読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

格安スマホはどうしてあんなに安く出来るの?3つの秘訣

スポンサーリンク
あとで読む

格安スマホってなあに?

最近ちまたで話題の格安スマホの事をご存じですか?
以前話題になった「イオンのスマートフォン」とかが格安スマホに該当します。
イオンのスマートフォンは2014年04月に限定8,000台で発売し、約1ヶ月で完売するという大人気ぶりでした。
その人気の秘密は安さです。

月々のスマホは普通に利用すると月額8,000円程度維持費がかかります。
これがイオンのスマートフォンでは月額2,980円で利用できるっていう安さが受けて大ヒットとなりました!

要はスマートフォンが端末と格安電話SIMがセットになって販売されているのが格安スマホ、という事になります。

では、どうしてそんな安く販売できるのでしょうか?
その秘訣を3つに分けて解説します。

1.MVNOの格安SIMを利用しているから!

MVNO(仮想移動体通信事業者)って知っていますか?
docomoのXiやFOMAの通信回線網を借り受けて、通信量に制限を掛ける代わりに安価にデータ通信を行う事が出来る通信サービスになります。
スマホに挿しているSIMをこのMVNOのSIMに差し替えるだけで、簡単に事業者の乗り換えを出来るのが特徴です。

docomoの回線を借りているので、docomoのスマホかSIMフリースマホ(後述)でしかMVNOを利用できないのがネックでしたが、ここにきてauもMVNOに参入し、auのスマホでもauのMVNO事業者のSIMであれば利用できる様になりました。

MVNOのデータ通信は「月に1GBまで」とか「常時128Kbpsまで」といった通信容量制限や通信速度制限を受けますが、原則パケ放題なのでいくらでも通信をする事が出来ます。
月に1GBまでの制限がある場合でも1GBを越えたら、その後150kpbsに速度制限を受けるというだけで、データ通信が出来なくなるわけではありません。

そして格安スマホの場合はこのMVNOのSIMをデータ通信専用のものではなくて、通話も出来るタイプのMVNOを選んでいるのが特徴です。
通話も出来るMVNO SIMとして有名なのはIIJmioのみおふぉんです。

【みおふぉん】
IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ライトスタートプラン

月額1,600円で音声通話付き(090や080の電話番号)でデータ通信し放題のMVNOになります。
まさに格安スマホはこの、音声通話付きMVNOを利用するから安くできるんです!

みおふぉんについては、他のブロガーさんが奥さんのスマホに使うのに導入されました。

嫁さんが通話タイプmvnoデビュー。その4、ディズニーモバイルからみおふぉんへMNPする。 | ReBORNなんてできませんでした。

2.SIMフリースマホの安価な機種を選んでいるから!

携帯キャリア(docomo、au、SoftBank)が販売しているスマホは原則、SIMロックという機構が付いていて、自分のキャリアのSIMしか使えない制限を掛けています。
これが世に言うSIMロックというものです。
このSIMロックをかけていないスマホの事をSIMフリースマホと呼んでいます。

SIMフリースマホであればどこのMVNOのSIMを挿しても使う事が出来るので、SIMフリースマホが格安スマホの本体として選ばれます。

「でもわざわざSIMフリースマホを作って販売するの?」

と思われるかもしれませんが、世界中を見渡すとSIMロックしていないスマホの方が実は多いんです。SIMロックをかけているのは日本やアメリカ等が主流で、ヨーロッパ等ではSIMフリーが当たり前だったりするそうです。
なので海外で販売しているSIMフリースマホの内、廉価版の安い機種を選んでそれを格安スマホでは使っています。
元々海外で販売されているので大量生産されていて安く本体を入手出来ますので、それを輸入して日本仕様に調整して販売するだけなので本体価格を安く抑える事が出来ます。

3.小売店で販売するから店頭で気軽に購入できる!

ネットショップでいきなり格安スマホを購入するのって結構抵抗のある方が多いのではないかと思います。
しかもこの格安スマホは普段ネットの情報とかには疎い層を狙って販売したいのでネット通販は向きません。
そこで必要になってくるのが大手小売店での対面販売
そして戦陣を切ったのが小売店大手のイオンだったという訳です。
イオンなら日頃の生鮮食料品の買い物のついでに、格安スマホを手にとって実機を触って確認してもらって販売する事が出来ます。
これが家計を預かる主婦層にヒットしたから大ヒットとなり、1ヶ月足らずで完売と相成ったという訳です。

現在ではイオンでは第二段の「イオンのスマートフォン」を月額1,980円で販売中です。これで電話もデータ通信も出来て、SIMフリースマホの本体も付いて来るって言うんだから、毎月8,000円も支払っているスマホには見切りを付けて切り替えますよね(^^;
これだけでスマホ台を1/4に出来ますからね~♪

他にもビックカメラなどでも格安スマホは販売されています。

まとめ

格安スマホが格安で提供でき流行った理由は以下の3点です。

  1. MVNOの格安SIMを利用しているから!
  2. SIMフリースマホの安価な機種を選んでいるから!
  3. 小売店で販売するから店頭で気軽に購入できる!

これからも格安スマホは一定の人気を得て利用者の増加が見込まれています。
スマホの維持費が高くて困っている方や、現在使っているスマホが古くなって傷だらけだったりするなら、格安スマホに乗り換えるのも大ありかと思います(^^)/