読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

フリーランスの老後の備え「国民年金基金」の加入も将来的に考えておこう!フリーランスのマネー講座♪

特集 節約 フリーランスのマネー講座
スポンサーリンク
あとで読む

フリーランスの老後

9月が始まって2日目。
そろそろ暑さがおさまって涼しくなりますかね~。

さて、フリーランスの方が加入できる年金制度について昨日は見ていきました。

フリーランスの年金は国民年金一択のみ!2年前納がお得♪フリーランスのマネー講座♪ - マネー報道 MoneyReport

結論としては

フリーランスは国民年金にしか加入できない!

という事に落ち着きました。
でも国民年金だけだと老後の備えが心配です。

国民年金でもらえる金額と老後必要な生活費

国民年金を65歳から満額受け取ったとしても支給額は年額77万2800円。
月額にすると6万4400円です。(平成26年4月時点の額)
老後に月64,400円で生活する事は困難です(>_<)

少し古いデータですが平成24年家計調査(総務省統計局)によれば、老後に必要な生活費は高齢者夫婦の世帯で月額約27万円とのこと。
夫婦でもらえる国民年金が

 64,600円 × 2人 = 129,200円

と約13万円ですので、老後に必要な生活費から差し引くと14万円くらい不足します(-_-;

f:id:MoneyReport:20140902075654j:plain

現役時代はフリーランスでウハウハでも、引退して国民年金の支給だけで路頭に迷うのでは幸せな人生設計とは言えません。

老後に必要な生活費

国民年金の受給開始は65歳からです(平成26年現時点)。
現在の男性の平均寿命は84歳。
65歳から年金生活が始まったとして、余命19年間の必要な生活費を計算してみると・・・

 27万円 × 12ヶ月 × 19年間 = 6,156万円

!?
驚愕の金額ですね・・・。
6,156万円も必要なんですか!?65歳以降に!?

んーと、国民年金でもらえる金額はというと・・・

 夫婦国民年金受給額129,200円 × 12ヶ月 × 19年 = 2,946万円

おぉ!
3,000万円くらいはもらえるんですね!
国民年金も捨てたもんじゃないですね!
必要生活費から国民年金でもらえる金額を減算してみると・・・

 6,156万円 - 2,946万円 = 3,210万円

不足金額が3,210万円となりました(T_T)

65歳までの現役中に3,210万円ほど貯金する必要があります(-_-;)
ムリだ!無理すぎる!

国民年金基金

と、ここで諦めて自暴自棄になってもしょうがないので、冷静になって何かしら対策がないのか探してみましょう(^^;

おすすめしたいのが国民年金に加入した人しか入れない

国民年金基金

です。
国民年金基金(こくみんねんきんききん)は月額最大68,000円(年額816,000円)まで掛ける事が出来、65歳以降に年金として受け取ることが出来ます。

例えば35歳であなたがフリーランスになったとして、それから30年間毎月68,000円(年額816,000円)を国民年金基金に積み立てるとすると・・・

 816,000円 × 30年 = 24,480,000円

となりまして、2,448万円が貯まります。
さらにもちろん、運用益の利率が掛かりますのでもっと増えます。
ちょっと最新のデータが分からなかったのですが、平成25年時点では1.75%の利率が約束されています。 
30年間毎月65,000円積み立てて行くとほぼ3,000万円をに増えているそうです。

f:id:MoneyReport:20140902075704j:plain

加入によるメリット | 制度について知る | 国民年金基金連合会

老後の備えに国民年金基金は良さそうですね(^^)w

掛け金は全額社会保険料控除対象になる

国民年金の保険料も全額が社会保険料控除対象になると説明させてもらいましたが、国民年金基金の掛け金も全額社会保険料控除対象に出来ます。

年額最高で816,000円が控除対象となりますので「儲かって儲かって仕方がない!ガッハッハッハ!」という大儲けされているフリーランスの方は、国民年金基金のMAXまで積み立てておけば控除対象になりますし、老後には年金がもらえてHappyになれますよ(^^)w

あまり儲かっていないフリーランスの方は、国民年金基金に加入している余裕なんてないでしょうから「将来的に俺も国民年金基金に入るんだ!」という目標にして、頭の片隅に置いて本業に励みましょう(^^;

国民年金基金の注意点

国民年金基金は、原則65歳以上でしかもらえません。
まぁ年金なので当たり前の事ではあるのですが、要は「途中でどうしてもお金が必要になったので解約して、これまで積み立てた分を受け取りたい」という要望には一切応えてくれません。

また原則、途中解約や途中脱退をする事が出来ません。
景気が良くて儲かった年に、国民年金基金に加入したのはいいけど、景気が悪くなってあまり儲からなくなってきても、脱退をする事ができません。
どうしてもお金がない時は相談すれば2年間支払いを止める事は出来ますが、解約する事は出来ません。

なので本当に余裕資金でやらないとヒドイ目に遭いかねません(>_<)
フリーランスとして独立後に、相当余裕が出来てから国民年金基金には加入する様にしましょう。