読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ふるさと納税の寄付期間と確定申告時期はズレる!?来月の確定申告で適用になる寄付金は昨年までのもの?

日々のニュース 日本経済 特集 税金 特集 節約
スポンサーリンク
あとで読む

ふるさと納税は普通のサラリーマンでも利用できる!

昨日は個人的に驚愕の事実を知りました。

ふるさと納税は普通のサラリーマンでも利用出来るんです!

ふるさと納税ってなあに?なんと普通のサラリーマンでも利用可能でした(^-^)/ - マネー報道 MoneyReport
ふるさと納税って普通のサラリーマンにも出来たんですね(*^_^*)w今日初めて知りました(^^;

いやー、全く知りませんでした(^^;
副業収入のあるサラリーマンとかが対象なだけで、自分の会社からしか給料をもらっていないサラリーマンは、ふるさと納税の対象外だと思っていたんです!
無知とは怖いものです(-_-;

そして昨日色々と調べた中では「平均年収414万円だと20,000円までの寄付金なら自己負担2,000円で寄付金控除を利用する事が可能!」という事が分かりました!

さらに目安表を見ると、給与所得350万円の独身者の方が20,000円までの寄付金控除枠がありますね(^^)w

目安表に気になる一文が・・・

ん?

目安表に気になる一文が書いてありますよ。

f:id:MoneyReport:20150124094319p:plain

あくまで目安であり、正確な計算は、寄付翌年1月1日にお住まいの市区町村にお尋ねください。

と書かれています。
うーんと。
寄付金の取り扱いは、翌年にならないとはっきりしない、と。
ん?
寄付金控除の対象って、もちろん確定申告の期間に沿いますよね。
確定申告の計算は1/1~12/31の期間に得た収入や支出を元に算出します。
当然、寄付金の適用もその期間に寄付した場合のみ該当しますよね。

・・・

・・・

と、言うことは今年申告する確定申告は当然昨年のものですから、寄付金控除を使うのには昨年中に寄付をしていないと適用されない・・・。
今年これから寄付金をしてふるさと納税の特典をもらおうと思っても、その寄付金の控除が適用されるのは来年の確定申告であって、今年どれだけ稼ぐのかなんて見通せない1月時点では寄付金控除なんて狙えないんじゃ・・・。

アギャポー(@_@)

本当かどうか確かめるのに、前にブログ記事で見かけたのを探しにいきます・・・。

あった!

2016年、高収入を稼いだ方は節税のためにもふるさと納税でギフト品をもらおう!自己負担2,000円で肉、魚介類、酒などが貰えます。 - クレジットカードの読みもの


気付けばもう12月も中旬…。

2014年にお金をたっぷりと稼いだ方にとっては、ふるさと納税を申し込む最後のチャンスなので、忘れずに申し込みをするようにしてください。自己負担金わずか2000円で、お肉や魚介類など、高級なギフト品をたんまりと貰うことが出来ます。

やっぱり12月は、ふるさと納税の特典を得られる最後のチャンスとかって書かれているので、いま寄付金をした所でふるさと納税の特典を得られるチャンスはずっと後だ~(T_T)

バタorz

浅はかでした(;_;)
昨日ふるさと納税が普通のサラリーマンでも使えると分かって狂喜乱舞したのも束の間、翌日の本日にはふるさと納税の寄付期間は昨年までで一区切り付いているという・・・(/_;)

なんとタイミングの悪い男でしょう(T_T)

取り組むのが遅すぎたというか・・・。

気を取り直して

そうそう、でも悪い話ばかりでもないんですよ。
昨日のブコメにて

id:roprossさん
しかも、今年から限度額が2倍になり、4月からは5件までなら確定申告不要になりますの

という嬉しい情報も教えて頂きました(^-^)/
調べてみると

地方創生、税で後押し ふるさと納税の限度額2倍に :日本経済新聞

 2015年度税制改正では、安倍政権の重点課題の地方創生を後押しする内容も盛り込んだ。生まれ故郷など好きな地方自治体に寄付することで住民税と所得税の支払いが減る「ふるさと納税」の限度額を2倍に上げる


 ふるさと納税は応援したい都道府県や市町村に寄付すると寄付額から2千円を引いた全額が住民税と所得税で減税される。お礼に肉や魚介類などの特産品をくれる自治体も多い。寄付額には上限があり主婦の妻と高校生の子ども1人の年収800万円のサラリーマンだと現在は6万1000円まで。15年度からは約12万円になる。


 減税に必要だった確定申告も5つの自治体までなら不要にする。6カ所以上に寄付する人は従来通りすべての寄付の受領書を添えて税務署に確定申告しないといけない。自営業者や高所得のサラリーマンなどもともと確定申告が必要な人も申告しないと減税されない。

来年なら5ヶ所までのふるさと納税特典をもらうなら確定申告すらしないで、ふるさと納税が利用できるようです!
しかも寄付金控除限度額も2倍になるとかって、これは今年から来年ふるさと納税はより活発化するという事ですね♪


じゃあやっぱり欲しかったふるさと納税特典をもらってしまっても良いですかね?
こんな年が明けたばかりの1月ですが(^^;
完全にフライング気味の、ふるさと納税特典狙い!

長野県は飯山市、近々新幹線飯山駅が開業予定の今後が楽しみな街。

http://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/kikakuzaisei/jyohokanri/ouen.htm

そんな飯山市のふるさと納税特典がすごいんですよね~♪
2万円の寄付で14,000円相当の21.5インチディスプレイがもらえちゃうって言うんですから(^-^)w

ディスプレイに書いてあったiiyamaのロゴって飯山市という市の名前だったんですね(^^;
全然知りませんでした。

飯山市のふるさと納税ページに行って「特典をお選びください」を見ると・・・

f:id:MoneyReport:20150124092741p:plain

これがどうしても欲しい!
iiyama 21.5型液晶ディスプレイ!
型番は「iiyama E2278HD-GB2」と。

Amazonで調べてみると普通に売っているモデルですね(^^)w ¥ 14,144。

iiyama WLEDバックライト搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ ProLite E2278HD-2

iiyama WLEDバックライト搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ ProLite E2278HD-2

2万円の寄付金でこれをもらって、来年確定申告で寄付金控除を申請する、と・・・。
今年の確定申告で利用したかったですね(T_T)

まぁきちんと調べて対応しなかった私が悪いんですorz

皆さんも、ふるさと納税狙いの場合には寄付金をするのは年内で、確定申告するのは翌年になりますのでお気を付け下さい(^^;