マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

【保存版】ノマドワーカー必見!SSID暗号化方式一覧!どのSSIDが安全なのか?

スポンサーリンク
あとで読む

お勧めVPN調査

昨日は公衆無線LANを利用する上で、暗号化されていなかったりWEPの様な簡単に解読出来てしまう暗号化方式を採用しているアクセスポイントを使う上で、通信内容を暗号化してくれるVPNのお勧めを調査し公開しました。

無料VPNなら「つながるもん」、有料VPNなら年額2,200円の「Wi-Fi セキュリティ」がお勧めです。

http://www.flickr.com/photos/26304233@N00/2446224424
photo by Adam Foster | Codefor

暗号化方式

昨日はそれぞれの暗号化方式が現時点ではどれが安全で、どれが危険かをまとめさせて頂きました。
再掲載させて頂きます。

【安全な暗号化方式】

  • WPA
  • WPA2
  • AES
  • WPA2-AES
  • WPA2-PSK
  • WPA2-EAP


【危ない暗号化方式】

  • 暗号化なし(1番セキュリティが弱い)
  • WEP
  • TKIP

「どの暗号化方式が安全かは分かった。じゃあ実際に使う時は?」

というのが気になる所だと思います。
私が購入したMVNO(仮想移動体通信事業者)の「BIC SIM」が提供してくれる「WI2 300」という公衆無線LANサービスでは、多数のSSIDが利用可能ですが、使っている暗号化方式はマチマチで「どれが繋いで安全で、どれが繋いで危険なのか?」がちょっと分かりにくいです。
例えばSSID「Wi2」は「暗号化されていない」ですし、SSID「Wi2_club」は「WPA/WPA2 PSK」の暗号化方式で暗号化されています。

「どれが安全でどれが危険か、はっきりさせてくれ!」

と思うじゃないですか(^^;

私は思いました。
なので自分の備忘録も兼ねて、WI2 300や携帯キャリアのWifi、カフェや空港など現在使えるWifi環境で安全な所と、危険な所を明示しておこうと。
という訳で上記の安全な暗号化方式を採用しているサービスエリア(SSID)と危険な暗号化方式を採用または暗号なしのサービスエリアを一気表示したいと思います(^-^)/

安全な暗号化方式を採用しているSSID

提供元 SSID 暗号化方式
Wi2 300 Wi2_club WPA/WPA2-PSK
Wi2 300 Wi2premium_club WPA/WPA2-PSK
ソフトバンク mobilepoint2 WPA2-PSK
docomo 0000docomo WPA2-PSK
docomo 0001docomo WPA2-EAP
au au_Wi-Fi2 WPA2-AES
ソフトバンク 0002softbank WPA2-AES
NTT東日本 0000FLETS-SPOT WPA2-PSK

表で紹介させて頂きました。
まだまだ掲載出来ていない部分もありますので、今後も追加していきたいと思います。

危険な暗号化方式を採用または暗号なしのSSID

提供元 SSID 暗号化方式
Wi2 300 Wi2 なし
Wi2 300 wifi_square なし
Wi2 300 Wi2premium なし
UQ WiMAX UQ_Wi-Fi WEP
ソフトバンク mobilepoint WEP
ソフトバンク 0001softbank なし
ソフトバンク FON なし
FON FON_AP なし
FON FON_FREE_INTERNET なし
スターバックス at_STARBUCKS_Wi2 なし
セブンイレブン 7SPOT なし
FREESPOT FREESPOT なし/WEP
ローソン LAWSON_Wi-Fi なし
NTT東日本 NTT-SPOT WEP

以上が危険な暗号化方式、又はそもそも暗号化なんてしていないSSIDになります。
ここで通信する場合にはVPNが必須となります。

まとめ

とりあえず今日調べた時点で分かった分を掲載しました。
今後も調査を進めて随時反映していきたいと思っています。

「ここが抜けてるぞ!」

「ここも調べて載せて欲しい!」

というSSIDがありましたら、コメントやブコメにてリクエスト頂ければと思います(^-^)/

AX