読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

海外サイトでのクレジットカード決済使うならPayPal(ペイパル)を使った方が安心

特集 節約 特集 貯蓄・貯金 ビジネスとマネー 特集 投資
スポンサーリンク
あとで読む

近々海外サイトでサービスの購入をしてみようかと

近年、日本にいながらでも海外のWebサイトのサービスを利用したり、海外のオークションやネットショップから商品を購入したりする事が普通にできる様になってきました。
海外のオークションやネットショップからの商品発送時には、送料も国際郵便になるため高く付く事も多いですが、Webサービスを利用するだけなら送料も掛からずサービスだけを利用する事が出来ますので手軽に利用する事が出来ます。

しかし海外のWebサービスやネットショップを使う際に気掛かりなのは、支払い時のクレジットカードの情報は大丈夫なのか?という点です。

日本の大手のWebサービスやオンラインショップですら、顧客情報の流出や、それこそクレジットカード情報の漏洩が起きたりしています。
日本のサービスであれば、ニュースで報道されるので「自分もここのオンラインショップで、クレジットカードで購入した事がある!大丈夫か購入履歴をチェックしてみよう!」とかって割と素早く対応する事が出来ます。
しかしこれが海外のサイトとなるとそうもいきません。
現地ではニュースになるかもしれませんが、日本にまで報道される可能性は低いですし、もし仮に報道してくれたとしても「いつからいつまでの利用者が対象」とかって現地の言葉で書かれていても判別出来るのか怪しいものです。
しかも海外サイトのeBayや米国のAmazonなど大手のサイトを利用するのならまだ多少安心ですが、名前も聞いたことも無いような海外のWebサイトを利用する時にはクレジットカード情報を入力する事を躊躇う(ためらう)事になるでしょう。

そもそも海外の有名でもないWebサイトを利用するなっていう話もありますが(^^;、それでも便利なWebサービスや魅力的な商品を取り扱っているのが海外サイトにしかないのなら、使わない手はないと思うんですよね。
これだけ物やサービスが国境を越えてどんどん広がっているグローバル社会に生活する者として「怪しいから使うな」だけの自衛手段では世の中に置いて行かれるというものです。

しかし無名な海外サイトを何の対策も無しに利用するのは、夜の繁華街で札束を手に持って歩くようなもの。
いつ誰にお金を奪われてもおかしくないです。
お金はきちんと財布にしまって、財布も盗まれにくい所に仕舞うのが必要と言うもの。
そんな対策をきちんと取ってから海外サイトを利用しましょう。

クレジットカード番号を隠蔽してくれるPayPal

海外サイトでお金を支払う際に怖いのは、クレジットカード番号の入力です。
ここのセキュリティがザルだったり、セキュリティは掛かっていたものの、悪意のあるサイトでそのクレジットカード番号を悪用されたりしたら、たまったものではありません。

そんなクレジットカード決済のリスクを下げてくれるのが「PayPal(ペイパル)」というサービスです。
このPayPalを使うと、海外サイトで支払方法がPayPalに対応してくれていれば、クレジットカードの入力をせずにクレジットカードで支払う事ができます。
海外の怪しいサイトに自分のクレジットカード番号を伝える事なく、支払いを済ませる事が出来るので、セキュリティ的にも望ましいですし、悪意のあるサイトであってもクレジットカード番号を悪用される心配はなくなります。

PayPalとはどんなサービスなのでしょうか?

クレジットカード決済をあなたにも -PayPal(ペイパル)
PayPal(ペイパル)の日本公式サイト。

調べた結果は

PayPal(ペイパル)とは

  • クレジットカード番号をPayPalに事前登録しておき、支払い時にPayPalを選ぶと、自分はPayPalにお金を支払い、PayPalはネットショップに支払い代行してくれます。
  • クレジットカード番号を知るのはPayPalのみ。ネットショップにはクレジットカード番号は知ることなく決済が完了します。
  • PayPalの運営母体は世界最大級のオークションサイト「eBay」グループ。
  • 購入時にはクレジットカード番号の入力不要。PayPalに登録したメールアドレスとパスワードの入力だけでOK。
  • 国内でもPayPal対応サイトでは利用可能。
  • 個人利用の場合、手数料不要。

との事。
国内でも使えますが、多くは海外サイトで自分のクレジットカード番号を隠蔽して、リスクを下げて買い物をするために使います。

PayPal(ペイパル)でリスクを下げて海外サイトを利用できる

なかなか便利そうな決済代行サービスですが、個人で使う上で注意点はないのでしょうか?

「クレジットカード情報をPayPalが一括管理する」ので、PayPalが悪意のあるハッカー等にセキュリティを破られクレジットカード情報が流出すれば、被害は甚大でしょう。
利用者数は全世界で現在1億人以上が使っているようですので、流出事件があれば世界的な大問題になるでしょう。
ですが、この場合は日本でも大々的に報道される事は必至なので、海外の無名サイトが流出事件を起こす場合に比べれば、リスクは下がります。

「PayPalで利用するメールアドレスとパスワードを知られてしまった場合」は、普通にクレジットカード情報が流出して使われるのと同様に被害に遭うでしょう。

「ペイパルを利用して代金を支払ったのに商品が届かなかった場合」等の場合には、ショッピングプロテクション(買い手保護)という仕組みがあるので、代金支払い時より45日以内であれば支払った代金を払い戻ししてくれる場合があるそうです。
これは少し安心ですか。

個人で利用する場合には、海外サイトで無名のWebサービスや無名のネットショップからサービスや商品を購入する時に利用する事で、クレジットカード流出の被害のリスクを下げる事が出来ます。
ですが、上述の様にPayPal自身が流出事件に巻き込まれるリスクはありますので、リスクをゼロにするとまでは言えませんが、海外サイトでクレジットカード番号を入力するよりは安心して利用する事が出来るでしょう。

近日、私もPayPalに登録して海外Webサービスを利用予定です。
まずは海外サイトを使う前の準備としてPayPalに登録しようと思います。

そもそもPayPalを知ったのは

先日のネットショップ開設に向けての調べ物の中で見つけたのがPayPalでした。

本気でネットショップを開く時の決済方法と特定商取引法に基づく表記 - マネー報道 MoneyReport
ネットショップでの決済方法と特定商取引法に基づく表記の調査結果。もう少し突っ込み所があるから、もう少し調べてみたい!

上記の記事の中でネットショップで使うべき決済方法を調べた中にPayPalがありました。
下記がPayPalをお買い物をする個人側ではなくて、ネットショップオーナー側からPayPalを見た時のイメージです。

PayPal(日本語) - ペイパル|ペイパルをはじめる|ビジネスでペイパルが選ばれる理由

上のリンクはPayPal(ペイパル)のネットショップ側の手数料説明になります。
一般的なクレジットカード決済よりは断然安いようです。
ただし1件の決済にあたり「手数料3.6% + 40円」が掛かります。
また開設に時間が掛かり、数週間待たされます。
でもこれも通常のクレジットカード決済を導入しようとすると数ヶ月待たされる場合もあるそうなので、本格的なネットショップを運営される方は検討してみても良いかもしれません。

PayPalはクレジットカード番号を事前に登録しておくので、ネットショップで購入する時にはクレジットカード番号を入力する必要がないので、カゴ落ち率ダウンに貢献する事が出来るそうです。