マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

開発用デスクトップパソコンが欲しい!SSD搭載のOS起動が10秒の快適マシンが!

スポンサーリンク
あとで読む

自宅の開発環境

いやー、皆さんここ最近寒いですね~。
昨日も今朝も冷え込んで、歩く速度も自然と早くなっちゃうくらい寒い感じ(^_^;
冬真っ盛りですもんね~。

さて当方、自宅の開発環境が非常に貧弱です(-_-;
どのくらい貧弱かというと、PHPの開発がなんとか出来る程度に貧弱です。
というかPHPなんてエディターがあれば開発できちゃうので、もっと古いパソコンでも大丈夫ですが、我が家の現在の開発環境はノートパソコン。
しかもそんなにハイスペックな物ではなくて、3年前のLenovoの35,000円程度のパソコンです。
メモリこそ8GB積みましたが、他には特筆すべき事もないようなパソコンです。
一応VisualStudio2010のExpressエディションを入れていますが、ほとんど使っていません(^^;

メインはブログ書きとPHPの開発向けだけ。
まぁ現状ではこれでも良いのですが、もっと色んな開発もやってみたいな~、と思ったりしたりして♪

VisualStudioでAndroidやiOSのアプリが開発できる?

最近ちょっと調べていたら、マイクロソフトが発表したVisualStudio2013Communityエディションを使うと、無料なのにアドオン(アドイン?)を入れて開発することが出来るようになり、AndroidやiPhoneやiPad(iOS)のアプリ開発が出来るようになったそうじゃないですか!

これは非常に楽しそうですね♪
VB6やってたんでWindowsアプリは作れるんですが、AndroidやiPhoneのアプリなんかは作った事がなくて

「簡単に作れたら楽しそうなのにな~」

とかねがね思っていました。
それが無料の開発言語で作れるって言うんですから、そりゃあちょっと手を出してみたくなっちゃうじゃないですか!

さらに調べてみると、VisualStudio Community 2013に入れるアドオンとしてはCordova(コルドバ)と呼ばれる物を導入するとAndroidやiOS向けのアプリがC#やVB.NETで作れるみたいです♪
CordovaはHTMLやCSSを使ってHPをデザインするかの如く作り込むことで、スマホアプリが作れてしまうと言うもの。

「へぇ~」

と思っていたらピンときました!
はてなブログのブロガーさんで「HTMLとCSSでAndroidアプリを作っている人がいた!」と思い出しました!

ブログ「daizの日記」を書かれているだいず(id:daiiz)さんです!
昨年Androidアプリ「millClient」を自作で作られGooglePlayに公開されています!
で、一度質問させてもらったら

「AndroidアプリをHTMLとCSSで書いてますよ~(^-^)w」

と教えてくれました。

「AndroidアプリなのにHTMLとCSSで作れちゃうの!?」

というのが私にとっては驚きでかなり驚愕したのを覚えています(←日本語変)。

「きっとこれで作っているんだ!」

と思ってアプリの続報記事にコメントで色々と質問させてもらいました。

そしたらばやはり

id:daiizさん


Codova(PhoneGapとも呼ばれる)の技術を使っています。
この技術を使うと、HTML、CSS、JavaScriptといったWeb標準の言語でプログラムを書き、それをAndroidやiOSの実行アプリに変換(ビルド)する事が可能です。


ただCordovaを使用するための環境を一から整える力が無いため、Cordovaによるビルド作業を自動で行ってくれるmonaca(https//ja.monaca.io/)というオンラインサービスを使用しています。これのおかげでmonacaのエディタにHTMLやJavaScriptを記述するだけで、Androidアプリを開発することができています。

という非常に分かりやすい返答を頂きました(*^_^*)w
なるほど、Cordova良さげですね!
やっぱりAndroidやiOSアプリを作れるみたいです♪
monacaというオンラインサービスを使えば、開発環境を自前で構築する必要もないみたいです。
世の中便利になったものですね~(^^;

VisualStudio Community 2013ハードウェア要件

こうしてCordovaとVisualStudio Community 2013を使えばスマホアプリ開発が出来ると分かったので、こりゃあ俄然開発用のパソコンが欲しくなってきます!
オンラインサービスでも作れるんでしょうが、自前のパソコンでガシガシやる方が好きなので、私はパソコンを新調してVisualStudio Community 2013を快適に使えるWindowsマシンを入手したいところ(^o^)w

ハードウェア要件を調べてみると・・・

【VisualStudio Community 2013ハードウェア要件】

  • 1.6GHz以上のプロセッサ
  • 1GBのRAM
  • 20GBの空き容量のあるハードディスク
  • 5400RPMのハードディスクドライブ
  • 1024×768以上の解像度のDirectX9対応ビデオカード

無料開発ツール - Visual Studio Community 2015

まぁ今時のパソコンなら十分いけそうですね(^-^)w

開発用パソコンが欲しい!

そんでもってパソコン買うなら

「省スペースなのが良い!」

なんて思って探していたのですが、いかんせんCPUやSDD容量等に制約が多くイマイチな感じ(=_=;

「パソコンならDELLでしょ!」

と思ってDELLのパソコンを注文しようとサイトに行ったら、もう昔の様に色々と選ばせてくれなくなったんですね。

DELL
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

「CPUはどれ、HDDは容量アップ、ビデオカードはこれにして」とかって前は選べたと思うのですが、もう決まりきった物しか選べなくて、細かい選択は皆無になっていました(;_;)

これじゃあつまらない!
もっと色々選びたい!
ということでネットで色々と調べていたら、日本のパソコン工房ドスパラマウスコンピューター等では、昔ながらに好き放題選ばせてくれる様になっていました(*^_^*)♪

まだサラッとしか調べていないですが目に留まったのはこんな感じ。

パソコン工房
第4世代Core i7搭載ベーシック・スリムデスクトップパソコン

パソコン工房 -デスクトップパソコン-

ふむふむ。
スリムタイプのにもWindowsの起動が超高速になるSDDが選べますね(^-^)w


マウスコンピューター
モデル名:LM-iHS202B-BK2[WD Black2 搭載モデル (120GB SSD+1TB HDD)]

LM-iHS202B-BK2

こちらは下の入荷待ちのが欲しいです!
f:id:MoneyReport:20150205013036p:plain

やっぱりSSDにするとエライ早いみたいなんですよ!
どのくらい早くなるのかって言うのが体感的に分かる紹介動画を見つけたので貼り付けておきます。
これはぜひ再生してみて下さい!感動物です!

Windowsのロゴマークが読み込み途中で、OSが起動しちゃうのなんて初めて見ました!
Windowsの起動が15秒!
Excel起動が3秒!

対して同じスペックのHDDのパソコンはWindowsの起動に1分くらい掛かっているし、Excelの起動にも20秒くらい掛かっていました(-_-;
私はもちろん普段はこのHDD起動なのでWindowsの電源をONにしてから2分くらい待ってからパソコンを使っています。
それがアナタ、電源押したら18秒でExcelですよ!

「玄関開けたら18秒でエクセル!」

って感じで、最高に気持ちよい速さじゃないですか!!!
SSDにOSを載せたパソコンが欲しいです!
とりあえずSSDを載せるのは決めました!

他にも開発用にオススメのハードやスペック等があれば、詳しい方ぜひ教えて下さい(*^_^*)/
いやー、楽しみ♪

AX