読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

本気でネットショップを開く時に色々と直面する困った事例

ブログ運営 ビジネスとマネー
スポンサーリンク
あとで読む

次の記事予告はブロガー泣かせ?

今週はネットショップオーナーを目指して開業準備をしている方向けの記事を2本書かせてもらいました。

本気でネットショップを開く時の決済方法と特定商取引法に基づく表記 - マネー報道 MoneyReport
本気でネットショップを開く時のコンビニ決済と特商法表記省略事例 - マネー報道 MoneyReport

非常に好評を頂きまして、読んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。

そして昨日の記事でも「次の記事の予告」を付けさせてもらいました。
「ネットショップ運営時に他にも気を付ける事をまとめて紹介します!」ってアナタ(←昨日の私に向かって)、勝手に私が今日書く記事の内容決めないで!
知ってる事を書く内容なら良いけど、そんな調べないとわからない内容を予告しないで!
ホントにきついんだから!
昨日の記事もかろうじて特商法省略してくれてるネットショップが最後の最後に見つかったから良いけど、見つからなかったら謝らなくちゃいけないんだから!
知らないことを調べるのって結構大変なんだから!

自分で自分の首を絞める「次の記事予告」
来週は控えようかな~(;_;)

ネットショップ運営で困った事例①「銀行振込で金額を間違われる」

これは一昨日の記事のコメントへの書き込みで教えてもらいました。

す。 (id:suzukidesu23)さん


銀行振込決済は、実施してみて物凄い手間がかかるためにやめているところもあるので、慎重にされた方が良いかもしれません。
送料足りないとか、金額間違ってるとか、大手だとそれだけで専任を2名くらいつけているところもありますよ。

なるほどー。
そんな事例があるんですね。
確かにヤフオクの出品でも何度か金額間違いがあって追加でお金を入金してもらったり、間違って多く入金した人には商品発送時に切手でその差額を返却したりと手間が増えました。

ですが、個人でネットショップを始められる方にとっては「銀行振込」の決済手段は外せないと思うんですよねー。
何が良いって、そりゃあ次の2点です。

【決済手段で銀行振込を外せない2つの理由】

  1. 決済手数料が取られない!
  2. すぐに手元にお金が入る!

1.決済手数料が取られない!

銀行振込以外の決済手段の場合には、ネットショップ運営側が手数料を負担する必要があります。
1取引毎に数%の手数料が掛かり、またクレジットカード業者や後払い業者がネットショップオーナーの銀行口座に振り込んでくれる時にも振込手数料が取られてしまいます。
ある程度、高額商品を取り扱っていて値幅が大きいならいざ知らず、手頃な値段の商品を扱っているだけのネットショップの場合は、この数%の手数料も馬鹿に出来ません。

その点、銀行振込の場合は振込手数料はお客様には負担してもらう必要がありますが、ネットショップオーナー側は手数料負担無し。
10,000円で売った商品代金が丸々手元に入るという訳です。
これは美味しい♪

2.すぐに手元にお金が入る!

銀行振込はお客様が入金してくれれば、すぐに自分の銀行口座に反映されるため、そのお金を次の商品代金の仕入れに回したりする事が出来ます。
もう軌道に乗ってしまった大手ネットショップならば資金繰りをそれほど心配する必要はないかもしれませんが、オープンしたばかりのネットショップは資金繰りが楽に越した事はありません。

せっかく商品が売れたのに、商品代金が今月末や最悪は翌月末とかに入金されても、その期間に新たな商品を仕入れたり製作したりするのにお金が必要です。そのお金を自分の貯金や別の代金を充てたりするとその分、余計に費用をよけておく必要があります。
それが銀行振込の場合は、すぐに手元にお金が入るために、すぐに使えて資金繰りが楽になるという訳です。
オープンしたてで資金繰りが苦しい時期は、やはり銀行振込の決済手段は残しておいた方が、ネットショップオーナーとしては良い選択となるでしょう。

ネットショップ運営で困った事例②「後払い決済も手間は掛かる?」

これは昨日の記事のコメントへの書き込みで教えてもらいました。

id:iroirotest2525さん


こんにちは

NP後払いのメリットは料金回収リスクが無くなる点ですが、支払い滞った顧客にNP回収業者が電話を掛けるのですが、その電話内容によるトラブルも多いようです。

NP後払いのご利用料金・手数料|導入実績No1の株式会社ネットプロテクションズ

昨日紹介させてもらった「NP後払い」というサービスを使うと、お客さんが代金を支払うまでに結構な時間が掛かります。

【後払い決済の手順】
「商品購入手続き」→「商品発送」→「商品受取」→「コンビニで支払い」

通常で1週間後位になります。お客さんが代金を支払うのは。
銀行振込とかと比べると非常に遅いです。

【銀行振込決済の手順】
「商品購入手続き」→「銀行振込」→「入金確認」→「商品発送」→「商品受取」

と商品を渡す前に支払う先払いとなります。
通常2・3日後くらいですか。

そしてこの通りの手順で行ってしまうと、ネットショップオーナーへの入金は極端に遅くなります。
それを避けるために、NP後払いの様な後払い決済サービスを行っている業者は、お客さんからの入金よりも前に先に業者の方で立て替えてネットショップオーナーに振り込んでくれます。
これは非常に有り難い仕組みなんですが、今度はその後払い決済サービス側が「お金をもらえない」というリスクを負う事になります。

・商品が届いて支払い伝票が届いているのに支払わないお客

そんなお客に対して後払い業者から電話が行くというわけです。
買ったお客としては「ネットショップでもない所から”金をはらえ!”と言われたけど、なんなんだよ」となるでしょうし、ふんだくろうと考える悪いお客も中にはいます。

なので昨日調べていた中でも後払い業者の説明に「お金を払ってくれないお客様への請求の手伝いをして欲しい」との記載を見掛けました。
お金を支払ってもらうというのは、どこの業界でも大変な労力のいる仕事になるという事ですね。

他にも見つけた困った事例

イヤなお客さんを断る勇気

『商品に細かい傷がある!』、『商品の色が想像していた色と違った』などなとお客さんからのクレームは気をつけていても上がってくる場合があります。
そんな時の対処法、あなたならどうしますか?

銀行振り込みは、入金確認後の商品発送が当たり前か?|カラーミーでネットショップ開業。カスタム方法や運営術を伝授!

銀行振込が最良の決済方法とも限らない話。
ネットショップの運営が軌道に乗って来たらコレもありかも。