT東日本 | 光コラボレーション事業者様が提供する、光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続き | 各種お手続き | サポート | フレッツ光


「転用」について


「フレッツ光」をご利用中のお客様が「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのまま※1 ※2で、光コラボレーション事業者様がご提供する サービスに切り替えることを「転用」といいます。


光コラボレーション事業者様からのご提供に切り替わるサービスは、光コラボレーション事業者様とのご契約に変更となります。
転用のお手続きは、NTT東日本および、光コラボレーション事業者様とのお手続きが必要となります。

という事で光コラボレーション事業者(ドコモ光など)にフレッツ光回線のままプロバイダーと提供サービスを乗り換える事を転用と呼びます。

転用先の光コラボレーション事業者として現在考えているのは下記。

光回線インターネットサービスのIIJmioひかり

IIJmioの「mio割」を使うと月額600円をMVNO代金から値引きしてくれます!

例えば上記のIIJmioを使っているとして「3GB(4/1から) 900円のミニマムスタートプラン」を使っているとすると、そこから600円引きですから実質300円で高速データ通信3GBのモバイル環境が手に入ります(^-^)w

多分IIJmio系列のビックシムも対象だと思うんですよね~。

元の回線はIIJmioのものですから(^o^;
そして私はビックシムを使っていますから、こりゃあ将来的には「IIJmioひかり」に転用しようかと(^-^)w

これは楽しみになってきた!


「まずは光回線の契約が必要だ!」という方は下記のサイトもオススメです。

どちらも高額キャッシュバックがもらえます。
フレッツ光を以前もらった事のある人は、auひかりでしか高額キャッシュバックはもうもらえませんのでそちらも検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • ドコモ光などの光卸売サービスは「既存光回線ユーザー向け」なので高額キャッシュバックがない!
  • 新規に光回線を契約する人はFVNOじゃなくて、価格.comなどからフレッツ光に高額キャッシュバックをもらって加入するのがお得!
  • 光回線の高額キャッシュバックは2015/03/31までの可能性あり!
  • 光回線を新規に引く人は高額キャッシュバックをもらった後に、割安プロバイダに転用すると月額維持費を安く出来てお得!