マネー報道 MoneyReport

マネーにまつわる報道を取り上げ、自分の切り口で切り取り、噛み砕いてお伝えします。

ビットコイン専用EAのトレード戦略を徹底解説!BitcoinBuyAddEA

ビットコイン専用EA

仮想通貨ビットコインの取引を始めてから4週間ほどが経ちました。
普通、ビットコインの取引というとビットコイン取引所やビットコイン販売所でビットコインを買っておいて、高値になったら売ってというのを指すと思いますが、私は一味違ってビットコインの先物取引を行っています。
ビットコインの先物取引については以前詳しく記事に書きましたので引用します。

普通にビットコインをビットコイン交換所やビットコイン取引所で売買しても所詮は現物取引。
ビットコインの下落局面では損失が出るばかりですし、取引手数料も高い。
レバレッジは効きませんから、今ビットコインを買うなら45万円出して1BTC買えるだけ。
今後もビットコインは人気を集めてさらに1BTC100万円くらいまで値上がりするかもしれませんが、所詮は2倍に増えるだけの話。
あまりオイシイ話ではありません。


で・す・が!
ビットコイン先物取引であればレバレッジが効きますからビットコインが2倍に上昇する局面であればレバレッジ2倍で利益は4倍に、レバレッジが6倍であれば利益は12倍に膨れ上がります!


どうですか?
ちょっと楽しくなってきませんか(笑)。


ビットコイン先物取引ならレバレッジ実質6倍の取引が出来る!あぶく銭なら先物ビットコイン取引もありかも(^^; - マネー報道 MoneyReport

ビットコイン先物取引は証拠金取引となるために、預け入れた投資資金の数倍まで取引する事ができます。
レバレッジを利かせる事ができるので、資金効率が非常に良いです。
まぁ、ハイリスク・ハイリターンになるので、資金管理やトレードには注意が必要ですけどね。
漫然と取引したのでは、あっという間に資金が底をつきロスカットで資金が吹き飛んだりする事もあります(^-^;

大切なのは、きちんとビットコインの値動きにあった投資戦略に沿ってトレードする事です。
感情のままに

「あ、ビットコインが高くなってきた追随して買いだ!」

と高値掴みしたりすると、ビットコインは下げる時も早いので損失の拡大も大きいです。
感情を排除して、冷静に分析してトレードする事が必要です。
でもそんなの忙しい現代人には難しいのではないかと思います。

そこで登場したのがビットコイン専用EA「BitcoinBuyAddEA」です。
これはFXの自動売買プログラムを日頃開発している私が、ビットコイン相場向けに開発した自動売買プログラムになります。

下図は実際のそのビットコイン専用EAでトレードしている運用途中の内容です。(ポジション数、金額等は記事執筆時点のもの)
f:id:MoneyReport:20171006094841p:plain

9月13日にEAを稼働開始しました。
30万円の投資資金で現在463,002円になっています。
4週間ほどで1.54倍に増えています。
まぁまだポジションが確定していなくて含み益が16万円という状態だというだけですが。

もう少し上昇すると、ポジションを決済して確定益となります。

で、このビットコイン専用EAの自動売買プログラムを使用すると、文字通り自動で売買してくれるので普段、やることはありません。
ほったらかしで良いのです(^-^)v
ビットコインの下落局面で勝手に買ってくれて、上昇局面で勝手に決済してくれます。

忙しい人にピッタリのビットコイン運用方法ではないでしょうか。
本日は、このビットコイン専用EAである「BitcoinBuyAddEA」のトレード戦略について徹底検証してみたいと思います(^-^)/

f:id:MoneyReport:20171006093027j:plain

ビットコインの値動きについて

まずは、ビットコインの値動きについて知っておく必要があります。
仮想通貨ビットコインの値動きはこれまでのどんな通貨や、金や原油などの商品価格との値動きとも違う特徴を持っています。

下図チャートはビットコインのUSD(米ドル)換算の日足チャートになります。
f:id:MoneyReport:20171006095943p:plain

左端のスタート時点が今年の1月3日。
右端が現在の10月6日。

どうですか、物凄い勢いで右肩上がりに上昇しているのが見て取れると思います。
流れとしては基本は右肩上がりで、時々急落している印象です。

ビットコインは今年の1月時点では1ビットコイン(1BTCと表記します)の価格は10万円(およそ1,000ドル)でしたが、8月には1BTCが50万円を超えて、9月1日には過去最高値の56万円をつけました!
その後、下落局面となり9月中に1BTCが30万円まで下落しましたが、現在復調し戻してきている状態です。

このようにビットコイン価格の値動きは「基本は右肩上がりで、時々急落」しています。
右肩上がりに上昇していく値動きのチャートで利益を出すのには当然、安く買って高く売るのが基本戦略になります。
では、どこで買ったら良いでしょうかね?

チャートを拡大して見てみましょう。
下図は2017年2~4月の日足チャートです。
f:id:MoneyReport:20171006101012p:plain

どこで買って、どこで決済(売る)すれば利益が出そうでしょうか?
考えてみて下さい。

・・・

答えはこんな感じです。
f:id:MoneyReport:20171006101410p:plain
青丸の下落した所で買って赤丸の上昇した部分で決済(売る)すれば利益が出ます。
半分より右側の青丸はまだ決済局面が来ていないので、右上に赤丸を描いちゃいました。

株式相場とかでもそうですが、皆がパニックになって投げ売りしている時に買うのが大事です。
これって後から見て「この下落した所で買えばいいじゃん」ていうのは簡単な話で、でも実際にその相場局面にいると怖くてしょうがない状況なんです。

上記チャートの中央部分をさらに拡大して見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20171006102207p:plain

チャートでは未来は見えないため、右側がない状態になります。
この1日でこの2週間くらいの値動きを、1日で上げたり下げたりする局面です。
相当な混乱もあり、ビットコインの良いニュースと悪いニュースが流れた日でしょう。

こんな混乱時にはまともな神経の人なら

「マズイ、ビットコインは今後ダメだ売ってしまおう(>_<)」

と持っていたビットコインを決済して利益確定してしまうような場面です。
大勢の人がそう思い、ビットコインを投げ売りする。
そんな投げ売りの中で買うんです。
これはですねぇ、投資をやった事がある人なら分かりますけど怖いんですよ(-_-;

「もうダメだ!でもきっとこの後上がる、買わなきゃ!」

って、勇気を持たないと買えない場面です。
しかもこの値動きが仕事している昼間とかに起きちゃうと、売買も出来ず逃してしまいます。

裁量トレード(手動トレード)でこれをやろうとすると勇気も必要だし、時間も自分のトレードできる時間にこの値動きがこないと買えないしで、結構大変な事が分かると思います。

トレード戦略徹底解説

このようなビットコインの値動きを見て頂いた上で、私の作ったビットコイン専用EA「BitcoinBuyAddEA」のトレード戦略を解説させて頂きたいと思います。

基本は、先ほどのチャートで述べさせてもらったとおり
安く買って高く売る
のが基本戦略です。
高い時に買ってはいけません。
安く買う必要があります。

じゃあ、ビットコインの価格が安い時というのはどう判断するのか?
それは1日の下落が大きい時安い時です。

先ほどのチャートをもう一度貼りますが、チャートで言うと白いロウソク足が下落しているロウソク足になります。
f:id:MoneyReport:20171006103243p:plain
そしてこの白いロウソク足が長い物が値下がりが大きかったものになります。
「値下がりが大きい」という事は「それまで高かった価格が大きく下落した」事を示しますので、イコール『安い』となります。

色々とビットコインのチャートを時間軸を変えて、1時間足や4時間足とかでも検証しましたが、そうした短時間の下落では大きな流れとはならずに終結する事も多く、トレードには不向きでした。
ビットコインは割とニュースで動く事が多く、多くのトレーダーが耳にし価格に反映するのに丸一日掛かっていたりします。
なので、日足ベースで下落が大きい時に買って(仕込んで)、普通に右肩上がりに推移していった時に、割合を決めておいて「何%上昇したら決済する」というルールで売る(決済する)事で利益をあげることができます。

ただこれを1ポジションで行うと、もったいない事が分かります。
下記チャートでは下落局面の中で、1日で大きく下げた日(安くなった日)が7回ほどあります。
f:id:MoneyReport:20171006105014p:plain
この青丸の内、最初の青丸でしかポジションを持っていなければ、かなり上昇しないと利益が出ません。
でも7回ポジションを持って良い事にしておけば、この青丸全部でポジションを持ってくれて、上昇局面でそれぞれ利益が出せます。
ビットコイン専用EAではこの様に下落局面で複数回に分けてポジションを持つ事で、価格を分散してより安く買って利益を狙います。

なので改めてバックテスト結果を貼り付けて見てみましょう。
f:id:MoneyReport:20171006104753p:plain

ちょっと全体で見ると分かりにくいですね(^^;
先ほどまでの期間と同じ2~4月の部分を拡大します。
f:id:MoneyReport:20171006104652p:plain

右向きの青矢印が買った位置で、左向きの青矢印が売った位置(決済した位置)です。
先程示した、青丸の大きく下落した日の7回とも買っている事が分かると思います。

まとめ

ビットコインの値動きの特徴と、その値動きに合わせて自動売買するビットコイン専用EAのトレード戦略について見てきました。

まとめてみるとビットコインの値動きは・・・
基本右肩上がりで時々急落する
値動きをします。

なのでこの値動きの特徴に合わせて利益を出すためには・・・
安く買って高く売る
のが基本戦略になります。

その戦略にのってビットコイン専用EAのトレード戦略は下記の様になっています。

  • 1日で大きく下落した時に買い、一定の割合上昇した時点で売る(決済する)
  • 投資資金を分散し、複数のポジションを持つ事で割安に買う

これを全自動で行ってくれるので、ビットコイン相場で勝てることに繋がります。

ビットコイン専用EAは無料で配布させて頂いていますので、興味のある方は下記記事よりお申し込み下さい。

中華ゲーミングノートPC「MSI GL62M 7REX」が販売開始セールで安い!マウスやキーボードカバーが付いて、専用バッグも9.99$

新しいノートPCが欲しい

日頃、仕事ではMacBookAirの11インチモデルをBootCampを使って、Windows10として使っている者です。
MacOSは1年以上起動すらしていません(^-^;

そうなると、MacBookAirにこだわる必要は全然ないわけで、ハイスペックなWindows10のノートパソコンが欲しくなったりします。
最近触ったノートパソコンの中では、職場の人の子供さん(大学生)向けに代理購入した「Xiaomi Air 12 Laptop」がすこぶる良かったです。

下図のマシンですね。
Xiaomi Air 12 Laptop

中華ハイスペックノートパソコンで、日本だと10万円程度するスペックのノートPCが5万円台で買えたりしました。
大学生の子供さんも大学に持参したら友人達から

「何そのノートパソコン!?格好良いしスペックも良いんだね!」

と絶賛され「それ買いたい!」という人達が続出中との事でした(^-^)v

「Xiaomi Air 12が良いかな~?」

とも思いつつ、他の候補も探してみようかというのが今回の記事です。

ゲーミングノートPC

ハイスペックなパソコンを探そうと思ったら、とにかくハイスペックなのは「ゲーム用PC」だったりします。

「なんでゲームするためのパソコンがハイスペックなんだよ!おかしいじゃん!」

と思われる方もいるかもしれませんが、普通に買えるパソコンの中でハイスペックなものはとにかく「ゲーム用」の物が圧倒的なスペックを誇ったりします(^-^;
ちょっとイメージして欲しいのですが、PS4(PlayStation4)とかの超絶きれいなグラフィック処理をしようとすると物凄い性能が良いマシンを用意しないと厳しいんです。
そして普通にパソコンを使うだけならそんなにスペックが不要になってきている昨今なので、専用グラフィックボードを載せたり、メモリも限界まで積んだり、CPUもCore i7載せたりとかっていうのは、仕事用途よりもゲーム用途の方が高性能なものを求められたりします。

だって、ゲームでは「とにかく綺麗に表示されて、それでいて遅延が発生しない環境」が欲しいじゃないですか。
ゲーム中にパソコンの性能が足りないせいで「カクカク」したり「ウッ」と待たされたりしたらもうゲームするのが嫌になっちゃうと思うんですよ(^o^;

なのでパソコンでパソコン用ゲームをやりたい人は、とにかく高性能なノートパソコンが欲しいために、普通にゲーム用途のパソコンはスペックが高くなります。
まぁ当然お値段も高くなるのですが(^-^;

GearBestのゲーミングPC

そんなこんなで最近パソコンやタブレット買う時に利用しているGearBest(ギアベスト)で新しい仕事でも使えるハイスペックなPCを探してみます。
と、思ったらTOPページで大々的に宣伝しているゲーミングPCがありますね。

これです、コレ

f:id:MoneyReport:20170819165755p:plain

BuyNow」ボタンをクリックしてみるとゲーミングPC専用ページがありました(^^;

f:id:MoneyReport:20170819170045p:plain

まずはスペックからチェックしてみますか・・・

MSI GL62M 7REXスペック一覧

OS Microsoft Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-7700HQ Quad Core 2.8GHz, up to 3.7GHz
Display 15.6 inch IPS Screen 1920 x 1080 (FHD)
Graphics NVIDIA GeForce GTX1050 Ti GDDR5
Memory 8GB DDR4 RAM(MAX 32GB)
HDD 1TB HDD
Port USB2.0+2×USB3.0、LAN、
Output HDMI Output
Battery 10.8V / 3834mAh
Front Camera 720P
Size 38.50 x 25.50 x 2.50 cm 2.2 kg


おぉ!
CPUに「Core i7-7700HQ」なんか使っていますね!
グラフィックボードも専用に「NVIDIA GeForce GTX1050 Ti」が載っています。

MSI GeForce GTX 1050 Ti 4G OC グラフィックスボード VD6191

MSI GeForce GTX 1050 Ti 4G OC グラフィックスボード VD6191

15.6インチという事で、テンキーも普通に付いてきますし、仕事用途として使うにも便利そうです。

メモリが8GBと若干少ない気もしますが、最大で32GBまで積むことが出来るようなので、ここは後から差し替えても良いかもしれませんね。
HDDは1TB。

中華ゲーミングPC「MSI GL62M 7REX」の特徴

ちなみにハイスペックなだけではなくて、ゲーミングPC独自のこだわりなんかもあるみたいですから、チェックしてみましょう。

キーボードの下が光る!
f:id:MoneyReport:20170819171949p:plain

ファンが2個ついていて、ガンガン冷やせる!!
f:id:MoneyReport:20170819172105p:plain

4K出力できる!!!
f:id:MoneyReport:20170819172245p:plain

PC側面には「これでもか!」と言わんばかりにポートが沢山ついている!!!!
f:id:MoneyReport:20170819172411p:plain

みたいな感じですかね(^-^;

なんだか、仕事用途としては不要に思える物もありますが、ポートが沢山ついているのは汎用性が高くて好印象かも♪
昨今ではMacBookがUSB Type-Cポート1個とかしかないのが流行りみたいになっていますが、実際に仕事で使う場合にはこうやって思いつく限りのポートを付けてくれてあって拡張性が高い方が使い勝手は断然上でしょう。

中華ゲーミングPCのお値段

さて、気になるお値段をチェックしてみましょう!
ベーシックモデルが・・・

f:id:MoneyReport:20170819162258p:plain

中華ハイスペックゲーミングPCのお値段は105,480円
中華らしからぬ高めのお値段ですね(^o^;

まぁ、これだけスペックを詰め込むとお値段が張るのは致し方ないですか。


ちなみに、SSD付きのモデルもあるようですが、値段がさらに跳ね上がるみたい(^-^;

f:id:MoneyReport:20170819172840p:plain
1TBハードディスクに256GB SSDを積んで142,838円か~。
いい値段しますね。

ちなみにGearBestで10万円ほどですが、Amazonとかではお幾らくらいで売っているのでしょうか?

f:id:MoneyReport:20170819173259p:plain

同じモデルが128,001円ですか~。
GearBestよりも23,000円ほどお高いですね。

オマケ付き

あと、GearBestでは大々的に中華ゲーミングPC「MSI GL62M 7REX」を売り出しているからか、オマケがいっぱい付いてきます。

まずはゲーミングノートPC向けのアクセサリーキット3,846円が無料で付いてきます!

f:id:MoneyReport:20170819173517p:plain

マウスにキーボードカバーに、ノートパソコンを載せても滑らない専用シート(?)が貰えちゃいます!


さらに、ゲーミングPCと同時購入で専用バッグが9.99$で買えます!
f:id:MoneyReport:20170819173811p:plain
普段は2,689円のお値段のが1,098円で買えちゃうようです(^-^)v

まとめ

仕事用にノートパソコンの買い替えを検討しつつ、ゲーミングノートパソコンを検討してみました。
まぁお値段がMacBookAirの整備品バリの値段がするので、気軽には購入できませんが、スペックは圧倒的ですし、15.6インチと大きな画面は仕事に良いですし、テンキー付きは嬉しいもの。

若干オーバースペック過ぎたり、キーボードの下側が光ったり、ファンが2個ついてたりと用途が合わない部分もありますが、

「仕事で使う時に遅かったり、スペック不足だったりすると困る!」

というハイスペックなパソコンを所望する人には良い選択肢かもしれませんね(^-^)v

Gearbest GearBest「MSI GL62M 7REX - 1252CN Gaming Laptop」
GearBest「MSI GL62M 7REX - 1252CN Gaming Laptop」購入ページ

また、海外通販GearBestの購入方法については下記記事にて詳しくまとめましたので、参考にして頂ければ簡単に購入できます(^-^)v

MT4の裁量トレード向けEAを公開しようかなぁ・・・

久々のブログ更新

気が付けば時が過ぎるのは早いもので、ブログの更新がトンと滞っておりました。
前回更新したのを遡ってみると7月1日にアップしたのが最後だったので22日間もブログ更新を休んでいたことになります。
こんなに長期間このブログを更新しなかったのは初めてですね(^^;

もちろん、仕事が忙しくてブログ更新時間が取れなかったのが理由ではありますが。
それにしたって空きすぎですね。

気付けばブログのアクセス数をチェックすらしない日もありました。
私は毎日更新していた時って、一日に何度もブログのアクセス数をチェックしていたのでこんな日がくるとは思いもよりませんでした(^o^;

まぁ、残念ながら私の中でブログの重要度が下がってしまって、他の事に時間を費やさなければいけない状況になってきたという事です。
ブログの更新て普通に1時間とか長い記事では3時間くらいは平気で時間を奪われるので、ブログの重要度が下がった今そこまで時間を割けないというのが現実です。
うーん、残念(-_-;

FXのMT4のプログラムを作っていた

で、ブログ更新をしないで何をやっていたのかと言いますと
FXのMT4のプログラム作成
を行っていました。
外国為替証拠金取引であるFXの自動売買ツール『MT4』のプログラム開発ですね。
色々とお仕事を頂く機会も増えてきたので、そちらの開発に注力しています。

今年の春先は「MT4のEA・CIアイデア大募集!採用者には無料で完成品を提供します!」という記事を公開させて頂き、読者の皆さんからMT4で使うEA(エキスパート・アドバイザー)のアイデアを募集してそちらを作ったりからスタートしました。

こちらは2017/7/23時点で11件のEAアイデアのご応募を頂いています。
実際に作ったのは数件程度に留まっていますが、色々と面白いアイデアもご応募頂いていて、時間が取れ次第作って公開は続けていくつもりなので、今後ともアイデアのある方のご応募はお待ちしてます。

下記リンクよりご応募ください。

MT4のEA・CIアイデア募集フォームMT4のEA・CIアイデア募集フォーム 

また、以前書いた記事でも少し触れましたが、EAの開発の方では普通に利益の出る(バックテストでですが(^^;)EAが作れる様になってきました。
以前公開した記事の時点では「損切り防止トレイリングストップ」を導入したところまででしょうかね。

ポジションを持った時に、利益方向に値が動いたら損切り位置を自動で上げていき、建値まで来たらストップされる機能です。
こちらはバックテストでも結構良い結果が普通に出るのでオススメですね(^^)v

MT4の裁量トレード向けEA

で、他の方から頂いたお仕事が無い時や、空き時間にはオリジナルのEA開発を続けています。
現在作りこんでいるのが「裁量トレード向けEA」ですね。
完全自動のEAで利益を積み上げるのはなかなか難しいのですが、プログラムを使って裁量トレードの補助を行うと裁量トレードの質がグンと上がるのが見えてきまして、自分自身の裁量トレードをする時に使うツールを作りこんでいます。

あ、裁量トレード(さいりょうとれーど)って「手動で行う普通のトレード」の事です(^^;

裁量トレードって自分自身の得意なパターンの時にチャートを見ながら取り組めるので、やはり人間なりの判断が出来て良いと思うんですよね。
まぁ時に人間の判断が邪魔して損失かぶったりもしますが・・・(^^;

自分の得意なパターンか違うかを判断してエントリーする、と。

そしてそこから先を手動でやると、相場の急変だったり、チャートを見れない時間の時に思っていない方に相場が動いて後から見て困ったりとかがあります。
なのでこの裁量トレードの「エントリー後」の事をプログラムがお手伝いする事で、かなり便利な事ができ、人間のミスによる損失や利益確定逃しを最小限にすることが出来ます。

現在作りこんでいる「裁量トレード向けEA」の機能としては下記のようなものを実現しています。

  • ポジション持ったら、自動でS/LとT/Pを入れてくれる!
  • 待機注文を出したら、自動でS/LとT/P、注文期限を入れてくれる!
  • トレイリングストップ3種類
    • 通常のトレイリングストップ
    • 建値までのトレイリングストップ
    • 上記2つのハイブリッドトレイリングストップ
  • チャート上にスプレッド表示
  • 注文価格の水平線に「損益レシオ」と「ロット数」を表示
  • S/LとT/Pの水平線の色をポジションごとに変える


そして自分の裁量トレードの時に実際に使いながら試しつつ調整をしています。

今後

こちらのMT4の裁量トレード向けEAが結構良い感じなので、こちらをこのブログで公開させて頂いて読者の皆さんに使って頂こうかと思っています。
ちょっと機能を盛り込み過ぎな気もするので、もう少し絞り込むかもしれませんが。

使い勝手の向上や、使い方の説明だったりの準備をこれから進めていきますので、公開できるのはもう少し先になるかもしれませんが、MT4を使いつつも裁量トレードを行っているFXトレーダーの方にはご期待頂けると幸いです。

さて、プログラミング頑張りますか!

MT4のEAで利益を出すコツが少し分かってきた。損小が大事!

MT4のEA開発の世界

今日は5月31日。
5月も終わりですね。
早いものですね〜。

ここ最近はMT4のEA開発にばかり時間を割いていますが、開発をメインに仕事をしているとアッという間に時間が経ちますね(^-^;
開発の仕事自体は非常に好きなので、好きな事をしているからか時間が過ぎるのが早く感じるんでしょうかね〜。

EA開発を初めてすぐは

「チャート上でシグナルどうりに売買できた!」

という事だけでも楽しいですし嬉しかったのですが、そのうち普通に投資手法のロジックを組めるようになってくると

「自動売買はできるけど、利益の出るプログラムが書けない・・・」

というEA開発の壁というか肝にぶつかります(^-^;

MT4のEA開発って「きれいなプログラムコードを書ける」事にほとんど意味なんてなくて(メンテナンスを考えるときれいに越した事はないですが)、『稼げるプログラムを書けるか?』こそが正しいというか正義というか。

稼げないEAのプログラムコードを幾らたくさん書いたところで誰も評価してくれない世界。
それがEA開発の世界です。

作ったEA達

稼げるコードを書く必要が分かったところで、

「じゃあそんな簡単に稼げるコードって書けるの?」

という疑問が出てきますが、答えとしては

「そんな簡単に稼げるコードが書けるなら、みんな自動売買やってるわ!」

という感じです(^-^;

色んなテクニカル指標がEA上では簡単に呼び出すことが出来ますので、よくFXの本に載っている移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、RCI、MACDを組み合わせてエントリーシグナルを出して成行でポジションを持ったり、逆指し値で両建てしてみたりといった事を試します。
でもですねぇ、なかなか利益でないんですよ(^o^;

FXの書籍にはよく載っているじゃないですか。

「長期移動平均線を短期移動平均線がクロスして追い越したら買い(売り)!」

とかって。
ゴールデンクロスですよね。

でも、ゴールデンクロスのタイミングで自動売買しても利益なんか出ません。

他にも

「RSIが下から30を上回る時に買い、上から70を下回る時に売り」

とかってよく書籍に載っているじゃないですか。
でもですね、これも普通に利益出ません(^-^;


「じゃあ複数のテクニカル指標を組み合わせて、全部がシグナルを出している時だけ売買すれば良いんじゃないの?」

という思いが出てきます。
このアイデアはFX投資手法募集の方にも応募して頂きましたが、これもダメです。
利益は出ませんでした(-_-;

何でしょうね〜。
FXの書籍で紹介されている

「このテクニカル指標は効果あり!」

と謳われているテクニカル指標がことごとく、自動売買においては効果を発揮しません

これは自動売買のプログラム開発に取り組んでみて得た成果の1つかもしれません。
色々なテクニカル指標の出してくれるシグナルをそのまま使っても効果が出ないんです。

ついつい大した検証もせずに、色々な書籍のFXの投資手法をリアルトレードで試していた過去の自分に言ってやりたいです。

「テクニカル指標を鵜呑みにしたトレードはやめとけ!損ばっかりだぞ!!!」

と、大きな声で。
まぁ、もちろんFX書籍もテクニカル指標が示すシグナルどおりに売買せよとは言っていなくて、経済指標発表時は避けた方が良いですとか、大きな市場の流れ(好景気・不景気など)も加味してトレードせよと言っているので、まぁテクニカル指標ばかりに走ってトレードする自動売買がイマイチという部分もありますが。

EAで損小にするコツ

そんなEA開発を続ける中で、色々なアイデアが頭をよぎります。
もちろん思いついた投資アイデアはすぐに実装してバックテストをかけます。
大抵はきれいな右肩下がりの投資資金推移が出てきます(笑)。

こないだ作ったEAもそうですね。
自作EAでTickが10連騰したら「買い」、10連続下落したら「売り」というTick順張りEAを作ってみました。
記事はこちら。

ブログで公開していないEAも含めると、既に50本くらいのEAを作りました(^-^;
作っては捨て、作っては捨て、みたいなスクラップアンドビルドを一人でやっている感じです。
まぁ幸いなのはソースコードを捨てるだけで、実際のゴミは出てこないところがIT開発の良いところですか。

で、日々EA開発を行っていく中で色んなアイデアが閃くのですが、そんな中で

「これは勝てるようになるんじゃないか!?」

と思えたロジックを閃きました!
すぐに組んでみます。

・・・

できた!
バックテストを走らせます・・・
ババン!
f:id:MoneyReport:20170531094601p:plain
キター(*^_^*)!!!

投資資金推移のグラフが右肩下がりではなくて、ちょっと減っては増えて、ちょっと減っては増えてを繰り返しているのが分かるかと思います。
利益の増減に浮き沈みがありますけども、当初投資金額よりは増えています(^-^)v

他のEAにも取り入れてみましょう!

・・・

できた!
ちょっと下げた時期もありますが、割と右肩上がりに(^^)v
f:id:MoneyReport:20170531094614p:plain

よーし、こうなったら割と自分の最良トレードに近いロジックにぶち込んでみよう!

・・・

でけた!!
f:id:MoneyReport:20170531094622p:plain
こちらは10年間のトレード結果になります。
おぉ!
結構増えている!!!

もちろん、これはデモ口座でのバックテスト結果なので、リアルトレードでEAを稼働させた時にはもう少し悪い結果になるかもしれませんが、いずれにしても希望の光が見えてきました!

これまでは作っても作っても右肩下がりだったのが、今回閃いたロジックを入れただけで負けなくなってきましたからね〜。
投資では勝つことも大事ですが、それ以上に負けないことがもっと大事です。

負けないこと。
それは言い換えると、損失を出来る限り最小限に抑えること
言葉で言うと簡単に聞こえますが、実際のトレードでこれを実行するのは至難の業です(-_-;
多くのトレーダーが損失を最小限に抑える事が出来ずに、損失を最大限に大きくして敗退していきます。

先日は最近人気のブロガーさんが日経225の先物取引で追証を重ね重ねして損失を極限まで大きくして負けてしまいました(>_<)

損失は小さくすべきなのです、そんなの皆、頭では分かっています。
しかし、自分のポジションの損失が大きくなってくると途端に

「いや、もう少し耐えたら反転するだろう。プラ転するまで耐えてみよう」

とかってなってしまいます(^-^;
冷静な判断なんて吹き飛んで、自分の保有しているポジションに固執してしまいます・・・。

そうならないガードが必要なんです。
で、今回の閃いたロジックではこのガードを掛ける事が出来ます(^-^)v

どんなロジック

ちょうど閃いたロジックの解説をしてくれているブログ記事があったので紹介させて頂きます。

ゆきひろ (id:yukihiro0201) さんのブログ記事です。

2.時間による損切り
これは以下のブログの8番目に出てくる損切り方法です。
参考:FXの損切り方法10選まとめ!自分に合ったロスカットを探す
このFX手法ではエントリーから1時間経った段階で決済を考えます。


たとえば1時間後、ポジションがマイナスならその時点で損切りをしますし・・・


ポジションがプラス(しかし利食いポイントまで行っていない)なら、損切りラインを建値にズラすのです。


損小利大かつ高勝率なFXブレイクアウト手法を無料で公開! - トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

と、上記で紹介されている損切り移動である
ポジションがプラスに転じたら、損切りラインを建値にズラすのを行っています。
ここを外部パラメーターで細かい調整はできるようにした上で、トレイリングストップで徐々に損切りラインを切り上げていって、損切りラインを建値の2pips上くらいで止まる様にしました。

たったこれだけの事を行っただけではあるのですが、自動売買の結果が大きく改善されました!
投資の鉄則である『損小利大』の内の、損小を地でいくロジックです。

今回は自動売買のEAに取り入れましたが、裁量トレーダーの方もこの損小ロジックだけを実行するEAを使えば、負ける回数を減らす、引いてはトレードの試行回数を増やす事ができると思います。
ご要望が多ければ、裁量トレーダーの方向けに機能限定の損切りガードロジックEAを公開させて頂きますので、皆さんのご意見・ご感想をお寄せ下さい。
よろしくお願いします。

自作EA「Tick順張り」を公開!スキャルピング用Tick連騰・続落でエントリー!

応募EA作成は一時ストップ

当ブログの試みの1つとして「FXの投資手法を応募して頂いて無料でEAとして作成&機能限定公開」というものを進めさせて頂いていました。

最初は数件の応募だけでしたが、実際に開発したEAの公開を始めたところ、さらに多くの投資手法アイデアをご応募頂けるようになってきました。

前回作ったのは「前足ブレイクアウトEA」です。

ただこの時期より、色々な方からご連絡を頂いたり、有償でのEA開発依頼を頂いたりし始めたので、無料でのEA開発がストップしていました。
私も慈善事業をやっている訳ではなくて、営利のフリーランスとして仕事をしていますので、もちろん有償でのご依頼を優先して進めていました。
また、当然ですが有償でのEA開発依頼の場合には「投資手法は秘密」にし、「EAの公開はしない」事にしております。

もし有償でのEA開発希望等ありましたら、下記メールアドレスまでご連絡ください。
moneyreport2014☆gmail.com(☆を@に変えてください)

投資手法をお聞きした上で、「EAでの実装が可能」かどうか?
また、「開発期間」及び「作業単価見積り」を提示させて頂きます。
お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

自作EA「Tick順張り」

色々とEAを作っていた中で

「スキャルピング的に攻められるEAを作ってみてはどうかな?」

という思い付きから作ったEAになります。
スキャルピングというのは「ごく短時間で小さな利益を積み上げる様にトレードする手法」の事です。

昔、裁量トレードでスキャルピングを試してみた時は30連敗とかして

「スキャルピングだけは二度としないぞ!」

と誓ったものでした(;_;)

ですが、EAで自動売買としてスキャルピングは悪くないのではないかと思いまして、今回試しで作ってみる事に。

ロジックとしては簡単で
『Tick(ティック)が指定回数連騰したら買い、指定回数続落したら売り』
というものにしました。

Tickで仕掛けるので、利確や損切りのpipsは小さくなるかな、と。
また小さな値動きで仕掛けるので、指値決済と指値損切りで挑みます!

という訳で開発。

・・・(実装中)・・・

でけたー!


先に実行時のチャートを貼っておきます。
f:id:MoneyReport:20170527153948j:plain
このチャートを見れば何が起きている分かるというものですね(^-^l
そうです、これだけエントリーしまくりですから、損切りのオンパレードですね(T_T)

バックテスト結果

さくっとバックテスト。
f:id:MoneyReport:20170527154000j:plain
PFが0.52です。
ウーム(-_-;

試験期間が2017/1/1~2017/4/30というい4カ月という短い期間にも関わらず、損失が大きいです(>_<)

と言っても落胆は不要。
Tick単位で連続で上昇するか下落するかをエントリー判定にしているので、バックテストの1分足をもってしても正しいテストが出来ないんです(^o^;

こちらのテストは実際にEAを動かしてみてしか行う事はできません。

実際の稼働では?

でこのEAは、昨夜作って寝しなに稼働しておきました。

稼働時のチャートが下記です。
f:id:MoneyReport:20170527161008p:plain
非常に分かりにくいですが、途中に青矢印が出ている部分が買いエントリーした所です。
まだ決済されずに週末を迎えてしまいました(^o^;

どうもこの1トレードだけでした。
パラメーターの設定は「10連騰」or「10続落」でエントリーする様にしていたので、なかなかTick単位で10回連続で上昇や下落は起きないんでしょうかね?

来週ももう少し稼働してみたいと思っています。

EAのダウンロード

機能制限版(ポジションが0.01Lots固定)になりますが、EAを公開させて頂きます。

試してみたい方はデモ口座で使ってみてください。
本口座でのトレードでは思わぬ大きな損失を抱える可能性がありますので、ご注意下さい。

応募EA「前足ブレイクアウト」を公開!前足陽線なら買い、陰線なら売りで勝負!

応募EA開発

FXの皆さんが実践されている投資手法を募集させて頂き、それを元にEA(自動売買プログラム)を作るプロジェクトを進めています。
昨日はRSIを仕掛けとしたEAを作って公開させて頂きました。

GW終了時点で投資手法アイデアをご応募頂いた件数が4件ありまして、その1件目を昨日作りました。
そして、本日は2件目を作ってみようかと(^-^)/

応募アイデア「前足ブレイクアウト」

今回ご応募頂いた方は「はてなID」は持っていない方なので、アイデアの内容だけ紹介させて頂きます。

取引時間が選択可能。
前の足が陽線ならその陽線の高値をブレイクしたらロング、逆に陰線ならその陽線の安値をブレイクしたらショートする。
利確損切り幅はpipsで選択。


これなら組み合わせ次第で結果が出るんではないでしょうか?
検討お願い致します。

ふむふむ。
ロジックを確認しましょう。

  • 前の足が陽線でなおかつ前の足の高値をブレイクしたら買い(ロング)でエントリー
  • 前の足が陰線でなおかつ前の足の安値をブレイクしたら売り(ショート)でエントリー
  • 利益確定と損切りの幅はpips指定可能


では、早速作ってみましょう!

******(実装中)*********

カチャカチャカチャ・・・

******(実装中)*********

出来た!
ちょっと紆余曲折したので25分ほど掛かりました(^-^;

バックテスト結果

実はご応募頂いたロジックで最初作ってすぐは、何度も何度も1つの足でエントリーしては決済、エントリーしては決済を繰り返したので同一足では一回しかトレード出来ない制限を付けました(^-^;

その改良を加えたものをバックテストした結果がこちら。
f:id:MoneyReport:20170514153800j:plain
うーん、それでもほぼ全ての足でトレードしていますね(^o^;

グラフもきれいな右肩下がり!
f:id:MoneyReport:20170514153959j:plain
これでも1時間足で一ヶ月しかトレードしてないんですよ。
それでもこんなにもトレードしてしまうのは、やり過ぎですね(-_-;


という訳でもう少し改良をば。
1つ前の足の高値を上回るか、安値を下回るとすぐにエントリーしてしまうとダマシが多くなるかな、と。
なので、前足高値から指定pips離れた所で買いエントリーし、前足安値から指定pips離れた所で売りエントリーする様に修正。

これでどうかな!?
f:id:MoneyReport:20170514154242j:plain
お!
ちょっとはマシになったかな(^-^;

バックテスト詳細結果はこちら。
f:id:MoneyReport:20170514154304j:plain
PFは一ヶ月という期間なのに0.53という低調なもの↓
これすぐに破産ですね(-_-;

一応、修正後の詳細結果を載せます。
f:id:MoneyReport:20170514154418j:plain
まぁ破産へレッツゴーは変わりませんか。

前足ブレイクアウトのダウンロードはこちら

今回作った「前足ブレイクアウト」の機能制限版(ロットが0.01固定)を公開します!

アイデアをご応募頂いた方のメールアドレスに機能制限無しのバージョンをメールにて送らせて頂きますので、よろしくお願いします。

投資手法を引き続き大募集!

引き続きFXの投資手法についてはアイデアを大募集しています!
下記リンクの応募フォームよりお申込ください。

MT4のEA・CIアイデア募集フォームMT4のEA・CIアイデア募集フォーム 

簡単なEAはすぐに作れますので、ドシドシご応募ください(^-^)/

「我こそは!」という方のご応募お待ちしています。

アイデアを応募して頂いた方には原則無料でEAを提供させて頂きますのでよろしくお願いします。

応募EA「RSI Trader」を公開!RSIを利用した仕掛けと、pips指定の利確・損切あり!

応募してくれた投資手法をEA化

先月より開始しました当ブログによるMT4のEAアイデア募集ですが、お陰様で4件の投資手法のご応募を頂いています。
ご応募下さった皆様どうもありがとうございますm(_ _)m

すぐにご応募いただいた投資手法をEA化しようと思ったのですが、自分の投資手法をEA化してみたり、また詳しくは書けないのですが別件で頂いたEA作成依頼をこなしたりとしていたので、ご応募頂いたEA開発が遅くなってしまいました、スミマセン。
しかし、EA開発の経験を積んだ分、簡単なEAならすぐに作れる様になりました(*^-^*)v

という訳で、空いた時間でまずは1本作って公開します!

RSI Traderの実装

当初のEAアイデア募集でブコメにてご応募下さった、id:nakanemonさんが応募フォームの方で別のEAアイデアをご応募頂きました!
id:nakanemonさんどうもありがとうございます(^-^)/

EAアイデアの方を確認していきたいと思います。

id:nakanemonさんより


EURUSD 30分足で、エントリーのタイミングはRSIが 70から抜ける時に売り、逆にRISが30から抜ける時に買い。
利確、損切りのタイミングは 10pips, 30pips といったような感じです。
絵で描くとこのような感じです。(下図参照)
f:id:MoneyReport:20170513163350j:plain


これでエントリーのタイミングのRSI 70, 30 と利確、損切りの 10pips, 30pips をパラメータとして変更可能になっていれば、色々テストで試せるかなぁと思いました。
たとえば、70,30ではなくて 85, 15 でそれぞれ売買、5pips, 35pips でそれぞれ利確と損切り。
といった変更ができれば最高だと思いました。


もし、よければお願い致します。

ふむふむ。
RSIを使った買い仕掛けに売り仕掛け、利確・損切をpips単位でパラメーターで外部から指定できる様にしたい、と。
後はバックテストで良さげな値を最適化で探すという訳ですね(^-^)v
了解です!

では、早速作ってみましょう!

******(実装中)*********

カチャカチャカチャ・・・

******(実装中)*********

出来た!

開発時間15分で「RSI Trader」が完成しました!
また、要望には入っていませんがトレーリングストップ機能もオマケで付けておきました(^-^)v

いざバックテスト!

前回の記事で私のEA師匠であるid:emijaさんに

「バックテスト期間1年は短すぎる!最低10年はやらないと!」

とお叱りを頂いたので、今回はきちんと10年ほどテストしてみようと思います(^-^;
テストする通貨は一番取引量の多いEUR/USD(ユーロ/米ドル)にします。


バックテスト結果の内、良さげなところから見てみましょう!
RSIで狙い通りに買い売りが出来ているところ。
f:id:MoneyReport:20170513163527j:plain
左の青丸が「買い」で、中央の赤丸が「売り」になります。
きれいにハマルと利益取れますね(^-^)v


で、頂けないのがこちら。
黄色枠で囲ってあるところが何度も買いエントリーを繰り返し、損切りに引っかかって、しかもまだRSIが30以下なので再び買いエントリーしてしまっています(>_<)
f:id:MoneyReport:20170513163658j:plain
同じ足では何度もエントリーしないなどの対策を取れば多少は損失を抑えられるかと思います(^-^;


バックテストは「2008/4/1~2017/4/30」の10年間で行いました。
f:id:MoneyReport:20170513163852j:plain
PFは0.73と低調な感じに(-_-;

ただ今回のバックテストではトレーリングストップを入れているので、外すともう少し違った結果になったかもしれません(^-^;

全体の結果はこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170513164101j:plain
きれいな右肩下がりに(T_T)

もうちょっとガードを掛けられる仕組みを組み込めば、改善できるかもしれません。

RSI Traderのダウンロードはこちら

今回作った「RSI Trader」の機能制限版(ロットが0.01固定)を公開します!


アイデアをご応募いただいたid:nakanemonさんには機能制限無しのバージョンをメールにて送らせて頂きますので、もう少しお待ちください。

投資手法を引き続き大募集!

引き続きFXの投資手法についてはアイデアを大募集しています!
下記リンクの応募フォームよりお申込ください。

MT4のEA・CIアイデア募集フォームMT4のEA・CIアイデア募集フォーム 

簡単なEAはすぐに作れますので、ドシドシご応募ください(^-^)/
アイデアを応募して頂いた方には原則無料でEAを提供させて頂きますのでよろしくお願いします。

MT4のEA「SmaBreakSell」を作成中!途中のバージョンを公開します!

GWにEA開発

さて、皆さん本日は2017年4月29日(土)ということで世の中はGWことゴールデンウィークに突入しました!
皆さん、行楽や旅行にお出掛けですか?

私はといえば普通にお仕事しています(^-^;
えぇ、世の中の皆さんが休んでいる間にこそフリーランスお仕事して稼いでいかないとおまんま食いっぱぐれますからね~。

で、何のお仕事をしているのかというと、FXの自動売買プログラムであるEAこと「エキスパートアドバイザー」の開発をしています(^-^)v
元はPHPのWebコード書いていましたが、まぁプログラムって何かの言語を書ける様になれば、その他の言語も案外書けるもので、MT4のMQL4言語でちょこちょこコードを書いております。

先日は、当ブログで投資手法アイデアを募集しまして、id:nakanemonさんが第一弾を応募してくれまして早速作って公開しました(^-^)v

いまいちなパフォーマンスでしたが、先週末のフランス大統領選で使ってみたら、かなり良いパフォーマンスを発揮していました!
実際に動かしておけばよかった感じです(^-^;

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

私の投資手法

私の投資手法については以前記事にしました。

moneyreport.hatenablog.com

ブコメでは「トレンドブレイク手法ですね」と教えて頂きました。

で、これを実際にEAとして作りこんでいる最中です。

先日まではまだ指値と逆指値でしか決済ができませんでしたが、勉強を進めてトレーリングストップも掛けられるようになりました(^-^)v

バックテスト結果

途中までの実装ですが、結果を載せてみると・・・

f:id:MoneyReport:20170429165218j:plain

うーむ。
PFが0.86とイマイチな成績ですねぇ(-_-;
1.5とかいけば案外良いんですが・・・。

動作させたチャートはこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170429165445j:plain

ただまだエントリータイミングのフィルターがうまくなくて、単純に移動平均線をローソク足が超えていく所で売りエントリーしているのですが、ちょっとダマシもバンバン売っているから駄目なんですねぇ(;_;)
もう少し、条件を追加してきちんとトレンドブレイクするタイミングだけを売れる様に調整しようと思います。

途中バージョンを公開します

まだ開発途中のバージョンですが公開します!

外部変数化した項目も多数あるので、バックテストで「最適化」を図れば案外良い数値も叩き出してくれる様な(^-^;
GWでお暇を持て余している方は最適化で遊んで頂いたりしてくれると幸いです。
結果はぜひフィードバック頂けると嬉しいです!

ではでは皆さん、素敵なGWをお過ごしください(^-^)/

追記 ようやくPFが1.0を上回った!

夜にフィルターを追加し、エントリータイミングのダマシを多少は弾く様に変更してみました。
それで実行した結果がこちら!
f:id:MoneyReport:20170429234343j:plain

ようやっと、PFが1.14と節目の1.0を上回ってきました!
ただこれ、USD/JPYの時だけでEUR/USDやEUR/AUDではPFが1.0未満でした(T_T)
もう少し調整が必要ですね~。

それとカスタムインジケーターをEA内部で使ったら、それも一緒に配布しないと他のEAで動かないですね(^o^;
どうやって配布するのかなぁ・・・。
この辺はEA内部のソースコードとして組み入れるのが良いのか、はたまたカスタムインジケーターのex4ファイルも配布すれば良いのでしょうかね?
まだまだ勉強だなぁ・・・

安価なメカニカルキーボード(茶軸)を購入しました!DREVO Gramr 84キー白色光【開封の儀】

メカニカルキーボードへの憧れ

日頃、キーボードを使ってパソコンに入力しながら仕事をしています。
え、当たり前(^-^;?

ですが、キーボードの打ちやすさでかなり仕事の効率が違うというか、購入したデスクトップパソコンに付いてきたキーボードではちょと使いづらかったりがあるのも事実。
それで以前は、キーボードを探しにビックカメラまで足を運んでかなりの台数のキーボードを試し打ちして、その中で気に入ったキーボードを買ってきて使っています。

しかしですねぇ、以前そんな話を書いたら

「青軸キーボードが良いよ!」

と多くの方が勧めてくれました。

が、しかしです。

しかし、年末にプログラマーをやっている友人と飲む機会がありその時に


「青軸キーボードを買おうかと思っているんだよ~♪」


と言ったら


「マジで!?滅茶苦茶キー入力の打撃音うるさいけど職場は大丈夫なの?」


と言われました。
なんでも以前職場に青軸キーボードを買って持ち込んで「タッターン」と快適に打ち込んでいたら


「誰だ!すっごいうるさいぞ!お前か!そのキーボードはダメだ!」


と職場の上司に即日却下されたそう(T_T)
なんでも青軸キーボードはメカニカル式の中でも「キーを打った時の爽快感」はNo.1らしいのですが、「キーを打った時の打撃音のうるささ」もNo.1らしく、1人自宅の自分の部屋に籠って使う分には良いけど、他に人のいる部屋で使って良いシロモノではないとのこと(--;


開発向けキーボードを購入しました!青軸キーボードは打撃音が大きいらしくやめました(^-^; - マネー報道 MoneyReport

という事になり、メカニカルキーボードはどうも打撃音(正しくは打鍵音)がうるさいとの事。
それで諦めたのですが、打った時の打鍵感は半端なく良いらしいので

「きっといつかは手に入れたい!」

と心の片隅に置いていました。

安価なメカニカルキーボード

そうして年月が過ぎたのですが、最近改めてメカニカルキーボードを調べていたら、安いのがあるんですね!
Drevoという海外メーカーなのですが、なんと5,000円以下で売っているじゃないですか!

普通は15,000円とか2万円とかするのがメカニカルキーボードなんですよ。
それが、破格の4,619円(2017/04/22現在)!!!

これは買うっきゃないでしょう!
見つけた時にポチってしまいました(^-^;

ちなみに日本語のDrevo公式Facebookページも見つけたのでリンクを貼っておきます

DrevoJapan公式Facebookページ

【開封の儀】

Amazonの箱で到着しました。
f:id:MoneyReport:20170422144907p:plain

キーボードの外箱です。
f:id:MoneyReport:20170422144953p:plain
黒いシックな箱ですね。

箱に貼られたシールで中身がなんとなくわかります。
f:id:MoneyReport:20170422145051p:plain
色が「Silver」で軸が「Brown Switch」となっています。
実際には色は「白」で軸が「茶軸」となります。

キーボードの箱を開けるとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170422145530p:plain
ゲーミングキーボードは黒が多いんですが、業務で使うだけでゲームしないので白色にしました(^-^;

中身はこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170422145654p:plain
キーボード本体に、ショートカットキー一覧、DREVOのロゴシールにDREVOの紙(?)。

キーボード本体。
f:id:MoneyReport:20170422150127p:plain
キーの数は全部で84個になるのかな(^-^;?

デザイン的に頂けないのが、このUSBケーブル。
f:id:MoneyReport:20170422150251p:plain
白地にゴールドの斜め帯って
コタツの電源ケーブルじゃないですか!!!

こんなケーブル。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コイズミ コタツコード KBK-7060

コイズミ コタツコード KBK-7060


ここはちょっとダサいかも(^o^;

ビニール袋も外しました。
f:id:MoneyReport:20170422150848p:plain
キーは規則的に並んではいますが、右側のキー配置が結構独特かもしれませんね。
一番右端のキーが上から順に「DEL、Home、PageUp、PageDown、End、→」に割り当てられています。

また、スペースキーが大きいのは良いのですが、リターンキーが小さくてちょっと普段の感覚で打つと別のキーを打ってしまう感じです(-0-;

ズームで寄ってみましょう。
f:id:MoneyReport:20170422151027p:plain
昔ながらのPC-9821時代とかのキーボードを彷彿とさせます。

右側のアップ。
f:id:MoneyReport:20170422151144p:plain

さて、本当に「茶軸」なのかを確認しましょう!
「FN」キーをマイナスドライバーの先で壊さないように外して・・・、取れた!
f:id:MoneyReport:20170422151333p:plain
おぉ!
本当に軸の色が茶色だ!
青軸や赤軸が間違って届いたわけではなかったですね(^-^)v

キーの裏側が「+」の形になっていて、この「+」が茶軸にピッタリと合うわけですね。
f:id:MoneyReport:20170422151444p:plain

ちょっと格好つけた角度から。
f:id:MoneyReport:20170422151554p:plain

で、箱を捨てようと思って最後に確認したら箱の奥の方のめくらないと気付かない部分に、怪しげな部品が隠れていました!
f:id:MoneyReport:20170422151714p:plain
なんだこれ!?
上が丸になっていて、そこから日本の棒が伸びています。
うーむ・・・

あ!
これは、こうだ!
f:id:MoneyReport:20170422151823p:plain
立てて使って、キーボードのキートップ(?)を取り外すのに使う専用のアイテムですね♪
こんなのも付いてくるのがメカニカルキーボードらしいですね(^^)v

実打

では早速職場に持って行ってパソコンに繋いでみましょう!

USBケーブルでパソコンにつなぐと・・・
f:id:MoneyReport:20170422152035p:plain

光った~!!!

なんか光ってますよ、奥さん!
f:id:MoneyReport:20170422152131p:plain

上から見るとこんな感じに。
f:id:MoneyReport:20170422152214p:plain

光は調整出来て、ショートカットキー「FN + ↓」を押すと消せます。
f:id:MoneyReport:20170422152337p:plain
でもF12キーやPAUキー、PSキーに、CapsLockキーは光ったままです。
あ、写真では「NumLock」が外れているので消えていますが、NumLockオンにすると光ります。

また光らせ方も選ぶことが出来て下記の4パターンがあります。

【DREVO Gramr 84キーの光るパターン】

  1. 全部光る
  2. 光が上から下に向けてスライドしていく
  3. 打ったそばから光が左右に流れる
  4. 打ったキーだけが光る


そして、2番の「打ったそばから光が左右に流れる」のが画像では分かりにくいですが下記のような感じになります。
f:id:MoneyReport:20170422152823p:plain
光が徐々にずれていきます。
しかもこれがかなり高速でずれていくので、夜中とかに部屋を暗くして打っていたら手元だけ妙に光りまくっている状態になります(^-^;

この辺は動画で見てもらった方が分かりやすいですね。

Drevoの公式動画に光るパターンが出てきますので見てみてください。

キーボードのキー部分が光るパターンが明示されていて分かりやすいです。

打鍵音

さて、メカニカルキーボードを買ったのは言うまでもなく、打ちやすさというかキーボードを打った時の爽快感が得たいからに決まっています!
しかし前述した様に、青軸キーボードはうるさ過ぎるそうなので、その中間となる「茶軸」を選んだ次第です。

聞いた話だとメカニカルキーボードの打鍵感と静穏性の関係は以下の様になるとのこと。

キーボードの打鍵感 : 青軸 > 茶軸 > 赤軸
キーボードの静穏性 : 赤軸 > 茶軸 > 青軸


青軸で最高の気持ちよさでキーボードを打ってみたい欲求はありますが、間借りしているオフィスで青軸キーボードなんて打とうものなら

「誰だうるさいぞ!ん?マネーさんなの?そんなうるさいなら出ていって下さい!」

と追い出されかねません(ToT)

月額5,000円という破格のオフィスを追い出されてはたまらないので、おとなしく茶軸を選んだ次第で(^-^;

で、下記がDREVO Gramr 84キーの「茶軸」のキーボードタイプ音の動画。

そうそう、この感じです(^-^)v
キーを打った感じは「カチャカチャカチャ」という擬音がピッタリかな?

メカニカルキーボードってもっとうるさい物だと思っていましたが、そこは青軸よりも控えめな茶軸キーボード。
打鍵感とのトレードオフで、丁度良いくらいのタイピング感と音なのかもしれません。

割としっかりした打鍵感に、重すぎないタイピング感。
青軸はかなり打ち込むときの力が重いらしいので、長く使っていると手が疲れてくるとかって。
その点、茶軸はそこまできつくないので良いかな~。

万人向けのメカニカルキーボードが茶軸になりますかね~。
メカニカルキーボードで安価なものを探している人は、DREVO Gramr 84キーのメカニカルキーボードがお勧めですよ(^-^)v
4,619円(2017/04/22現在)で買えちゃいます♪

MT4のインジケーター「MACD-SolidLine」をリリース。「MT4のMACDが見辛い!」という人に

MT4開発

今週から本格的に始動したMT4のEA・CI(インジケーター)開発。
昨日は当ブログの記事で募集させて頂いたEAアイデアを元に「週またぎの両建て決済をするEA」を作成しました(^-^)v

まだまだ雑な作りなので修正したいところですが、まだ勉強中の身ゆえ、どんどん先に進みたいと思います!

今日はFX専業トレーダーであるid:emijaさんが推薦してくれている書籍「FXメタトレーダー実践プログラミング」がようやく手元に届きましたので、その勉強です。

こちらに載っている部分の、CIことCustomIndicatorであるインジケーターについて勉強します。

書籍を読みながら実際に手を動かして、カスタム・インジケーターを作っていきました。

そんな中でちょっとしたインジケーターの改良アイデアが出たので作ってみました(^-^)v

MT4のMACD見辛くないですか?

MT4のデフォルトのMACDは赤の破線とグレーのバーになっていて、見慣れていないと非常に見辛く感じます(>_<)
f:id:MoneyReport:20170421163715j:plain

私がよく使っていたYJFX!のチャートがこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170421163928j:plain
実線のMACD線とシグナル線の交差で見るのに慣れていました。
なので、MT4のMACDが非常に見辛かったのです。

MACDはオシレーター系指標としてよく見たりしてトレードの参考にするので、せっかくならば見やすいに越した事はないかな、と。

MACD改良版

そこでインジケーターの表示を変更してみようかと。

下記が修正前のコード。

// 修正前
// 指標スタイルの設定
SetIndexStyle(0, DRAW_HISTOGRAM);
SetIndexStyle(1, DRAW_LINE, STYLE_DOT);

MACD線が「DRAW_HISTOGRAM」でヒストグラム表示。
シグナル線が「DRAW_LINE, STYLE_DOT」で破線表示。

これをどちらも実践に変更したいと思います。
修正後のコードがこちら。

// 修正後
// 指標スタイルの設定
SetIndexStyle(0, DRAW_LINE, STYLE_SOLID);
SetIndexStyle(1, DRAW_LINE, STYLE_SOLID);

まぁ、どちらも「DRAW_LINE, STYLE_SOLID」に変更して実線に変えています。

これで表示してみると・・・

f:id:MoneyReport:20170421163724j:plain
ババン!

と、YJFX!のスタイルに似たMACDの表示にできました(^-^)v
背景が黒ならMACD線も「白」にしたかったのですが、背景白でも黒でも表示して見やすい様にオレンジ色にしました(^-^;

ダウンロード

良かったら使ってみて下さい。
下記リンクよりダウンロードできます。

まとめ

書籍「FXメタトレーダー実践プログラミング」良いですね。
こちらの書籍の前の初心者版は持っていたのですが、本格的にEA作るのにあたっては初心者版では情報が不足していたので、実践版を購入しました。

入門編よりも当然、実践編の方が詳しく、さらにEAの仕掛け方や手仕舞い方法についてもかなりのページを割いて説明してくれているので、これから本格的にEA開発をしたい人にオススメですね(^-^)v

MT4のEA「WeekOverDoubleOption」を作成しました!ご応募作品第1作目です!

MT4のEAアイデア大募集

FXの自動売買でMT4を活用してトレードを模索しています。
せっかく自分でプログラミングできるスキルがあるので、自作のEAを作ってトレードしたいな、と。
そして、折角作るなら多くの人の投資手法をEA(自動売買プログラム)として作って紹介させて頂こうかと。

そう思ってFXの投資手法のアイデアを募集しました(^-^)/

まだ応募フォームの方ではアイデアは集まっていないのですが、ブコメでアイデアを頂きました!

id:nakanemonさん
週末に両建て入れておいて、週明けに片方だけすぐ決済してもう片方はプラスになったら決済するトレード。
18時間してもマイナスだと損切り

id:nakanemonさん、投資手法アイデアの応募ありがとうございます(^-^)/
ふむふむ。
週末の金曜日に相場が閉まるタイミングで両建てでポジションを持っておいて、週明けに利益の出ているポジションを決済して、もう片方のポジションはプラスに転じたら決済する、と。
もちろんプラスに転じない場合もありますから、その場合には18時間後に損切り決済する、と。

おぉ!
アイデアとして面白いですね(^-^)v
少なくとも片方のポジションは必ず利益が出ますし、もう一方のポジションもうまく元の値段に戻ってきてくれればトントンで決済できますから、両方合わせれば利益が出る、と。

ではでは早速作ってみましょう!

MT4のEA「WeekOverDoubleOption」

週またぎで両建てのポジションを持つとの事なので、「週またぎ=WeekOver」、「両建て=DoubleOption」という合っているかどうかもわからない英語で命名してみました(^-^;

サクッと作ってみましょう!

++++ (実装中) +++++

・・・

・・・

出来た~!
完成品はこちら。

f:id:MoneyReport:20170420150043j:plain

テスト

と、いうわけで作れましたが、テストもしておかないとダメですね。

バックテストを行いましょう。
とりあえずはUSD/JPY(米ドル/円)で1年間ほど試験で回してみましょう!
結果は・・・

f:id:MoneyReport:20170420145736j:plain

ジャン!

うーん、残念(;_;)
右肩下がり。

テスト結果はこちら。
f:id:MoneyReport:20170420150230j:plain

テストレポートは下記。
f:id:MoneyReport:20170420150252j:plain

PFが0.86という事で、1.00を下回ってしまうと損失が出ていますね(^-^;

試しに別の期間でユーロ/円とかでやったら利益が出たりもしました(^-^)v
しかし、やはりこれはというしかないでかもですね(^o^;

EUR/JPYだと

一応EUR/JPYでもバックテストを行ったので、結果を載せておきます。

このトレードはうまくはまると(週末大したニュースもなく、週明けの乖離が小さい場合)案外、履歴が乗りやすく、こんな感じに。
f:id:MoneyReport:20170420160107j:plain

しかし、週末にニュースがあって値段が飛んでスタートすると、18時後までにポジションがプラスに転じる事がないと大きな損失確定になるのが痛いところ(-_-;
f:id:MoneyReport:20170420160155j:plain

2011年初~2016年末までの5年間でテストを実施したところ・・・
f:id:MoneyReport:20170420160400j:plain
ん~、やっぱりジグザグ(^^;

PFは0.98と先ほどよりはよくなりましたが、やはり1.00以下でマイナスですね~。
f:id:MoneyReport:20170420160423j:plain

週末に大きなニュースがある時(まさに今週末のヨーロッパの選挙など)は避けて稼働させれば、まだ多少は良い結果になるのかもしれませんね(^o^;

EAダウンロード

一応完成したEAはダウンロードできる様にしておきますので、テストしてみたい方は使って見て下さい(^-^)v

ただ、あまりにも雑に作っているのでもう少し手直ししてから良いバージョンを再びアップロードしたいとも思っています。

投資手法大募集!

という事で、引き続きFXの投資手法についてはアイデアを大募集しています!
下記リンクの応募フォームよりお申込ください。

MT4のEA・CIアイデア募集フォームMT4のEA・CIアイデア募集フォーム 

今回は全員向けにEAを提供させて頂きましたが、きちんと良いEAが出来たら販売や特定の方向けに提供させて頂く予定です。
ですが、アイデアを応募して頂いた方には原則無料でEAを提供させて頂きますのでよろしくお願いします(^-^)/

確定申告向けMT4スクリプト『TaxReturnCSV_MF』(MFクラウド確定申告版)の使い方

MT4スクリプトをプレゼント!

確定申告の季節が近づいてきました。
最近の私のブログでの人気記事は下記の「確定申告の還付申告」の話題について書いた記事です。

還付申告のみの人は既に1月から申告可能になっていますが、本格的な確定申告は2月16日からの1ヶ月間となっています。
もう既に確定申告の帳簿付けが終わった方達もいらっしゃるんじゃないでしょうかね。

え、私?
帳簿付けなんて全然終わっていませんよ(^-^;
3ヶ月に一度ずつ領収書の整理は行いましたが、それ以外の確定申告周りの作業はまだ全然やっていません。

さて、そんな確定申告シーズンを間近に控えたこの頃ですが、
確定申告向けのMT4(メタトレーダー4)のプログラムを作ってみました!
MT4を使ったトレードの確定申告では、年間収支を出して提出すれば基本的には良いのですが、個人事業主の方で「FXトレード」を事業としてやっている方は1回ずつのトレードの利益と損失を仕訳として提出したい人もいらっしゃるかと思います。

そうした人達向けのプログラムを作りました。
MT4のトレード結果を手作業で1件ずつ仕訳として会計ソフトに入力しようとすると、動かしているEA(エキスパートアドバイザー)によっては1日に何度もトレードするので、膨大な件数を入力する必要が出てきます。
1日10回のトレードとして1年間で何回ほどのトレード回数になるのでしょうか?
1年間は365日で、FXトレード可能な平日は年間260日ほどありますから

 10回 × 260日 = 2,600回

となりまして、2,600件もの仕訳を手入力するとなるとシャレになりません(-_-;

そこで、これらのMT4を使ったトレード履歴の全てのトレードの収支をCSV出力できるプログラムを作りました。
常時動かすようなプログラムではないので、EAではなくてScripts(スクリプト)で作成しました
また、クラウド会計ソフトで簡単に取り込めるように、個別のサービスに合わせたバージョンを作成しています。
MFクラウド確定申告」と「無料会計ソフトfreee」に対応しています。

そして、これらの確定申告向けMT4スクリプトをプレゼントさせて頂こうかと(^-^)/
プレゼントの概要をまとめたのは下記記事になります。

そして実際のプレゼント応募ページは下記になります。

MT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FXMT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FX 

このスクリプトが欲しい方は応募期間中にご応募ください
原則は確定申告の受付期間前までにしたいと考えています。

MFクラウド確定申告のMT4スクリプト『TaxReturnCSV_MF』の使い方

今回プレゼントするスクリプトの内、「MFクラウド確定申告」対応版のスクリプトの名称が「TaxReturnCSV_MF.ex4」となっています。
f:id:MoneyReport:20170120155136j:plain

この対象スクリプトをMT4のスクリプトフォルダに入れて動かします。
MT4のスクリプトフォルダにファイルを配置するのには、MT4を起動し「ファイル」→「データフォルダを開く」を選択します。
f:id:MoneyReport:20170120160042j:plain

次に「MQL4」フォルダ→「Scripts」フォルダを開き、そのフォルダ内に「TaxReturnCSV_MF.ex4」ファイルを貼り付けます。
f:id:MoneyReport:20170120160056j:plain

そしたらMT4の画面に戻ってナビゲーター内の「スクリプト」フォルダ上で右クリックして「更新」を選びます。
f:id:MoneyReport:20170120160832j:plain

するとスクリプトが反映されて読み込まれます。
f:id:MoneyReport:20170120160854j:plain

そしてこのスクリプト「TaxReturnCSV_MF.ex4」をマウスでつかんで、チャート上にドラッグ&ドロップします。
f:id:MoneyReport:20170120161006j:plain

するとScriptの子画面が表示されます。
f:id:MoneyReport:20170121152725j:plain
バージョン情報には「TaxReturnCSV_MF 1.00」と表示されています。

「パラメーターの入力」タブを選ぶと、変更可能なパラメーターが表示されます。
f:id:MoneyReport:20170121152904j:plain

スクロールするとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20170121152950j:plain
2ページ分(?)くらいのパラメーターがあります。
こちらを個別に設定することで、個人個人に合わせて項目でCSVが出力可能です。

「OK」ボタンをクリックしてスクリプトを実行してみましょう!

実行すると「ターミナル」→「操作履歴」にこの様な感じでスクリプトが動作した後が残ります。
f:id:MoneyReport:20170121153102j:plain

  • 2017.01.21 14:31:22.759 Script TaxReturnCSV_MF USDJPYmicro,H1: removed
  • 2017.01.21 14:37:07.379 Script TaxReturnCSV_MF USDJPYmicro,H1: loaded successfully

スクリプト動作後はMT4内部のフォルダにCSVファイルが出力されています。
f:id:MoneyReport:20170121153422j:plain
先ほどまでスクリプトファイルを置いていたフォルダの「Scripts」と同じ階層にある「Files」フォルダ内に出力されています。

出力されたCSVファイルの中身は下記の様な感じ。
f:id:MoneyReport:20170121153642j:plain
これはsakuraエディタで開いた様子。

Excelで開くとこんな感じになります。
f:id:MoneyReport:20170121153703j:plain
Excelの方が見やすいですか。

スクリプトの使い方はここまでです。

MFクラウド確定申告でのインポート方法

続いて、出力したCSVファイルを「MFクラウド確定申告」にインポートしてみましょう。
MFクラウド確定申告にログインしてから以後の操作は行ってください。

MFクラウド確定申告の基本的な使い方等は下記書籍に詳しく載っていますので、そちらをご覧ください。

「会計帳簿」→「仕訳帳」をクリック。
f:id:MoneyReport:20170121153734j:plain

仕訳帳画面の上部右側に「インポート」ボタンがあるので、それをクリックします。
f:id:MoneyReport:20170121153944j:plain

「インポート」→「仕訳帳」をクリック。
f:id:MoneyReport:20170121154040j:plain

「仕訳帳(CSVファイル)のインポート」子画面が表示されますので「インポートするCSVファイルを選択してください。」枠内にある「ファイルを選択」ボタンをクリックして、先ほどスクリプトで出力されたCSVファイルを選びます。
f:id:MoneyReport:20170121154323j:plain

CSVファイルが選べたら「インポート」ボタンをクリックします。
f:id:MoneyReport:20170121154503j:plain

50件以上の取引履歴の場合には下記メッセージが表示されます。
「下記表では50行以上は表示を省略しています。データの取り込み自体は省略された箇所でも行われております。」
f:id:MoneyReport:20170121154546j:plain
MT4で自動売買していると、結構な数の取引履歴(100件~1,000件程度)になるので、皆さんこのメッセージは表示されると思います。
「確認」ボタンをクリックします。

未指定の勘定科目や税区分などがあると下記の様なメッセージが途中で表示されますが、大抵は気にせずに最後まで辿り着けると思います。
f:id:MoneyReport:20170121154809j:plain

エラーがない場合には下記の「仕訳ファイルインポート」画面が表示されます。
f:id:MoneyReport:20170121155028j:plain
問題がなければ「保存」ボタンをクリックします。

CSVファイルのインポートが成功すると下記の様なメッセージが表示されます。
「ファイルのインポート受付が完了しました。取り込み状況はトップページにてご確認いただけます。
なお、インポート受付直後は、他ファイルのインポートを行う事は出来ません。トップページにて対応完了の確認後に実施してください」

f:id:MoneyReport:20170121155203j:plain

インポート直後は何故か取り込んだ仕訳データが表示されないので、再度左メニューの「会計帳簿」→「仕訳帳」をクリックして再表示させるとインポートしたデータが表示されます。
f:id:MoneyReport:20170121155239j:plain
左側に「インポート」の文字が見えますね。

また、トレードの取引手数料が掛かる口座でトレードしている方は、複合仕訳で「利益と手数料」、「損失と手数料」として取り込むことも可能です。
f:id:MoneyReport:20170121155403j:plain
その場合には、2行で1仕訳として取り込まれます。

利用時の注意点

当ツールを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。(自己責任でお使いください)
当ツールはプレゼントという形式をとりますがフリーソフトです。
個人使用・業務使用に関わらず自由にご使用いただいて構いませんが、著作権は放棄しておりません。
また当ツールの販売、再配布は禁止いたします。

もし不具合等ございましたら当記事のコメント欄またはプレゼントページに記載のメールアドレスまでご連絡ください。

なお、どのように確定申告するかはご利用者個人や税務署ごとに異なります。
ご不明な点等は税務署の方へお問い合わせください。
確定申告について、私にお問い合わせ頂いてもお答えしかねます。

まとめ

と、ざざっと『TaxReturnCSV_MF』(MFクラウド確定申告版)の使い方を説明させていただきました。
普段MT4のEAを使っている人にすればなんてことはない作業だと思うので、順を追って実行して頂ければと思います。

また、実際に「MFクラウド確定申告」にインポートする場合には、いきなり全件で取り込むのではなくて、10件程度に減らしてインポートしてみてください。

「ありゃ、間違っていた!」

と気付いた時にデータを消すのは非常に手間なので、失敗してもダメージの少ない(手間の少ない)10件程度で一度テストしてみて、問題なければ全件を取り込むようにしてください。

またパラメーターについての記載は今回の記事ではまだ未記載です。
普通に使うだけならデフォルト設定で問題ないと思いますが、勘定科目や補助勘定科目とうをご自身の登録している内容に沿って修正する場合にはパラメーターの変更が必須になります
ですがすいません、時間切れです(;_;)
追って、この記事に追記しますのでご利用時にはこの記事を再度見に来られるように、ブックマークやPocket等で戻ってこれるようにしておいて下さい

この一ヶ月くらいの間は確定申告向けMT4スクリプト『TaxReturnCSV_MF』をプレゼント致しますので、確定申告の申告準備もあるでしょうから早めにお申し込み下さい。

MT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FXMT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FX 

ではではFXトレーダーの皆さん、確定申告を頑張りましょう(^-^)/

連載目次:確定申告の話題

MT4の確定申告用スクリプトをプレゼント!トレード履歴をCSV出力しMFクラウド確定申告とfreeeに取込可能です!

MT4の確定申告が個人的に増えた

2016年度の確定申告日程が税務署より発表されています。
平成28年分の確定申告期間は
平成29年2月16日(木)~平成29年3月15日(水)
となっています。

昨年1年間の収入の内、給与以外で20万円以上の収入を得た人やマイホームを新築した人などが行うのが確定申告になります。

また、個人事業主を営んでいる人も確定申告を行う必要がありますね。
会社が年末調整で一気に提出してくれたりしないので、自分で収入と支出をまとめ、経費や控除を差し引いて「所得が幾らですよ」というのを提出しなければいけません。
私も昨年の確定申告ではフリーランスになって初めての確定申告だった事もあり、分からない事だらけで泣きながら多くの人の助けを得ながらなんとか申告しました(;_;)

そして、今年提出する確定申告では昨年までの事業所得の申告とは別に、さらにFX(外国為替証拠金取引)のMT4(メタトレーダー4)の収益も申告する必要があります。
昨年もFXのトレードは行っていたので投資分の申告は行っていましたが、FXの自動売買であるMT4を使ったトレードは今年の申告で初めて提出します。
2016年に初めてMT4を使ったトレードをしたものですから。

というわけで、今から事前に調べておいて、スムーズに申告できるように準備をしていこうかと。

今回作ったMT4スクリプト

そして今回作ったMT4のスクリプトは「MT4の年間取引収支データを個別に全てCSV出力する」ものになります。
トレードの収入と損失をそれぞれ1回の取引毎に、1件の仕訳データとして出力します。
基本的には自分で使うように開発したので、私が使っているクラウド会計サービスの「MFクラウド確定申告」に対応したものを作成しました。
また「他にも対応できるかな?」と調べてみたところ「無料会計ソフトfreee」も仕訳データの取り込みが可能だったので別バージョンで作成しました。
残念ながら「やよいの青色申告 オンライン」については仕訳データのインポート機能が提供されておらず(実際には提供されているが非常に使い辛い)作成しませんでした。

ですので今回作成したMT4向けのスクリプトを使う対象者は下記全てを満たす人になります。

【MT4の確定申告用スクリプト使用対象者】

  • FXをMT4でトレードしている人
  • 確定申告予定の人
  • クラウド会計サービスの「MFクラウド確定申告」か「freee」を使っている人
  • 確定申告で仕訳データとしてFXの取引履歴を取り込みたい人


上記に当てはまる人は、今回のスクリプトを使うことでMT4上で1度実行するだけで全ての取引履歴をクラウド会計サービスでインポートするのに最適化された状態でCSV出力してくれます。

対象スクリプトの使い方等については、今後の記事で書いていきますのでお待ち下さい。

MT4スクリプトをプレゼント!

で、今回作成したMT4の確定申告用スクリプトを自分一人で使っても良いのですが、せっかくなので多くの方に使って欲しいなと思いまして、プレゼントさせて頂くことにしました(^-^)/

ただ、当ブログのプレゼントとしてしまうと色々とうまくない事もあるかと思いまして、サブで使っているドメイン側のページでプレゼントを行います!
プレゼントページは下記。

MT4確定申告向けスクリプトプレゼント | マネー報道 FX

MT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FXMT4確定申告向けScpitsプレゼント | マネー報道 FX 

プレゼント詳細や申し込み方法については上記のMT4確定申告向けSciptsプレゼントページにて確認して欲しいのですが、条件はありますが無料でプレゼントさせて頂きます(^-^)/

興味のある方や、MT4で確定申告で困っていた人は是非お申し込み下さい!
プレゼントの申し込みお待ちしています。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

スクリプトの使い方

各スクリプトの使い方を個別の記事にまとめましたので、リンクを貼っておきますね。
参考にして下さい。


連載目次:確定申告の話題

2017年の目標を元旦に掲げる!フリーエンジニアの挑戦!

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます!
2017年1月1日、元旦を迎えました。

正月元旦は幸い好天に恵まれ、落ち着いた天候となっています。
北海道は昨年末の12月は大荒れとなる大雪に見舞われ大変だったので、正月は好天に恵まれそうという事でホッと一安心しています。

さて、新年を迎えての元旦と言えば、やはり今年1年の抱負というか目標を掲げるのに最適かな、と。
やはり新年のスタートですからね。
一年の計は元旦にあり、という事で今年の目標をば掲げていきたいと思います(^-^)

今週のお題「2017年にやりたいこと」

f:id:MoneyReport:20170101152314j:plain

2017年の目標

本年の目標をば掲げます。
ババン!

【2017年の目標】

  1. フリーエンジニアとして長期間開発に従事する!
  2. FXの勉強をし直し、通年で増やしていける様にトレードの腕を磨く!
  3. 既存Webサイトの見直しを行い収益増へ!


との事で個別に見ていきましょう。

1.フリーエンジニアとして長期間開発に従事する!

昨年、初挑戦したフリーランスのITエンジニアとして仕事をするフリーエンジニアとしての開発を一ヶ月だけ経験しました。
普段は自分自身の企画・設計をしたWebサイトやWebサービスを作っていますが、それとは別に「誰かのシステムを作る」というのも経験としては面白いなというのがありました。
他のエンジニアの方達との交流であったり、他の人のソースコードを見て学ぶことも多く、良い刺激をもらえたのがありました。
また、作業単価が高く「流石、技術職!」という感じで、浮き沈みの大きなフリーランスの収益と比べ、事前にお互い納得した金額が月毎にきちんともらえるというのは、やはり魅力的。

ただまぁ「人のシステムを作るのはつまらない」という部分は正直あるにはあるのですが、それよりも今年はまとまった出費が控えているので、きっちり稼ぐ必要がありフリーエンジニアとして長期間働いてきっちり稼ごうかと。
以前仕事をもらった会社さんのところで、春からの大きめの案件が動くそうで、そこで働く予定です。
今年はフリーエンジニアとして頑張りますか!

2.FXの勉強をし直し、通年で増やしていける様にトレードの腕を磨く!

フリーランスになってからは、かなりサボっていたFX(外国為替証拠金取引)のトレードですが、今年は本格的に取り組みます!
FXの自動売買についてもう少し進めてみるのが一つと、もう一つがやはり裁量トレード(手動トレード)できちんと利益を出せる様に今一度勉強しようかな、と。

FXで普通に勝てる様になり収益を増やしていけるようになれば、フリーランスの収入の浮沈にそれほど神経質にならないで済むようになりますし、より安定しあ生活が送れるようになるかな、と。
まぁ負けが込めば生活を根幹から揺るがしかねませんが(^-^;

なので今年はきちんと勉強する期間を設けてFXを今一度勉強し直します!

3.既存Webサイトの見直しを行い収益増へ!

これまでは割と新規Webサイトを作ることを主眼において取り組んできました。
昨年も2Webサイトを作り公開しました。
ただ、既存のWebサイトを作りっぱなしになってしまっていたり、より良いデザインへと変えることでユーザービリティの向上等ができるのですが、それも手つかずになってしまっていたり・・・。
運用が雑になっている部分があります。

ですので、今年は新規Webサイトの作成よりも既存Webサイトの見直しを行ってよりブラッシュアップしたサービスを提供する事が出来ればと思っています。


と駆け足でしたが補足させて頂きました。

まとめ

というわけで2017年の目標を書かせて頂きました。
今年はリソースの多くをフリーエンジニアとして開発に従事する事を選ぶのがやはり比重が非常に大きいです。
これまでの取り組みとは大きく変わります。

その分、自分自身の開発に割ける時間が減ってしまうので、今年は「すでに持っている物を大事に育てる」ことにチャレンジしようかな、と。
既存のWebサイトであったり、FXのトレードスキルであったり、自分自身がすでに持っている資産やスキルをより活用していく方向で進めて行こうかと。

大きな一歩は難しいですが、時間のない中で少しずつ歩を進められる一手を今年は多く打っていきたいと思います。

それでは皆様、2017年の本年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

2016年度上半期総括 & 仕事時間の見直し

フリーランスの仕事時間

2016年10月で、フリーランスとして独立してから1年半が経過しました。
上半期はスケジュールの管理方法を春から見直しまして、割と予定通りの作業を行う事が出来ました。

下半期のスケジュール組みも、昨日ガントチャートで書きまして、まずは予定を立てました。

対お客さんの仕事はちょっと流動的なので、多少の時期はずれるかもしれませんが、それ以外は自分の仕事ばかりなのでドンドン片付けていって進めていきたいと思っています。

f:id:MoneyReport:20161013145548j:plain

上半期総括

2016年度の上半期はブログのアクセス減少があり、ブログからの収益は減少傾向にあります。
その収益減少を補填するために、フリーエンジニア(フリーランスのITエンジニア)として一ヶ月間は企業でお仕事をしてきました(^o^;

ただ現在は収益構造の変換を行っている最中で、新規のWebサイトをリリースしまして、そちらでの収益化に取り組んでいる所です。
また、今後3ヶ月の間にもう1本Webサービスをリリースする予定なので、この2本のサイトで収益を上げて行くことが出来ればと思っています。

こちらが軌道に乗れば、下半期はフリーエンジニアとしてのお仕事は引き受けなくても良いかな、と(^o^;
フリーエンジニアとしての働き方は、プログラマーとしては楽しいものですが、自分の設計じゃない物を組んでいく作業になるので、そこだけちょっとツマラナイと感じています。

何とか自分のアイデアを形にしたWebサイト群で食べていけるように、下半期も開発&改善を頑張っていきたいと思います(^-^)/

仕事時間の見直し

またフリーランスの特徴として

 好きな時間に仕事が出来る

という特権があります。
ただ、これは全てのフリーランスに該当する話ではなくて、客先常駐をしなくて良かったり、対お客さんと顔を合わせる頻度が少ない仕事を選んでいる人の話ですけれどもね(^-^;

私は幸い在宅作業間借りオフィス作業がメインなので、仕事時間の自由度は高い方かな、と思っています。

で、仕事時間の見直しをばしようというか、既にしているのでその辺の話も書いてみようかな、と。

多少、仕事時間の自由が効く私の作業時間は、昨年の独立直後は下記のとおり。

【私の1週間の仕事のタイムスケジュール】
月:6:00~8:00、8:30~12:00
火:6:00~8:00、8:30~12:00、13:00~18:00
水:6:00~8:00、8:30~12:00、13:00~18:00
木:6:00~8:00
金:6:00~8:00、8:30~13:00
土:6:00~8:00、10:30~13:30
日:6:00~8:00


仕事時間の確保。それが問題だ。 - マネー報道 MoneyReport

朝早く起きて、家族の寝ている間に仕事をしていたのが分かります。
また、午後にまで仕事の出来る日数が極端に少ないです。

今にしてみれば

「なんて無理のあるタイムスケジュールを組んでいたんだ(-_-;」

という思いが強いですね(^o^;

実際に上記のタイムスケジュールで仕事をしていた頃は

「細切れの時間で集中して仕事をするのが難しい(>_<)」

と感じる事が多かったです。
開発のお仕事なので、どうしても雑事から離れてプログラム脳に頭を切り替えてプログラミングする必要があるので、その切り替えにはどうしてもちょっと時間が掛かる事が多いです。
なのでせっかくプログラム脳に切り替わっても、作業時間の終了がきてやめてしまうのでは、なかなかプログラミングが進まないという弊害を生みました。

プログラミング脳に切り替わったら、一気にプログラムを書き上げる!

という事をしないと、断続する仕事時間の中では厳しかったです。
その反省を活かして最近では下記のようにタイムスケジュールを見直しています。

【2016年10月の1週間のタイムスケジュール】
月:22:30~24:00
火:10:00~18:00、22:30~24:00
水:10:00~18:00、22:30~24:00
木:22:30~24:00
金:10:00~17:00、22:30~24:00
土:10:00~17:00、22:30~24:00
日:10:00~17:00、22:30~24:00

という形で、日中仕事をする時には連続して仕事時間を取るようにしてプログラミングし、後は夜寝る前に日々1時間半ほど仕事をしてから寝るスタイルに変更しました。

曜日別の仕事時間数を算出してみると・・・

【2016年10月の曜日別仕事時間数】
月:1.5時間
火:9.5時間
水:9.5時間
木:1.5時間
金:8.5時間
土:8.5時間
日:8.5時間
-------
合計:47.5時間

となりまして、昨年春が週に42時間労働でしたから、比較すると5.5時間ほど増えた事になります。
ただ実際には細切れ時間をなくして、連続する仕事時間を確保したお陰で開発速度は向上しています(^^)/
あとは、PHPでの開発にも慣れてきたからというのもあるかとは思いますが。

しばらくは、このタイムスケジュールに沿って仕事を進めて行き、良い下半期に出来るよう頑張ります(^-^)/

まとめ

  • フリーランスとして独立して1年半経過!
  • 2016年度上半期はブログ収益減↓、フリーエンジニア収益増↑
  • 2016年度下半期は新規のWebサイト2個の追加運用で収益増加を目指す!
  • 仕事のタイムスケジュールを見直して、開発に合うスタイルに変更中!
AX