読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

FXの資金効率が良いのはレバレッジ(てこの原理)のお陰!

スポンサーリンク
あとで読む

初心者向けFX解説に挑戦

昨日からFXの初心者向け講座を始めました!

FXとはなんぞや?外国為替証拠金取引ってなあに? - マネー報道 MoneyReport

本日は第二段という事でレバレッジについて。

さて、最初に注意書き。
今回以降のFXの紹介記事では、投資資金を10万円と想定して記事上で紹介させて頂きます。
これは初心者の方がいきなり100万円とかの大金をFX口座に入金してトレードしたりする事を避ける狙いがあります。
最初に言っておきますが、FXトレードを始めた人のおおよそ80%の人は投資資金の95%を無くして為替市場から退場させられています。
残り15%がトントンで、残り5%程度の人だけがFXで利益を上げられるトレーダーになる事が出来ます。
これは統計情報から得たデータではないですが、何かの書籍にこれと似た数値が紹介されていたかと。後は私の実感です。

私の記事を読んでFXを始めたとしても、8割の人が手元に5%しか残らず去っていく事になります。
もし仮に100万円投じた場合には、手元に残るのは5万円だけです。
これは痛い。
なのでこうしていきなり大きな金額をFX口座に入金されて困る方が出ないように10万円の投資資金ベースで記事を書き、もしFX口座を開設される場合にも最初に投じる資金は10万円程度にして欲しいためです。
10万円ならば95%を失って手元に残るのが5千円でも、まぁ失う金額が95,000円で済みますから。
100万円を投じていると、95万円も失いますからね(-_-;
私の読者の方にそんな大きな損失を出しては欲しくないので。

レバレッジの基礎

本日、ご紹介するのはFXを語る上で外す事はできない

レバレッジ

についてです。
レバレッジという言葉を聞いた事はありますか?
私が初めてレバレッジという言葉を聞いた時は株式取引を始めて、半年ほど経ち

「株の信用取引なら3倍までレバレッジを掛けて取引が出来るよ」

という話を聞いた時でした。
株式取引は最初、現物取引しか出来ません。
30万円の株式は30万円出さないと買えません。まぁ当たり前ですよね。
ですが信用取引を使った場合は3倍までの株式が買えるという事で、10万円の投資資金で30万円の株を買えるという事でした。

「へー、レバレッジを使うと自分の投資資金以上の取引が出来るんだ~」

と初心者ながらに思ったものです。

話をFXのレバレッジに戻しましょう。
英語でレバーといえば何でしょう?英和辞典で引いてみます。

レバー[lever]

(1)てこ。
(2)機械などを操作するための取っ手。航空機の操縦桿や自動車の変速装置の操作棒など。

という事で「てこ」の事を指します。
てことは国語辞典で引いてみると

てこ【梃・梃子】

(1)棒の一点を支点とし、その支点を中心にして棒が自由に回転できるようにした仕組み。機械や工具などで、小さい力を大きな力に、また小さな動きを大きな動きに変えるために広く用いられる。槓杆(こうかん)。レバー。
(2)重い物の下にさし入れて、それを動かすために使う棒。
「梃でも動かない(=どんな手段を用いてもそこを動かない。また、かたくなに主張を変えない)」

という意味ですね。
重い石の下に棒を入れてエイヤッとやるイメージが分かりやすいですかね?

レバレッジ = てこの原理

を指します。
FXでレバレッジを効かせると、自分の投資資金以上の大きなお金を動かしてトレードする事が出来ます。
この辺が昨日も説明した証拠金の所ですね~。
もしFXが単なる外国為替取引の事であれば、自分の投資資金分しか取り引きできなくて、大して魅力のない投資対象でしかなかったでしょう。

しかし、FXは外国為替証拠金取引であったために、レバレッジが効かせられる事で、非常に魅力的な投資商品となり多くの投資家の資金を集める事となりました。

レバレッジを効かせてiPad Airを買うと?

さてレバレッジを使うことで投資資金以上の取引が出来る事が分かりました。
具体例を持って理解していきましょう。

ここに最新のiPad Airがあります。

Amazonで2014/07/30現在50,500円で販売されています。
話を分かりやすくするために5万円とします。

10万円持っているとして、iPad Airは何台買えますか?
計算するまでもないですね、2台購入できます。

f:id:MoneyReport:20140730225111p:plain

iPad Airがもし1週間後に10%値上がりして5.5万円になっているとします。しかもこのiPad Airをその値段で購入してくれると言います。
喜んで売りましょう!
 5.5万円×2台=11万円
でiPad Air2台を売る事ができ、1万円の利益が手に入りました。

これがレバレッジ1倍の話です。

レバレッジが2倍になるとどうなるでしょうか?
手元には10万円しかないですが、レバレッジが効くので20万円まで買い物が出来ます。iPad Airは5万円なので4台購入できます。

f:id:MoneyReport:20140730225124p:plain

1週間後に5.5万円になっていれば、
 5.5万円×4台=22万円
で売れて2万円があなたの利益になります。

投資資金が同じ10万円なのに、利益が増えましたね♪
これがレバレッジの効果です。

これがレバレッジ10倍になれば、投資資金10万円で100万円まで買い物が出来るので、iPad Airは20台も購入する事が出来ます!

f:id:MoneyReport:20140730225142p:plain

5.5万円に値上がりして売ることが出来れば
 5.5万円×20台=110万円
でなんと投資資金10万円で取り引きしているのに、倍増となる10万円もの利益が出ました!

これがレバレッジの威力です!

レバレッジを効かせて米ドル/円を買うと?

まぁ実際にはiPad Airはなかなか値下がりする事はあっても値上がりする事は少ないでしょうし、一度購入した新古品であっても売るときには安く叩かれてしまいますし、そもそも買ってもらえない可能性もあります。これが一般の商品がトレードに向かない理由です。

ですが、この取り扱う商品がお金(マネー)だったらどうでしょうか?
日本円ではなくて、アメリカドルや欧州通貨ユーロであれば買って時間が経って売っても価値は変わりません(時価は変わりますが(^^;)。
んー、難しいですね。
日本円で10万円持っているとして、働いて手に入れたとしてもそれは一ヶ月後も10万円の価値があるじゃないですか。
それが働いてiPadAir2台もらっただけなら、一ヶ月たって新製品でも出ていようものなら、iPadAirの価格は下がっています。

そう、お金って一般の商品とは違って時間が経っても劣化しないんですよ。不思議ですね。

なので、このお金を取引対象とする事で、需要と供給における価格変動分だけの差で利益を出したり、損失を被ったりと言ったトレードが出来るわけです。

ちょっと図を書いてみました。
下手くそでゴメンナサイ(^^;

レバレッジ1倍の場合は10万円の投資資金なら、10万円分のアメリカドルを買う事が出来ます。
話を簡単にするためにドルが100円の時で計算してみましょう!
計算式は下記の様になります。

 100,000円÷100ドル/円=1,000ドル

10万円で1,000ドルを買うことが出来ます。
f:id:MoneyReport:20140730020425p:plain


レバレッジ3倍の場合は10万円の投資資金で、30万円分のドルを買うことが出来るので

 300,000円÷100ドル/円=3,000ドル

3,000ドルを買うことが出来ます。
f:id:MoneyReport:20140730020458p:plain


レバレッジ10倍まで来ると桁が変わりますね~。
10万円の投資資金で100万円までの米ドルを購入する事が出来ますので、

 1,000,000円÷100ドル/円=10,000ドル

1万ドル買うことが出来ます!
f:id:MoneyReport:20140730020505p:plain


FXの最大レバレッジは25倍です。
10万円の投資資金で250万円までの米ドルを購入する事が出来ます!

 2,500,000円÷100ドル/円=25,000ドル

2万5千ドルもの巨額のドルを購入する事が出来ます!
f:id:MoneyReport:20140730020511p:plain

このように、自分の投資資金が少なくても大きな投資をする事が出来るのがFXの最大の特徴です!
ここまで大きなレバレッジを掛ける事が出来る金融商品は他にはありません。
だからこそ多くの投資家がFXにチャレンジする訳です。

【お勧めFX業者】

まとめ

  • レバレッジとは「てこの原理」
  • iPadAirもレバレッジを効かせると少ない資金で多くの台数を買うことが出来る
  • FXではレバレッジを効かせる事で、例え10万円の投資資金でも最大25倍の25,000米ドルもの取引をする事が出来る!